山梨県立フラワーセンター ハイジの村

その他の花の名所

子どもの頃に憧れたハイジの世界へ

1974年(昭和49)に放送されたアニメ『アルプスの少女ハイジ』。その世界を忠実に再現したハイジの村では、自然豊かな花々の咲き誇る高原でスイス風の町並みを歩き、チーズフォンデュを食べ、ヤギと戯れるという、ハイジさながらの休日を過ごすことができる。

入り口を入ったらすぐにハイジの世界が広がっている 入り口を入ったらすぐにハイジの世界が広がっている

スイスを思わせる町並みで記念撮影

入場ゲートを抜けると、突然現れるかわいらしい町並みに心が躍る。ハイジの村のハイライトのひとつが、このスイスの地方都市をイメージした建物の数々と石畳の広場。まずはここで記念撮影をしたい。広場を囲むのは挙式も可能な「光のチャペル」や、チーズフォンデュを食べられる「レストラン ボルケーノ」、ハイジが暮らしたアルプスのジオラマがある「ハイジのテーマ館」、ほかに「ロッテンマイヤーズカフェ」「デルフリ村のパン屋さん」など。見どころ満載でこの広場だけでもたっぷり楽しめる。

ハイジが暮らしたアルプスの村のジオラマ(ハイジのテーマ館) ハイジが暮らしたアルプスの村のジオラマ(ハイジのテーマ館)

展望塔から見た石畳の広場 展望塔から見た石畳の広場

四季折々の花が咲き乱れる花のテーマビレッジ

もうひとつの見どころが季節ごとに咲く花々。4月はチューリップ、5月はジャーマンアイリスとバラ、6月はバラ、7月はアジサイとラベンダー、8月はヒマワリ。春から夏にかけてさまざまな花が見頃を迎え、満開の時期は大変な賑わいを見せる。大量に咲く色とりどりのチューリップと背後に立つ西洋建築を見ていると、思わず日本にいることを忘れてしまいそう。バラは1200品種7000本を観賞でき、230mの「日本一長いバラの回廊」や「バラのステージ」「お姫様のバラ園」などさまざまな展示が訪れる人を楽しませている。花の時期に合わせて訪れるのもおすすめだ。

斜面を利用して、さまざまな花の展示が行われる 斜面を利用して、さまざまな花の展示が行われる

「日本一長いバラの回廊」のバラは5月下旬-6月下旬に見頃を迎える 「日本一長いバラの回廊」のバラは5月下旬-6月下旬に見頃を迎える

園内はほかにも見どころが盛りだくさん

花々が咲き誇るなか、所どころに現れるハイジの世界は遊び心満点。「アルムの山小屋」はハイジのお祖父さん、通称「おんじ」の家を模した建物。干し草のベッドや台所などアルプスの山小屋の雰囲気を忠実に再現している。「ペーターのヤギ小屋」ではユキちゃんを思わせるヤギが飼われている。園内はとても広いのでゆっくりと散歩するのもいいかもしれない。

細かい小道具がリアルな「アルムの山小屋」 細かい小道具がリアルな「アルムの山小屋」

ほかにも見どころ満載!

ひととおり楽しんだら、石畳の広場に戻って休憩や食事をしよう。道路を挟んで向かい側には同経営の「クララ館」がある。「天然美肌温泉 クララの湯」では南アルプスの雄大な景色を眺めながら天然温泉に浸かることができ、日帰り入浴も可能。「桔梗屋黒蜜庵」もあり、山梨名物の「桔梗信玄餅」や「桔梗信玄生プリン」など、お土産にピッタリのお菓子を購入できる。アルプスの世界を楽しんで、最後には南アルプスを眺めながら温泉を楽しむ。まさに一日たっぷり遊べるテーマビレッジだ。

「レストラン ボルケーノ」ではスイスの郷土料理チーズフォンデュ、ドリアなどを食べられる 「レストラン ボルケーノ」ではスイスの郷土料理チーズフォンデュ、ドリアなどを食べられる

スポット詳細

住所
山梨県北杜市明野町浅尾2471
電話番号
0551254700
時間
季節により異なる
休業日
[1-3月]火(祝の場合は翌日)
料金
【入園料】
[高校生以上]710円
[中学生および小学生]360円
※季節によって変動あり
駐車場
あり(400台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DC、交通系電子マネー)
※一部使用できない施設あり

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          清里・小淵沢エリアのおすすめスポット

          山梨のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました