東部

EAST

都心に近い川に囲まれた自然豊かな観光地

東京都心にほど近い埼玉東部は、江戸川や中川をはじめとした川の多い地域。水源に恵まれていることから古くから稲作が盛んに行われてきており、「草加せんべい」など米を活用した銘菓がある。今も田園風景が広がる地域が多く、豊かな自然も特徴だ。江戸時代後期からは、羽生市などを中心に豊富な水を生かした藍栽培・藍染が盛んで、羽生市は今も「藍染の町」として名高い。その一方で川に囲まれた低地のため、長年にわたり浸水被害に苦しんできた。このため、春日部市には浸水対策のための施設として「首都圏外郭放水路」が造られている。また、江戸時代からは草加や越谷、春日部が五街道のひとつである「日光街道」の宿場町として栄えてきており、今もその名残が残っている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    武州中島紺屋
    江戸時代から続く伝統の藍染めを体験する
    武州中島紺屋がある羽生(はにゅう)市は、江戸時代から続く藍染めの町。紺屋(こんや/こうや)とは染め物屋を意味する。1837年(天保8)創業の歴史ある紺屋で、藍染めのワークショップに参加してみよう。
    歴史を感じさせる門構え。広い敷地内には工房や資料館がある
  • spot 02
    羽生水郷公園
    希少な食虫植物「ムジナモ」が国内で唯一自生する
    利根川(とねがわ)の南側に位置する羽生(はにゅう)市。豊富な水を生かした広大な公園は、国の天然記念物ムジナモの自生地をはじめ、広場や森、水生植物園、水族館などがあり、地域の人々の憩いの場となっている。
    公園の中央にある「三田ヶ谷池」には水鳥が飛来する
  • spot 03
    さいたま水族館
    荒川流域をはじめ埼玉県に生息する魚に出会える
    日本唯一のムジナモの自生地がある羽生(はにゅう)水郷公園内の施設。荒川や利根川の流域で見られる魚を中心に、おもに日本の淡水生物を展示する。カメや魚と触れ合えるコーナーもあり、地元の子どもたちに人気のスポットだ。
    魚が棲む環境を再現した水槽。展示内容はときどき変更される
  • spot 04
    鷲宮神社
    関東最古の大社はアニメ『らき☆すた』の聖地
    関東最古の大社、酉の市で有名な「お酉様」の本社と言われる神社。アニメ『らき☆すた』の舞台のモデルになった場所として知られており、国内外からファンが訪れる。「鷲宮催馬楽神楽」は国指定重要無形民俗文化財。
    鷲宮神社の拝殿。銅板葺・入母屋造で横に広い
  • spot 05
    東武動物公園
    遊園地と動物園のハイブリッドレジャーランド
    東武動物公園は遊園地と動物園の融合した「ハイブリッドレジャーランド」。40年の歴史があり、ホワイトタイガーをはじめとした約120種類の動物を見に多くの人々が訪れている。夏はプールも人気だ。
    東ゲート入り口付近にあるカバ像は東武動物公園のシンボル的存在
  • spot 06
    国土交通省 首都圏外郭放水路
    埼玉県の巨大な「地下神殿」首都圏外郭放水路
    河川に囲まれた中川・綾瀬川地域の浸水被害を防ぐため、水を地下放水路に貯めて排水する世界最大級の地下放水路。地底50mに総延長約6.3㎞のトンネルが通っており、「地下神殿」と呼ばれる調圧水槽など一部を見学できる。
    「調圧水槽」の暗がりに浮かぶ柱はまるで神殿のよう
  • spot 07
    キャンベルタウン野鳥の森
    オーストラリアの野鳥たちが遊ぶ越谷の森
    埼玉県越谷市とオーストラリアのキャンベルタウンの姉妹都市連携10周年を記念して造られたのが「キャンベルタウン野鳥の森」。キャンベルタウンから寄贈されたオーストラリアの鳥たちなどを近くで観察できる。
    キャンベルタウン野鳥の森の入り口には木々が生い茂り、まさに「森の入り口」といった風情だ
  • spot 08
    草加せんべいの庭
    草加せんべいのテーマパークでせんべいを手焼きしてみよう
    「山香煎餅本舗」(やまこうせんべいほんぽ)が草加市に開業した、草加せんべいのテーマパーク「草加せんべいの庭」。草加せんべいの手焼き体験を予約なしでできるほか、ショップで販売されている多種多様のせんべいも魅力のひとつだ。
    木々に囲まれた内部はまさに「庭」のよう。駐車場も広く車での訪問も便利だ
  • spot 09
    草加せんべいの庭 売店
    草加の名物といえば「草加せんべい」
    せんべいの代表的存在といえば「草加せんべい」。江戸時代から日光街道の草加宿の名物として知られており、その定義は(1)草加市地場産業振興協議会が認定した10年以上の経験を持つ伝統産業技師が製造していること、(2)地域産のうるち米を100%使用したものであること、(3)押し瓦を使用した手焼き、またはそれに準ずる押し焼きの製法で作られたものであること、となっている。その成立については諸説あるが、伝説によれば草加宿で団子を売っていた「おせんさん」という女性が、客のアドバイスを受けて、売れ残った団子をつぶして天日で乾かし、焼き餅として販売したのが最初。草加市の「おせん公園」には「草加せんべい発祥の地碑」がある。江戸時代は塩せんべいとして販売されていたが、幕末頃からせんべいに醤油が塗られるようになった。現在は多様化しており、「草加せんべいの庭」の売店では海苔やザラメを付けたもの、カレー味やチョコレートをかけたものなど、さまざまな種類が販売されている。
    草加せんべいの魅力は堅焼きならではのパリっとした食感
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    各地に見どころが点在しているため、スポットを選んで訪れよう。駅から遠いスポットも多いので車があったほうが移動しやすい。

  2. その2

    動物園、水族館や公園など観光地内を歩き回るスポットが多いため、動きやすい服装がおすすめだ。

  3. その3

    東武伊勢崎線など東武線沿線の観光スポットが多いので、都心からは北千住駅を拠点にすると良い。新宿からはJR山手線で西日暮里を経由し、東京メトロ千代田線で北千住駅。東京からはJR常磐線で1本だ。

  4. その4

    羽生市内には大宮経由でアクセスしよう。新宿からはJR湘南新宿線、東京からはJR上野東京ラインで移動できる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

埼玉のその他のエリア

+ -
back
open

東部エリア