河口湖周辺

AROUND LAKE KAWAGUCHI

湖ごとに表情を変える富士山と出合える、富士五湖の観光拠点となるエリア

富士北麓にある富士五湖のうち、河口湖、西湖(さいこ)、精進湖(しょうじこ)、本栖湖(もとすこ)の4つの湖を有する富士河口湖町。なかでも高速道路や電車でアクセスしやすい河口湖は、観光の中心的スポット。湖に沿って観光施設が点在し、また北岸には湖越しに富士山を望めるビューポイントが数多くある。春は桜や芝桜、夏はラベンダー、秋は紅葉など、四季折々の自然と雄大な富士山とのコラボを楽しめる。冬は空気が澄んで、富士山がいちばん美しく見える季節。河口湖では「冬花火」、西湖では「樹氷まつり」も開催される。西湖の西側に広がる「青木ヶ原樹海」では、手つかずの自然に触れられるネイチャーウォークが人気。富士山の火山活動によって形成された「氷穴」や「風穴」も訪れたい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    河口湖
    富士北麓に広がる、富士五湖で2番目に大きな湖
    山梨県側の富士山麓にある富士五湖のなかで、最も北に位置し、山中湖に次いで2番目の面積をもつ河口湖。富士山の眺望はもちろんのこと、釣りやウォータースポーツなども楽しめる。
    富士河口湖町にあり、富士山をはじめ雄大な自然に囲まれている
  • spot 02
    河口湖遊覧船「天晴」
    湖上から富士山の絶景を満喫する!
    戦国時代に甲斐武田軍に属していた水軍の「安宅船」をモチーフにした遊覧船。武田軍の代名詞である「武田菱(たけだびし)」や「赤備え」が華やかさと勇ましさを演出している。乗り場は河口湖の観光拠点である船津浜(ふなつはま)。天上山公園にも行く予定の人は「富士山パノラマロープウェイ」との共通チケットを購入すると割引が受けられる。船は勇ましいホラ貝の響きとともに出航。河口湖大橋の下をくぐり抜け、約20分かけて湖を遊覧する。天気の良い日は2階の展望デッキがおすすめ。さえぎるものがない雄大な富士山や360度のパノラマビューを堪能できる。また条件がそろえば、富士山が湖に映る「逆さ富士」を見られることも。畳の間をイメージした1階客室には大型モニターが設置され、雨の日でも四季折々の富士山の風景を楽しめる。バリアフリー席も完備しているので、車いすでの乗船も可能だ。
    雄大な富士山を眺めながらのクルーズは気分爽快!
  • spot 03
    大石公園
    富士山の絶景と季節の花々がコラボレーション
    河口湖の北岸に位置し、富士山のビューポイントとして知られる大石公園。南岸にある八木崎公園と並んでラベンダーの名所として知られ、「河口湖ハーブフェスティバル」のメイン会場になっている。フェスティバルが行われる6月下旬-7月中旬には湖畔がラベンダーの紫色に染まり、花の向こうに湖と富士山の眺めを楽しむことができる。また4月下旬から10月にかけて、「花街道」と名づけられた遊歩道に季節ごとの花々が咲き乱れる。春のチューリップや芝桜から始まり、秋のコスモスやコキアの紅葉まで、その数は90種類以上。11月-4月中旬は花は見られないが、その代わり澄みきった冬の青空のもと雪化粧をした富士山が美しい。公園に建つ「河口湖自然生活館」では、富士山をモチーフにした雑貨や山梨の伝統工芸品などを販売している。眺めの良いカフェやレストランもあり、立ち寄りスポットとして人気。
    河口湖と富士山を一度に望める絶好のロケーション
  • spot 04
    天上山公園
    標高1075mの展望台から雄大な富士山を望む
    河口湖の東側にそびえる天上山にある人気のビュースポット。「富士パノラマロープウェイ」を利用すれば気軽に訪れることができる。ふもとの河口湖畔駅から山上の富士見台駅まで、標高差219mをわずか2分30秒で上る楽しい空中散歩だ。真正面に富士山の大パノラマが広がり、眼下には青く輝く河口湖。また天候に恵まれれば、遠くに南アルプスの山々も見える。天上山は太宰治の短編『カチカチ山』の舞台になったところといわれる。展望台には物語にちなんで名づけられた「たぬき茶屋」があり、名物のたぬき団子を食べながらひと休みするのもいい。またカチカチ山のウサギを祀る「うさぎ神社」、恋愛成就のご利益があるといわれる「天上の鐘」、素焼きの器を投げて諸願成就を願う「かわらけ投げ」(有料)など、見どころや撮影スポットが満載だ。
