清里・小淵沢

KIYOSATO / KOBUCHISAWA

豊かな自然に囲まれた、八ヶ岳連峰の南麓に広がる高原リゾート

清里や小淵沢のある北杜市は県北西部に位置し、八ヶ岳連峰、南アルプス山脈、奥秩父山塊といった山々に囲まれている。市中央部にある清泉寮や県立まきば公園、三分一湧水、清里テラスなどは、八ヶ岳の南麓標高約700-1300mの高原エリアにあたる。南斜面は日当たりが良く、古くから集落が形成され人々が暮らしていたエリアでもある。また三分一湧水を含む八ヶ岳南麓高原湧水群は日本の名水百選に認定され、日本一の名水の里ともいわれている。「そば処 三分一」は三分一湧水で打つ蕎麦がおいしいと評判で、遠方からも蕎麦好きが集う名店だ。山麓に広がる牧場「県立まきば公園」、森のなかの美術館「中村キース・へリング美術館」、標高1900mの山頂から清里高原を一望できる絶景スポット「清里テラス」など都会では味わえない大自然を身近に感じられる県内随一の自然派スポット。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    清泉寮
    森と草原に囲まれた宿泊観光施設
    清里高原に宿泊施設として創立されて84年、八ヶ岳南麓エリアの観光の中心となっている。ショッピングやグルメ、自然体験や牧場体験など多彩に楽しめる清里高原のランドマーク的施設。
    赤い三角屋根が印象的な「清泉寮本館」
  • spot 02
    清泉寮ジャージーハット
    並んでも食べたい絶品ソフトクリーム
    300平方メートルを超える大展望テラスが備わった「清泉寮ジャージーハット」。清泉寮の敷地内の自家牧場で搾られた有機ジャージー牛乳をはじめ、ヨーグルト、アイスクリーム、無添加ジャムやクッキーなど、清泉寮オリジナルのスイーツや土産物を販売している。そのなかで特に人気なのが「清泉寮ソフトクリーム」だ。自家牧場産の有機ジャージーミルクと八ヶ岳の澄んだ水を使った濃厚ながらもさっぱりとした味わいのミルクソフトクリーム。シーズン中や週末は行列必至だが、スタッフが手際よく作ってくれるので、並んでいる時間は思いのほか短い。また、毎年秋に開催される「ポール・ラッシュ祭 -八ヶ岳カンティフェア-」では、チョコバナナやカボチャソフトなど年に1度だけ特別なフレーバーが用意される。無料の足湯が設置された大展望テラスから富士山や南アルプスの雄大な景色を眺めながらのんびりと贅沢な時間を過ごしてみては。
    有機ジャージー牛乳を使った濃厚ミルクソフト
  • spot 03
    萌木の村
    グリーンの樹木が美しいナチュラルガーデンと個性派ショップが集う村
    八ヶ岳南麓、標高1250mに位置する萌木の村。ナチュラルガーデンに囲まれた約3万3000平方メートル(約1万坪)の敷地にはホテルやレストラン、クラフトビール工場、オルゴール博物館、メリーゴーラウンド、個性豊かなショップが集う。夏には特設の野外ステージで本格的なバレエ公演も開催される。
    小径を散策しながらショッピングが楽しめる
  • spot 04
    山梨県立まきば公園
    動物と触れ合える絶景公園
    八ヶ岳の山麓に広がる緑の美しい公園で、目の前には八ヶ岳や富士山など山並みの大パノラマ。園内には羊やヤギなど、放し飼いにされている広場があり動物と触れ合うことができる。
    緑の芝が広がる「動物ふれあい広場」
  • spot 05
    サンメドウズ清里 清里テラス
    スノー&マウンテン、年中遊べる観光施設
    八ヶ岳主峰赤岳の南麓に位置し、清里でいちばん高いところにある高原リゾート。ウインターシーズンはスキー&スノーボードが楽しめ、グリーンシーズンは山頂から清里高原を一望できる。
    清里一高い場所から山々を望む
  • spot 06
    中村キース・ヘリング美術館
    世界で唯一 キース・ヘリング専門の美術館
    高原植物に囲まれた自然豊かな場所にあるキース・ヘリングの作品を展示するために建てられた美術館。趣向を凝らしたさまざまな展示で彼の世界感を体験できるようになっている。高原の静かな環境のなかでじっくりアートと向き合ってみたい。
