境港

SAKAIMINATO

人気の水木しげるロードは必見!日本有数の漁港で、海の幸も魅力

境港は鳥取県の西端、日本海と中海(なかうみ)に挟まれた弓ヶ浜半島の先端にある港町。日本屈指の水揚げ量を誇るカニが有名だが、近年はマグロ漁が好調で、話題を呼んでいる。「境港水産物直売センター」では旬の天然本マグロがゲットでき、市内には工夫を凝らしたマグロ料理を提供する店も多い。旬の海の幸も楽しみだが、なんといってもエリアでの注目は、『ゲゲゲの鬼太郎』の妖怪キャラが勢ぞろいした「水木しげるロード」。沿道周辺には「ゲゲゲの妖怪楽園」「妖怪神社」など、妖怪スポットが点在する。ファンなら「水木しげる記念館」にも立ち寄りたい。また、島根半島と境水道大橋を眼前に望む「境台場公園」は、8か所ある鳥取藩の台場のひとつ。園内にはレトロな木造六角形の白い灯台が立ち、潮風が港町らしい風情を感じさせてくれる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    水木しげるロード
    レトロな町並みにマッチする多彩な妖怪たち
    鳥取県境港市は、独特な妖怪もので有名な漫画家水木しげるの出身地。JR境港駅から「水木しげる記念館」までの800mの道沿いには177体の妖怪のブロンズ像が並ぶ「水木しげるロード」が整備され、国内外のファンの人気を集めている。
    水木しげるロードは境港駅からスタート。河童の三平、タヌキ、カッパがお出迎え。目玉おやじの街灯も特徴的だ
  • spot 02
    ゲゲゲの妖怪楽園
    多彩な趣向で妖怪ワールドが堪能できる
    ジグソーパズルメーカーの「やのまん」が、2007年(平成19)に、水木しげる記念館の隣にオープンしたのが「ゲゲゲの妖怪楽園」だ。巨大な看板の上部に「鬼太郎」や「ねずみ男」「ねこ娘」「砂かけ婆」「こなき爺」など、おなじみの顔を並べて出迎えてくれる。園内の広場へ入ると「一反木綿」の遊具や、子どもだけが入れる「鬼太郎の家」、妖怪射的などを楽しめる「妖怪縁日」、巨大な「がしゃどくろ」を背景にして写真を撮れるスポットなど賑やかな妖怪ワールドが展開される。遊び疲れたら、「妖怪ラテ」などを楽しめる茶屋でひと休みしよう。売店では「妖怪バルーン 目玉おやじ」「妖怪おでん缶」「妖怪楽園せんべい」など妖怪楽園限定商品を販売している。
    射的やスマートボールなど昔ながらの遊びを楽しめる妖怪縁日
  • spot 03
    妖怪神社
    妖怪たちのふるさとになるように作られた神社
    「妖怪パワー」の町作りに取り組む地元の商店主らによって水木しげるロードの中心部に2000年(平成12)に誕生したのが妖怪神社だ。1999年(平成11)の年末から2000年(平成12)の年始にかけては「妖怪神社落成法要式典」が行われ、全国から多くの人や妖怪が集まったとか。妖怪神社には、水木しげるロードにいる妖怪たちのふるさと、妖怪たちが住みやすい自然環境を守り育てるための「妖怪の郷」という意味が込められているそうだ。社殿はないが、妖怪ブロンズ像にもなっている「一反木綿」を模した鳥居をくぐると、高さ4mの自然石2個と、大ケヤキの根を組み合わせた「御神体」が鎮座する。なんとも妖気あふれる御神体だ。「妖怪は自然の石のなかに多く住んでいる」とする水木さんのアドバイスを受けて造形したそうだ。「目玉おやじ清め水」や「からくり妖怪みくじ」「妖怪絵馬」など、遊び心が楽しい神社となっている。
    一反木綿の鳥居の横には「目玉おやじ清め水」がある
  • spot 04
    水木しげる記念館
    水木しげるのさらにディープな世界を紹介する
    妖怪のブロンズ像がズラリと並ぶ水木しげるロードは、今や境港を代表する観光スポットとなっている。その人気の源である漫画家水木しげるが生み出した多彩な漫画の世界と、本人の波乱に満ちた人生を紹介するのが「水木しげる記念館」だ。
    「妖怪洞窟」は照明の演出がすごい!
  • spot 05
    境港水産物直売センター
    新鮮なカニや魚介が並ぶ、魚市場隣接の直売所
    鳥取県の味覚といえばカニが思い浮かぶかもしれないが、本マグロ、白イカ、甘エビ、ハマチ、沖アジなど多彩にそろう。漁船から揚がったばかりの魚介が競り落とされる魚市場に隣接する販売所で魚を買って帰ろう。
    皆生温泉や大山へ足を延ばしやすいのも人気を集める理由。建て替えが決まっていて2022年(令和4)にリニューアルオープンする予定
  • spot 06
    境台場公園
    鳥取藩が築いた「お台場」の公園が人々の憩いの場に
    幕末の1863(文久3)、鳥取藩が海防のために藩内の重要港湾に築いた8か所の砲台(台場)のひとつで、1988(昭和63)に国史跡に指定されている。1953年(昭和28)に現在の公園となり、「お台場」の愛称でスポーツや憩いの場として親しまれている。
    JR境港駅から車で約5分という立地。なんともおしゃれな形の灯台がシンボルだ。右奥に見えるのは境水道大橋
  • spot 07
    弓ヶ浜
    風光明媚なサイクリングロードのある美しい海岸
    弓ヶ浜半島の東側、米子市と境港市にまたがり約20km、弓のように美しい弧を描く海岸だ。「日本の渚100選」「日本白砂青松100選」に選ばれている。サイクリングロードも完成し、ますます魅力的に。
    名前の通り、弓のような弧を描く
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    見どころスポットは、いずれも「水木しげるロード」から徒歩圏内に点在する。近隣の駐車場に車を止めて、妖怪スポット巡りを楽しもう。

  2. その2

    「水木しげるロード」の玄関口はJR境港駅。米子-境港を走るJR境線は、各駅に妖怪名の愛称がつき、車内に妖怪ワールドが広がるラッピング列車が走る。「鬼太郎列車」のほか「ねずみ男列車」「砂かけばばあ列車」などがあるので、ウェブサイトで運行時間を確認しよう。

  3. その3

    マグロ料理を食べられる店は、水木しげるロード周辺と港の近くに多い。水産王国・境港の風情を味わいながら、マグロの味覚を求めて港町散策を楽しむのもおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

鳥取のその他のエリア

+ -
back
open

境港エリア