大山

DAISEN

雄大な自然と歴史に彩られた、中国地方の最高峰を巡る

鳥取県の中央に鎮座する大山(1729m)は中国地方の最高峰。大きなすそ野を四囲に広げ、「伯耆富士(ほうきふじ)」と呼ばれる。大山環状道路が中腹を取り巻き、スケールの大きい自然をドライブで満喫できる。開放感いっぱいの「大山枡水高原」や、紅葉の美しい展望地の「鍵掛峠」が大山ドライブのキースポット。「大山まきばみるくの里」でアイスクリームの手作り体験を楽しむのもおすすめだ。「植田正治写真美術館」では、ここでしか見ることのできない大山の美景を鑑賞できる。大山の景色と自然を堪能したら、ぜひ行ってみたいのが「大山寺」。ここでは、古くから山岳信仰の修験場であった大山の歴史に出合える。すぐ近くに、日本最大級の権現造りの社殿が見ものの「大神山神社奥宮」があるので、合わせて参拝しよう。時間があれば、世界中の珍しい花を観賞できる「とっとり花回廊」や、金運招福のご利益があるといわれる「金持神社」にも立ち寄ろう。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    鍵掛峠
    荒々しい大山の南壁と木々の対照が見事な展望スポット
    中国地方の最高峰、鳥取県西部にそびえる標高1729mの大山(だいせん)。その南壁は、北壁同様に激しい崩落で険しい断崖ができ、岩石のゴロゴロする無数のガレ場が迫力ある姿を見せている。手前にはブナ林が絨毯のように広がる。南壁を眺めるいちばんのポイントが、岡山県の県境と接する江府(こうふ)町にある「鍵掛峠」。標高約910mのところだ。その昔、大山寺に参る人々が道中の安全を祈った場所でもあったという。また、後醍醐天皇が隠岐(おき)に流される途中にこの峠を通り、再興を祈ったとも伝わる。大山環状道路を進み、伯耆(ほうき)町から鍵掛峠へと抜けてもいいし、逆の岡山県側から入るのもいい。峠のカーブを回った途端、目の前に大山が全容を現して、思わず息をのむ。特に秋の紅葉は必見だ。荒々しい岩肌とナナカマドやブナ、シラカバの赤や黄に、針葉樹の緑が織りなすコントラストが見事。大山屈指の絶景といえるだろう。紅葉は10月下旬から11月中旬が見頃。
    壁のようにそびえる大山の南壁と、針葉樹に挟まれながら広がるブナ林
  • spot 02
    金持神社
    ありがたい名前にあやかり参拝の絶えない神社
    かつて鉄山があったことからついた地名「金持」。それが「かねもち」とも読めることもあって山の中腹にある小さな神社は、商売繁盛や金運、開運を求める参拝者が全国から訪れる人気スポットになっている。
    小高い山に小さなお社が建っている。右下は授与所
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    大山の周囲をぐるりと取り巻く延長約64kmの大山環状道路は、場所ごとに違った景色を楽しめる。約3時間で周回できるが、状況によっては半日要する場合もある。時間配分に注意しよう。また、冬季閉鎖区間や一時的な通行止めもあるので、ドライブに出かける際にはリアルタイムで情報をチェックしたい。

  2. その2

    ドライブに最適なエリアで、公共交通機関での旅には向かない。大山寺へはバスもあるが、本数が少ない。JR米子駅や米子鬼太郎空港からレンタカーを利用するのがいいだろう。

  3. その3

    鍵掛峠の紅葉は年によって時期がずれる。また、ベストな紅葉時期の休日は渋滞する。紅葉情報をチェックして、平日に出かけるのがおすすめ。

  4. その4

    金持神社は大山寺から約30km、車で約40分。大山からは少し離れた山中に位置するので注意。

recommend spot

関連記事

記事一覧

鳥取のその他のエリア

+ -
back
open

大山エリア