    80年代のアメリカの光と影を表現した世界的なアーティスト
  • spot 07
    平山郁夫シルクロード美術館
    平和を願った日本人画家・平山郁夫のシルクロード
    日本画家平山郁夫の絵画作品と平山夫妻が1968年(昭和43)以来、40年近くにわたって収集してきたシルクロードの美術品約1万点を、毎年2-3回開催する企画展で順次展示している美術館。大きな窓からは八ヶ岳と富士山が眺望できる。
    シルクロードにまつわる絵画や美術品の数々
  • spot 08
    三分一湧水
    先人の知恵が詰まった治水施設
    「日本名水百選」に選定された八ヶ岳南麓高原湧水群。最も有名なのが「三分一湧水」で江戸時代、下流の3つの村に農業用水を三等分するために造ったとされている。三方向の村落に平等に水が行き渡るように工事されたことから、現在の名称が付けられたといわれている。
    江戸時代からあるとされている三分一湧水
  • spot 09
    そば処 三分一
    八ヶ岳の自然がはぐくんだ絶品そば
    観光スポット「三分一湧水」のすぐそばにある人気のそば処。電車を利用するならJR小海線の甲斐小泉駅下車徒歩で10分ほどだ。店の周りがそば畑という立地に建ち、秋になると白いそばの花が一面に咲き、真っ白な絨毯を敷き詰めたかのような光景を見ることができる。地元産のそば粉から作った手打ちそばが名物で、石臼でゆっくりていねいに挽くこと、そしてミネラル豊富な三分一湧水を使用することによりそば本来の味を楽しめる。メニューには十割そばと二八そばがあり、人気は地元産の野菜天ぷらが付いた「十割天もりそば」。十割そばが数量限定なので時間が遅いと売り切れることも。全国のそば好きが訪れるとあっていつも満員御礼状態。待つ際はベルを渡してくれるので店の前で待っていなくても大丈夫。三分一湧水見学や隣接する農産加工物直売所で買い物しながら待つといい。
    人気の「十割天もりそば」は1600円
  • spot 10
    台ヶ原宿
    旧甲州街道の宿場町として栄えた
    ユネスコのエコパークに登録されている南アルプス。そのふもとの扇状地にひっそりとたたずむ台ヶ原宿は、旧甲州街道沿いに栄えたかつての宿場町。大正時代後期までは商業、交通の要衝として賑わった。現在でも往時の面影を残す酒蔵や菓子店が残され、ノスタルジーを求めて人々が訪れる。
    かつての台ヶ原宿のメインストリート。現在は生活道路となっている
  • spot 11
    山梨県立フラワーセンター ハイジの村
    子どもの頃に憧れたハイジの世界へ
    1974年(昭和49)に放送されたアニメ『アルプスの少女ハイジ』。その世界を忠実に再現したハイジの村では、自然豊かな花々の咲き誇る高原でスイス風の町並みを歩き、チーズフォンデュを食べ、ヤギと戯れるという、ハイジさながらの休日を過ごすことができる。
    入り口を入ったらすぐにハイジの世界が広がっている
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    電車を利用する場合、清里へはJR中央線の小渕沢駅からJR小海線を利用することになるが、徒歩で行くことのできないスポットが多い。最寄り駅からは比較的近いのでタクシーを利用するといい。

  2. その2

    「中村キース・へリング美術館」「三分一湧水」「平山郁夫シルクロード美術館」はJR「小渕沢」駅を拠点にして、3つまとめてまわると効率がいい。

  3. その3

    「清里テラス」「清泉寮」と「萌木の村」はJR小海線の清里駅を拠点にするとよい。「萌木の村」は徒歩で10分ほど。「清里テラス」は、「清泉寮」「萌木の村」どちらからも車で10分ほどでサンメドウズ清里に着く。

  4. その4

    「山梨県立フラワーセンター ハイジの村」へは都内から日帰りバスツアーが催行されているので楽に移動したい人にはおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

山梨のその他のエリア

+ -
back
open

清里・小淵沢エリア