新潟の公園/緑地スポット一覧

  • 国営越後丘陵公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950-1
    広い敷地の中で、遊ぶ・体験するを満喫できる「国営越後丘陵公園」は、四季折々の花や風景を堪能でき、里山の暮らし体験や農業活動の中育まれた生き物と触れ合い、また楽める自然公園だ。またレストハウスでの食事や野外バーベキューをすることも可能で自然を満喫できる。北陸自動車道「長岡IC」より車で約10分。
  • 高田城址公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県上越市本城町44-1
    徳川家康の六男 徳川忠輝公の居城として建築された高田城の跡に造られた高田城址公園は、全体が新潟県の史跡に指定されている。園内には、復元された高田城三重櫓や歴史博物館・小林古径記念美術館・高田図書館・小川未明文学館(高田図書館内)などの文化施設やスポーツ施設があり、市民の憩いの場となっている。また公園とその周辺には約4000本の桜が植わっており花見の名所として人気が高い。妙高はねうまライン線「高田駅」から車で約8分。
  • 信濃川やすらぎ堤緑地
    遊ぶ/趣味
    新潟県新潟市中央区川端町6-川岸町3、関屋大川前1他、新潟市中央区万代2-幸西3、上所2
    新潟市中央区の信濃川沿いにある緑地。信濃川の堤防上に花壇やサイクリングロード、東屋などが整備されている。春には桜の名所としても知られ、国指定重要文化財の「萬代橋」を背景とした川沿いの桜を観賞できる。
  • 弥彦公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦667-1
    JR弥彦駅を降りてすぐの場所にあり、広さ16万平方メートルにも及ぶ広さを持つ。滝や渓流など自然が豊富にあり、ツツジや花菖蒲など四季折々の花が楽しめる。見所は昔の木橋を再現したもみじ谷にある観月橋。秋になると朱色の橋と赤の紅葉が美しく調和した紅葉の名所となる。また夜にはライトアップもされ、多くの観光客で賑わう人気スポットである。公園内にはテニスコートや遊具があり、親子一緒に楽しめる施設が揃っている。
  • 悠久山公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県長岡市御山町80-5
    JR長岡駅から東へ抜ける国道352号線沿いにある都市公園。通称「おやま」とも呼ばれ、園内にはミニ動物園や子供が遊べる遊具が並ぶ。またここはソメイヨシノやしだれ桜、八重桜といった約2500本の桜が植えられた花見の名所でもある。毎年春になると悠久山桜まつりが開催され、夜にはライトアップされて多くの観光客で賑わいを見せるようになる。桜の他にも菖蒲や紅葉といった草花が植えられ、四季を通じた市民の憩いの場として親しまれている。
  • 加茂山公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県加茂市加茂
    加茂駅から徒歩5分、「青海神社」周辺に広がる都市公園。市街地にあるとは思えないほど静かな公園で、15ヘクタール以上もある敷地内には自然が溢れている。特に、約100種類、1300本もの新潟県の木でもあるユキツバキが植栽された「雪椿園」は、春になると桜と共に一斉に花開き訪れる人の目を楽しませている。また、全国から公募した中から選ばれた16点の彫刻が並ぶ「彫刻の森」、園内を駆け回るシマリスと触れ合える「リス園」なども見どころだ。
  • 御館公園(御館跡)
    遊ぶ/趣味
    新潟県上越市五智1-23-11
    「御館(おたて)」とは当時の小田原家城主・北条氏康に敗れて越後に逃れてきた関東管領・上杉憲政のために上杉謙信公が造営した館のこと。その後関東管領職を受け継いだ謙信公が政庁としても使用したと言われている。かつては東京ドーム1.6倍の大規模な館であったと考えられているが、現在はその中心部分のみが公園として残っている。謙信公の急死後、上杉家の後継者を争って越後国を二分した大乱・御館の乱の舞台となった場所でもある。
  • 月岡カリオンパーク
    遊ぶ/趣味
    新潟県新発田市月岡温泉827
    JR羽越本線「月岡駅」よりバス10分、下車後徒歩2分、月岡温泉街からは北西に徒歩10分程度。カリオンタワーをシンボルとした多目的な緑地公園で、全国100箇所にある「恋人の聖地」のひとつ。春には桜や菜の花で園内が彩られる。子供向けの遊具や、月岡ゆかりの刀鍛冶・人間国宝「天田昭次」制作の刀剣などを収蔵した「刀剣伝承館」、ガラス細工が体験できる「手造りガラス工房びいどろ」などの施設があり、様々な楽しみ方ができる。
  • 新発田城址公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県新発田市大手町
    日本海東北自動車道「聖籠新発田IC」より車で約15分、新発田城跡にある公園。ソメイヨシノ260本、ヤエザクラ30本が植えられている桜の名所として有名。毎年4月中旬の開花時期には夜桜と共にライトアップされたお城が望め、幻想的な光景が広がる。また、毎年1月には全国各地の伝統的な雑煮や、趣向を凝らした創作雑煮が楽しめるイベントも開催される。
  • 白山公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県新潟市中央区一番堀通町地先
    新潟市役所や古町、各種文化施設が集まる中心地にある都市公園。明治6年(1873)の太政官布告により日本で最初の公園の一つとしてできた歴史がある。新潟総鎮守白山神社と隣接し、参拝者の憩いの場となっている。現在では芸術文化会館「りゅーとぴあ」などを通る空中回廊を歩いて信濃川沿いの「やすらぎ堤」まで散策できるようになっている。
  • 新潟県立鳥屋野潟公園(女池・鐘木)
    遊ぶ/趣味
    新潟県新潟市中央区女池南3-1-3・鐘木451
    新潟駅から女池愛宕行きバスで約15分、野球場・科学館前下車徒歩約8分。鳥屋野潟の周辺に広がる県立公園。鳥屋野潟を一望できる展望台や、桜並木などの植物を眺めながら散策できる女池地区、メイン広場や四季折々に姿を変える日本庭園、レストハウスなどの設備を揃えた鐘木築の2つのエリアからなる。またガイドウォークやバードウォッチングといった観察イベント、季節ごとのクラフト体験などのイベントも開催している。
  • 秋葉公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県新潟市秋葉区秋葉3-7383-4
    新潟県新潟市、新津駅から車で少しのところにある丘陵が特徴の総合公園。春には桜が咲き誇る見晴広場をはじめ、日本庭園や牡丹園、ジャングルジムなどがある少年広場、シカなどがいる動物広場がある。美しい景色を楽しめる遊歩道や五峰閣展望台、無料のキャンプ場もあり一日中楽しめる。
  • 村松公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県五泉市石愛宕甲2631-1
    五泉市村松陸上競技場に隣接する公園。明治39年(1906)10月に日露戦役記念として造られ、県民が選んだ「にいがた景勝100選」では第3位となっている。3月中旬から4月中旬にかけて公園内の遊歩道では、地元民が植栽を続けた薄紫色で可憐な「雪割草」が花をつけ、約3,000本の桜が咲き誇ることから「日本さくら名所100選」にも選ばれた。その他、ツツジ、牡丹、アジサイ、秋には紅葉が楽しめ「花の公園」としても有名。
  • 小木城山公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県佐渡市小木町
    古い城山を利用した公園。昔の石垣や基礎が残る敷地内には、さまざまな花木が植えられ市民の憩いの場となっている。冬から春にかけては約3,000本の椿が咲き、春には桜、サツキなど500本もの木々が花を咲かせる。夏には佐渡の一大イベントである「アース・セレブレーション」が開催され、3日間にわたってコンサート、マーケット、ワークショップ、体験イベントなどが行われる。
  • 大河津分水さくら公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県燕市五千石4026-3
