山中湖周辺

AROUND LAKE YAMANAKA

絶景ビュースポットが目白押し!富士山にいちばん近い湖と湧水の里

富士五湖のうち、富士山に最も近く、最大の面積をもつ山中湖。湖越しに見る富士山の姿は圧巻で、周辺にはビュースポットが数多くあるほか、遊覧船や水陸両用バスでクルーズも楽しめる。湖を有する山中湖村は、標高約1000mの高原に位置し、夏は避暑地として賑わう。四季折々の花々や紅葉、冬は樹氷や「ダイヤモンド富士」と、季節ごとの絶景に出合えるのも魅力。自然のなかで遊ぶなら、ボートやカヌー、キャンプもおすすめだ。また山中湖村と隣接する忍野村(おしのむら)は、富士山の伏流水に水源を発する8つの泉「忍野八海」で知られる。古くは修験者や富士講信者が登拝前にみそぎを行う巡礼地で、山中湖とともにユネスコの世界遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産に登録されている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    山中湖
    富士山の絶景が映える癒やしの湖畔リゾート
    富士北麓にある富士五湖のなかで最も南東に位置し、最大の面積をもつ山中湖。湖畔には富士山のビュースポットが数多く点在し、また冬期には湖越しに「ダイヤモンド富士」を望むことができる。
    「白鳥の湖」とも呼ばれる山中湖。シンボルの遊覧船が湖に浮かぶ
  • spot 02
    長池親水公園
    「逆さ富士」や「ダイヤモンド富士」も見られる絶景スポット
    山中湖の北岸、マリモ通りに沿って広がる細長い公園。ここから湖越しに見る富士山の美しさには定評があり、撮影ポイントとして人気が高い。北岸は湖のすぐ近くまで山々が迫っているため道路が狭く、車やバイクを駐停車できる場所がほとんどないが、長池親水公園には無料駐車場も整備されている。また湖に沿って遊歩道とサイクリングロードが延びており、ウォーキングやサイクリングを楽しむのもおすすめ。湖畔には、山中湖のシンボルである白鳥やカモなどの野鳥もやってくる。山中湖といえば、湖に映る「逆さ富士」や、日没時に富士山頂に太陽が重なる「ダイヤモンド富士」が有名。長池親水公園周辺では11月上旬と2月上旬に「ダイヤモンド富士」を見ることができる。この時期は駐車場も混雑するため、写真を撮影するなら早めに場所を確保したい。
    公園からはさえぎるものがない雄大な富士山を眺められる
  • spot 03
    パノラマ台
    山腹の展望台から山中湖と雄大な富士山を一望する
    山中湖から三国峠へ至る途中にあるビューポイント。湖の東側の平野地区から県道730号を車で5分ほど走ると、道路が大きくカーブする左側に小さな展望台が見える。十数台の無料駐車スペースがあるが、混雑時には一杯になってしまうため注意したい。展望台に立つと、眼下に山中湖、その向こうに大きく裾野を広げた富士山、また天候によっては南アルプスまで見渡せ、まさに息をのむような絶景が広がる。青空に映える富士山はもちろん、雪をかぶった山頂が朝焼けでうっすらピンク色に染まる紅富士、夏から初秋にかけての黒富士や赤富士など、時間や季節によってそのときにしか見ることができないワンシーンに出合える。また10月中旬と2月下旬には「ダイヤモンド富士」も楽しめる。冬期は道路が凍結するので、スタッドレスタイヤを装着すること。
    山中湖周辺でも有数の絶景スポットとして知られる
  • spot 04
    山中湖のカバ
    水陸両用の「KABA BUS」で湖へダイブ!
    山中湖で注目を集めているのが、水上と陸上で生活するカバをモチーフにした水陸両用のカババス。乗り場は湖南岸に位置する「森の駅 旭日丘」の2階にあり、空席があれば当日でも乗車できる。まずはシアタールームで迫力ある映像でカババスの魅力を体感したら、バスに乗車し、スプラッシュを浴びていざ出発。車内ではアテンダントさんが迎えてくれ、楽しいトークで非日常の冒険に向かうワクワク気分を盛り上げてくれる。湖畔の森を走り抜けると、カウントダウンとともにいよいよ湖へダイブ! バスから船へと変わる瞬間のエンジン音にも注目してみよう。湖上では、富士山の絶景や360度のパノラマを楽しみながらクルージング。窓と天井は厚手のビニール製になっているので、水しぶきや風をダイレクトに感じられて開放感満点だ。20分ほどのクルーズを楽しんだあとは、再び船からバスへと早変わりし陸上へ。ツアー終了後には、併設のショップで記念にカバグッズも購入できる。
