川越周辺

AROUND KAWAGOE

ノスタルジックな蔵造りの町並みが残り、「小江戸」と称される埼玉屈指の人気観光エリア

江戸時代に川越城の城下町、そして商人の町として大いに栄えた川越。江戸まで続く新河岸川での舟運で発展し、江戸の文化を盛んに取り入れ、その影響が随所に残されている。当時も今も「小江戸」と呼び親しまれ、年間610万人が訪れる県内屈指の観光地だ。新河岸川のそばには城下町の総鎮守であった川越氷川神社、川越城本丸御殿などが残り、その西に1893年(明治26)の川越大火後に造られた蔵造りの建物の並ぶ一番街が広がる。一番街を中心に歴史的建造物が保存され、その町並みは国の重要伝統的建造物保存地区に選定されている。市役所はかつての中心である川越城跡に立っているが、現在の繁華街は歴史的な町並みが残るエリアの南に、3つの駅にまたがる形で広がっている。ちなみに埼玉は今でこそ海なし県といわれるが、6000年前、東京湾は関東地方に深く入り込み、川越は目の前に海が迫る土地だったという。周辺からはそれを示す丸木舟や貝塚跡が出土している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    川越一番街商店街
    約400m続く歴史的な町並みは川越観光のハイライト
    江戸時代に城下町として栄え、「小江戸」と称され親しまれた川越。一番街には現在でも明治時代に建てられた趣きのある蔵造りの建物が多く保存されており、ノスタルジックな町並みや伝統文化を求めて訪れる人が絶えない。
    独自の歴史的町並みが残っている町として外国人にも大変な人気を誇る
  • spot 02
    時の鐘
    今なお現役で時を知らせ続ける川越のシンボル
    川越の景観における最も象徴的な建物こそ、明治26年の大火ののちすぐに再建された時の鐘。天を突くように立つ伝統的な木造の塔は、今でも現役で人々に時を知らせ、同時に遠い時代の記憶を呼び起こさせるという大切な役目を担っている。
    歴史を経て人々に親しまれてきた鐘撞き堂
  • spot 03
    大澤家住宅/民芸品店小松屋
    建物が国の重要文化財に指定されている老舗のお土産店
    明治期に建てられた建造物が並ぶ一番街通りで、最も古い建物といわれているのが大澤家住宅。創建は江戸時代の1792年(寛政4)で、1893年(明治26)の川越大火での消失を免れ、国指定の重要文化財に指定されている。建てたのは呉服屋の豪商、近江屋半兵衛門で、今から5代前に大澤家のものに。当時は下駄や番傘を商う店だったが、2代前から改築の必要のない土産物店になったという。大火を生き延びただけあり、建物には江戸時代から残るさまざまな防火の仕掛けが残されている。ちなみに周りに比べ外観が質素なのは、江戸時代、商人は派手な建物を建てるのが憚られていたからだそう。お土産にはストラップやだるまなど、かわいらしい川越土産が豊富にそろっている。
    一番街でひときわ異彩を放つ、江戸時代に建てられた建物
  • spot 04
    菓子屋横丁
    素朴な菓子店が並ぶ昔懐かしい雰囲気の小さな横丁
    川越の町歩きでは外すことのできない場所が菓子屋横丁。子どもが大喜びの駄菓子専門店や、手作りで素朴な味わいの飴を売る店など、大人も子どもも楽しめる菓子店がずらりと軒を連ね、趣ある建物の町並みも美しい。小さな通りなので気軽に訪れてみたい。
    昭和の雰囲気を色濃く残す人気スポット
  • spot 05
    小江戸おさつ庵
    小江戸おさつ庵のおさつちっぷとソフトクリーム
    川越の名物といえばさつまいも。蔵造りの建物が並ぶ一番街では食べ歩きを楽しめるが、その多くがさつまいもを加工したお菓子だ。さつまいもは江戸時代中期からの名物で、川越のいもは質が良く最高級品とされていたそう。さつまいもを作るようになったのは、江戸で焼き芋が大流行していたからで、川越では1751年(宝暦元)頃から栽培が始められている。1830年(天保元)頃の天保時代でも同じで、『諸国名物番付』という書物には、川越がさつまいもの代表的な産地として紹介されていた。小江戸おさつ庵の人気No.1はおさつちっぷで、極限まで薄く切ったさつまいもをカラッと揚げ、軽く塩を振ったもの。塩バターやチョコクリームなど10種類のソースで楽しむことができる。パリッパリの歯ごたえにほんのりと塩が効いていてやみつきになるおいしさだ。
    いまや川越の名物となったおさつちっぷ500円。右奥に見えるのは時の鐘
  • spot 06
    川越まつり会館
    川越まつりで実際に曳かれる豪華絢爛な山車を展示
    川越氷川神社の祭礼である川越まつりは、江戸の天下祭の影響を強く受け、370年以上もの長い歴史を誇る日本屈指の祭り。会館には祭りで曳かれる山車や関係資料が展示され、いつでも川越まつりに触れることができる。
    一年中、川越まつりを体験できる施設
  • spot 07
    松本醤油店
    約250年の歴史を誇る醤油の蔵元
    江戸時代から続く川越で唯一の醤油蔵。モダンにアレンジされたたくさんの醤油製品が並ぶショップの奥にある蔵には、伝統的な製法で造られる醤油を仕込むための巨大な杉桶が並ぶ。見学してその歴史を体感したい。
