岩井温泉周辺

AROUND IWAI ONSEN

海と山、温泉と海の幸。多彩な自然の魅力を満喫できるエリア

鳥取市に隣接する岩美町には、入り組んだリアス式海岸の浦富海岸や「因幡三湯」のひとつとして栄えた岩井温泉があり、町全体が山陰海岸ジオパーク(ユネスコ世界ジオパーク)に認定されている。町の中央を蒲生川が流れ、上流には「日本の棚田百選」に選ばれた美しい横尾棚田が広がる。蒲生川が日本海へ注ぐ河口に位置するのが網代港で、その東側には田後港があり、2つの港を合わせると町の松葉がにの漁獲量は日本一になるという。冬季であれば旬の松葉がにを地元の宿や料理店で味わってみたいもの。岩美町には窯元が5つあり、岩井窯や延興寺窯など自然に囲まれた各工房を車で巡ってみるのもおすすめだ。また、2013年(平成25)に放送されたTVアニメ『Free!』のロケ参考地としても知られ、今も多くのアニメファンが町を訪ねている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    岩井温泉
    山陰最古級の名湯と湯の町の風情を楽しむ
    開湯から約1200年といわれる山陰最古級の名湯、岩井温泉。奇習「湯かむり」が伝わる湯の町は、かつての賑わいの歴史を刻みつつ今は静かな時のなかにある。いいお湯と山あいの温泉街の情緒をじっくりと味わいたい。
    木造3階建ての旅館が立ち、昔の温泉街の風情を感じることができる
  • spot 02
    ゆかむり温泉
    山陰最古級の名湯を満喫する日帰り温泉
    岩井温泉の共同浴場「ゆかむり温泉」。地元では「風呂」といえばこの共同浴場のことだ。建物の中に入れば、陽気な湯かむり唄が館内に流れている。この地に伝わる「湯かむり」の風習に欠かせないこの唄は、長いものはなんと100番まであるという。浴室には浴槽が2つあり、1つはややぬるめ(約42℃)、もう1つはやや熱め(約43℃)。この2つを交互に入れば、体は芯から温まり、何時間も体がポカポカして湯冷めをしない。やわらかく肌を包み込むような感触の湯は、カルシウムやナトリウムを含んだ硫酸塩泉。神経痛や五十肩、冷え性、慢性皮膚病などに効能があるという。源泉は駐車場の一角にあり、約49℃で湧いてこれをかけ流している。毎日通う地元の人が「この湯で皮膚病を治した」と聞けばなるほどと納得。日帰りでこの湯に入るためだけにここに来ても満足できる、効能豊かな温泉だ。
    男湯の壁には「湯かむり」の風習がタイルで描かれている
  • spot 03
    浦富海岸
    変化に富んだリアス式海岸、鳥取のジオパークを行く
    山陰海岸ジオパークは、ユネスコ世界ジオパークに認定された世界的な自然公園。そのエリア内にある浦富海岸は、鳥取砂丘とは異なる荒々しい自然美が特徴。山陰海岸の地形の多様さを実感する旅へ。
    鴨ヶ磯の小さな入り江。遊歩道の木道から透き通った海中をのぞき込める
  • spot 04
    浦富海岸島めぐり遊覧船
    海から眺めるドラマチックな浦富海岸の大自然
    浦富海岸のダイナミックな景観を間近に見ながら、小島と暗礁の間を縫うように巡る観光クルージング。荒々しくも美しく澄んだ海を進みながら、「山陰の松島」と呼ばれる絶景を満喫する。
    港を出て、外海へと進んでゆく遊覧船。デッキに座れば潮風が気持ちいい
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    岩井温泉へは、電車でアクセスするならJR岩美駅が玄関口となる。駅のすぐ横に岩美町観光会館があるので、町の情報はここで集めるといいだろう。鳥取駅バスターミナル始発のバスもあり、岩井温泉まで約60分。

  2. その2

    鳥取砂丘から浦富海岸網代港付近までは車で約15分と近い。山陰海岸でもまったく異なる景観が楽しめるこの2か所は、ぜひセットで観光したい。

  3. その3

    浦富海岸の楽しみ方は、徒歩、車、観光船とあるが、夏であれば海に入ってその美しさを体感したい。国道178号沿いにある「岩美町立渚交流館」ではスノーケリングやシーカヤックなどさまざまな自然体験メニューがそろっている。

recommend spot

関連記事

記事一覧

鳥取のその他のエリア

+ -
back
open

岩井温泉周辺エリア