    日本ではまだ珍しい水陸両用バスで、富士山と山中湖の大自然を体感!
  • spot 05
    山中湖花の都公園
    季節の花々と富士山との絶景コラボレーション
    富士山を背景に季節の花々が咲き乱れる、花と水のテーマパーク。水遊びをしたり富士山の溶岩を観察できる場所もあり、また冬は光の祭典「イルミネーションファンタジウム」や「ダイヤモンド富士」も楽しめる。
    「清流の里」内に広がるネモフィラは、5月上旬-6月中旬が見頃
  • spot 06
    忍野八海
    富士の自然が育んだ、神秘的な池の風景が広がる名水の里
    忍野八海は、富士北麓の忍野村(おしのむら)に湧く、8つの泉の総称。古くは修験者や富士講信者が富士登拝前にみそぎを行う巡礼地だった。日本の原風景を残す村を歩きながら、神秘の泉を巡ってみよう。
    忍野八海を代表する「湧池(わくいけ)」。澄んだ水が木々や空を映し出す
  • spot 07
    八海とうふ
    富士山の名水と国産素材で作るこだわりの豆腐
    富士山の伏流水に源を発する湧水池で知られる「忍野八海(おしのはっかい)」。その周辺では昔から大豆の生産が盛んで、富士山の湧水を利用した豆腐作りが行われてきた。大正時代創業の「八海とうふ」は、その伝統を今に受け継ぐ老舗の豆腐店。店主の浅野さんは、「お客様においしいと言って喜んで食べていただけるよう、毎日、愛情を込めて作っています」と語る。その言葉どおり、国産の素材と昔ながらの製法にこだわり、消泡剤や添加物はいっさい使用しない、また揚げ商品の油は国産米油を使うという徹底ぶりだ。北海道産の国産大豆と伊豆大島産の天然にがり、そして富士山の湧水のみを使い手作業で作られる豆腐は、大豆の自然な甘みを感じられる昔ながらの味。絹や木綿のほか、おぼろやざる、ごま豆腐など種類が豊富で、地元ではもちろん、お土産としても人気がある。店頭限定の豆乳ソフトクリームもぜひ味わってみよう。
    店頭には豆腐をはじめ、油揚げやがんもなど10種類以上の商品が並ぶ
  • spot 08
    忍野村立さかな公園
    「水と森のテーマパーク」で豊かな自然と触れ合う
    富士山の湧水で知られる忍野村(おしのむら)にある、水と森をテーマにした公園。敷地内には「山梨県立富士湧水の里水族館」と「忍野村立森の学習館」があり、2つの施設を一度に楽しむことができる。
    森のなかでさまざまな魚たちと出合える「山梨県立富士湧水の里水族館」
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    東京方面からは、中央自動車道または東名高速道路を利用して約1時間30分、山中湖ICで下りる。

  2. その2

    東京駅八重洲口やバスタ新宿などから高速バスが運行している。山中湖「旭日丘」バスターミナルまで2時間15分-2時間45分。

  3. その3

    富士吉田市、忍野村、山中湖の主要観光ポイントをまわる周遊バス「ふじっ湖号」が運行している。2日間乗り放題のフリークーポン(大人1500円、小人750円)を利用すると便利。

  4. その4

    山中湖の年間平均気温は約9℃と札幌とほぼ同じ。防寒対策はしっかりと。冬は雪が積もることが多いので、車での移動はスタッドレスタイヤが必須。

  5. その5

    山中湖周辺では10月中旬から2月末まで、日没時に太陽が富士山頂と重なる「ダイヤモンド富士」を見られる。おすすめは比較的天候の安定している12-2月中旬。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

山梨のその他のエリア

+ -
back
open

山中湖周辺エリア