    ショップや工房、ラーメン店などが集まる一角にある
  • spot 08
    喜多院
    関東における天台宗の総本山として知られた名刹
    徳川家ともゆかりの深い、伝統と格式のある寺院。江戸城から移築されたという「家光誕生の間」や日本三大羅漢像のひとつといわれる五百羅漢、川越七福神のひとつである大黒天など、歴史に触れることのできるスポットが多く、県外からも多くの人が訪れる。
    1632年(寛永9)に天海僧正により建立された山門
  • spot 09
    川越熊野神社
    開運、縁結びの「おくまんさま」として親しまれる
    蔵造りの建物が並ぶ一番街を訪れる人々を迎えるように立つ熊野神社。川越の町巡りの最初に訪れると、初代神武天皇を導いた「導きの神」である八咫烏(やたがらす)がきっと良いものと引き合わせてくれるはず。
    奥に見える二の鳥居は1713年(正徳3)に建てられたもの
  • spot 10
    川越城本丸御殿
    東日本では唯一残る本丸御殿の遺構
    室町時代に扇谷上杉持朝の命により太田道真・道灌親子によって築かれ、江戸時代には江戸の北の守りとして重要視された川(河)越城。東日本では唯一残っている本丸御殿の遺構であり、川越を訪れたならぜひ立ち寄りたい見どころだ。
    見事な唐破風屋根の玄関。八寸角の太い柱が使われている
  • spot 11
    川越氷川神社
    夫婦円満、縁結びのご利益で知られる川越の守り神
    川越城に程近く、江戸まで続く新河岸川沿いに建てられた氷川神社。川越の総鎮守として今も昔も人々を見守り続けてきた。地元の人々はもちろん、町歩きの際に立ち寄るお参りスポットとして、平日でも多くの人々が訪れる。
    拝殿の奥にある本殿には精緻な彫刻が施されており、県の重要文化財に指定されている
  • spot 12
    松陸製菓
    店頭に並ぶ日本一長いふ菓子が目印
    菓子屋横丁発展の礎となった老舗の菓子店。水飴を城に献上していたことから、鈴木藤左衛門がこの地で菓子作りを始め、現在も8代目のご主人が手作り飴にこだわって商品作りを行っている。店は2軒並んでおり、右側の店舗が飴と芋の菓子を中心に扱う松陸製菓。店内には50種類近くの飴とともに、バリエーション豊富な芋菓子も並ぶ。数が多くて迷ってしまうだろうが、季節の飴やおすすめ商品は入り口近くに置かれているので、迷ったらそれらの商品を候補にするといい。店の奥には当時使っていた菓子用の桐箪笥と店の由来を示す看板があり、左奥の工房の様子も見られるようになっている。左隣に立つふ菓子工房では看板商品のふ菓子が購入できる。ふ菓子は日本一長い95cmの沖縄産黒糖を使った商品のほか、小さめの80cmサイズ、焼き芋味、切り分けられた2度塗りのふ菓子などもあり種類豊富。職場などで配るのにちょうどいい、小分け包装の商品も充実している。
    飴を中心に扱う松陸製菓とふ菓子の店が隣り合う
  • spot 13
    玉力製菓の昔ながらの飴
    昔ながらの素朴な味わいの飴が人気
    一番街方面からアクセスしたときに真っ先に目に入る、レトロなたたずまいの飴店。大正3年創業の100年を超える老舗で、4代目のご主人が今も手作りで飴を作っている。店は建物も店内の装飾も昭和初期の風情そのままで、お店の方と会話しながら買い物をしていると、数十年前の駄菓子屋さんで買い物しているような気分になる。定番の組み飴やベッコウ飴、ニッキ飴、のど飴のほか、夏ならアサガオやヒマワリなど、その時期の旬の花をデザインした組み飴も季節ごとに登場する。水飴と砂糖で手作りされた飴はすっきりとした甘みで、香り、舌触りもいい。手作り飴が初めてだという人は、ぜひ試食させてもらい、商品選びを楽しもう。小分けになった飴の値段も110円、220円、330円とお手頃なので、大人買いして好みの味を見つける楽しみもある。
    お店の方とのやりとりも楽しみながら品物を選べる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    見どころは徒歩で歩いて回れる範囲に点在している。川越城本丸御殿や市立博物館、市立美術館、川越氷川神社などは中心である一番街から少し離れているので、観光地を結ぶレトロなバス「小江戸巡回バス」や「小江戸名所めぐりバス」を利用しよう。ほかに人力車、シェアサイクルなどもある。

  2. その2

    観光エリアに最も近い駅は西武新宿線の本川越駅。ほかにも東武東上線とJR埼京線が川越駅に乗り入れており、都心からのアクセスは非常に便利。

  3. その3

    一番街や菓子屋横丁の閉店時間は早い。17:00くらいには閉める店が多いので、行きたい店があればあらかじめ調べておこう。

  4. その4

    週末は混雑するので、ランチは予約しておくのがおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

埼玉のその他のエリア

+ -
back
open

川越周辺エリア