    新潟県燕市の河川公園。すぐ近くを西川が流れ、その水をコントロールする巨大な石造りの堰を眺めることができる。公園内にも水が引き入れられ、水路で子供が遊ぶことができる。ブランコや滑り台といった遊具や、一休みをするための東屋、ベンチも整備されている。桜をはじめとした600本以上の花木が植えられ、見ごろにはライトアップが行われる。4月第三日曜日には「つばめ桜まつり 分水おいらん道中」が開催される。
  • 小出公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県魚沼市青島1609
    冬にはスキー場として賑わう丘陵公園。春の桜に始まり山ツツジやサルビア、クジャクソウやコスモスと鮮やかな色に覆われる花の公園だ。越後三山の絶好の撮影スポットとして有名で、1年を通して多くのカメラマンが訪れる。中でも桜の時期には魚沼の大自然を背景とした写真を撮影するため、多くの人たちが山頂の展望休憩舎に集まる。園内にはオールシーズンシャンツェや遊歩道が整備されており、散歩やピクニック、バードウォッチングや森林浴を楽しみに散策する人の姿も多い。
  • 津神島公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県佐渡市両津大川
    江戸時代から廻船の港として栄えていた大川集落にある津神島一帯の地域。朱塗りの橋・津神橋を渡った先に海の守護神を祀る「津神島神社」が佇んでいる。鳥居の先に立つ本殿は北前船の航海安全・商売繁盛の神として広く信仰されてきた社。かつては集落背後に安置されていたが、元禄期の頃にここ津神島に遷されたと言われており、現在も海の神・住吉三神を祀っている。神社裏手に建つのは善宝寺。廻船時代に私設灯台の役割を果たしてきたもので、今でも集落や磯釣りに訪れた人たちを篤く見守っている。
  • 芭蕉園
    遊ぶ/趣味
    新潟県三島郡出雲崎町住吉町556-甲
    松尾芭蕉真筆の「銀河の序」全文を彫刻した句碑が建つ庭園。元禄2年(1689)、奥の細道の途中で読んだ「荒海や佐渡によこたふ天河」の吟歌はあまりにも有名だ。出雲崎の町年寄・敦賀屋鳥井家の屋敷跡に句碑と芭蕉像が建っている。周囲には芭蕉ゆかりの地や芭蕉を尊敬していた良寛の生家などもあり、今でも俳句を趣味とする人たちが多く訪れる地域。庭園内にはポストが設置されており、年に一度選句を行った句集も作成している。
  • 新潟県立紫雲寺記念公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県新発田市藤塚浜299
    約80haもの広大な面積を誇る健康運動公園。5つのゾーンが県民の健康維持増進と地域の活性化、良好な環境の整備を目的に整備されている。「自然観察・研究ゾーン」にはちょうど良い起伏のある探鳥路が整備されており、森林浴に最適だ。園内にある新潟県愛鳥センター「紫雲寺さえずりの里」では探鳥会や野鳥に関する様々な研究が行われている。サッカーやラグビーなど様々なレクリエーションに利用できる多目的運動広場擁する「健康運動ゾーン」にはアクティビティ&スパ紫雲の郷も併設。たっぷり体を動かした後、温泉に浸かってゆったり寛ぐ人も多い。
  • サーモンパーク
    遊ぶ/趣味
    新潟県村上市塩町13-34
    三面川の分流種川に隣接する公園。中央の芝生広場を囲むように花木や東屋、遊具などが設置されている。園内の人工河川で泳ぐニジマスの姿を観察することが可能だ。春には桜、夏にはホタルと四季折々の風景が楽しめる公園でもある。園内に立つ像は世界初のサケの自然ふ化増殖に成功した「種川」のシステムを考案した江戸時代の村上藩士・青砥武平治。平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていたとも記録が残る、村上の鮭について紹介した「イヨボヤ会館」に隣接している。

新潟の主要エリア

around-area-map

北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

新潟の写真集

目的から探す