    大きく裾野を広げた富士山の大パノラマを楽しめる
  • spot 05
    青木ヶ原樹海
    世界遺産に登録されている、日本最大の溶岩上原生林
    富士山の北西に広がる青木ヶ原樹海は、9世紀の貞観大噴火によって流れ出た溶岩流上に形成された、樹齢300年ほどの若い森。手つかずの自然が残る、緑あふれる原生林を歩いてみよう。
    森の形成される過程を見ることができる、世界的にも特異な場所
  • spot 06
    鳴沢氷穴
    富士山の噴火が生み出した神秘の洞窟を探検!
    青木ヶ原樹海の東の入り口に位置する、縦穴式の溶岩洞窟。今から1100年以上昔、富士山の噴火により流れ出た溶岩が徐々に冷めて固まる際、内部から熱いガスや水蒸気が吹き出してできたものだ。地質学上貴重な洞窟として、800mほど離れた場所にある「富岳風穴」とともに、国の天然記念物に指定されている。氷穴の入り口に立つと、ひんやりとした空気が下から吹き上がってくる。洞窟内の温度は年間を通して0-4℃なので、夏でも上着を持参したほうが良い。階段を下って行くと、天井の高さ91cm、長さ5mほどのトンネルがある。頭をぶつけないように注意して進もう。また伝説によると、鳴沢氷穴は神奈川県江ノ島の洞窟まで続いているといわれている。最も深い地下21mには、下が万年氷になっている「氷の池」があり、冬から春にかけて大きな氷柱やつららができる。自然がつくり出した、幻想的な氷の芸術を楽しみたい。
    氷に覆われた洞窟内。夏は避暑スポットとして人気
  • spot 07
    富岳風穴
    溶岩でつくられた、夏でも涼しい天然の冷蔵庫
    「鳴沢氷穴」とともに、国の天然記念物に指定されている溶岩洞窟。鳴沢氷穴が溶岩が固まるときに内部から熱いガスや水蒸気が吹き出してできた縦穴式であるのに対し、こちらは溶岩の流れによって生み出された横穴式洞窟だ。鳴沢氷穴からは国道を約800m。また氷穴と風穴の間には「青木ヶ原樹海自然歩道」が続いており、片道30分ほどのハイキングを楽しむのもいい。洞窟の入り口へは、樹海の木々がうっそうと生い茂るなかを歩いて行く。ぽっかりと大きな口を開けた入り口から階段を下ると、次第に空気がひんやりとしてくる。洞窟の奥行きは200mほど。電灯の薄明かりを頼りに通路を進んで行こう。気泡の多い玄武岩でできた洞内では、溶岩が冷える過程で形成された網状溶岩や溶岩棚も見られる。洞窟のいちばん奥は「天然貯蔵庫」になっている。通年0-3℃に保たれる空間を利用して、1955年(昭和30)頃まで種子やカイコの卵を貯蔵していたという。
    冬期には天然の氷柱が形成され、夏でも溶けずに残っている
  • spot 08
    山梨県立富士山世界遺産センター
    世界遺産に登録された富士山の魅力を体感する
    世界遺産・富士山の魅力や価値を発信する施設として、2016年(平成28)にオープン。デジタル技術を駆使したユニークな展示で、富士山の自然や歴史、信仰と芸術について楽しく学ぶことができる。
    富士山の多彩な表情を巨大オブジェで再現する「冨嶽三六〇(ふがくさんろくまる)」
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    東京方面からは中央自動車道を利用、新宿から河口湖ICまで約1時間30分。

  2. その2

    東京駅八重洲口やバスタ新宿などから高速バスが運行しており、河口湖駅まで約2時間。

  3. その3

    電車はJR新宿駅から乗り換えなしで行ける特急「富士回遊」が便利。毎日3-4往復運行、河口湖駅まで約2時間。

  4. その4

    河口湖周辺での移動は車が便利。また主要な観光ポイントをまわる「河口湖周遊バス(レッドライン)」や「西湖周遊バス(グリーンライン)」が運行されている。

  5. その5

    昼間は暑くても、日が落ちると涼しく感じることもある。夏でも羽織るものを持参しよう。また、河口湖の標高は約850m。1月の平均気温は-0.6℃と寒さが厳しいので、防寒対策はしっかりと。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

山梨のその他のエリア

+ -
back
open

河口湖周辺エリア