西部

WEST

テーマパークから自然スポットまで、多彩な魅力と出合えるエリア

東京都心からのアクセスが便利な埼玉西部は、開発が進む一方で、豊かな自然も残されている。埼玉県と東京都にまたがって広がる狭山丘陵は、スタジオジブリのアニメーション映画『となりのトトロ』の舞台のモデルになったとされるところ。昔ながらの里山の風景を残すため、その一部が「トトロの森」として保全活動が行われている。また「クールジャパンの拠点」として構想された「ところざわサクラタウン」では、最先端のアートやポップカルチャーと出合える。森と湖の豊かな自然に恵まれた飯能市は、北欧を思わせるテーマパークと公園が人気。このほか、伝統の和紙がユネスコ無形文化遺産に登録されている小川町、古墳時代の遺跡が残る吉見町なども訪れてみたい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    ジョンソンタウン
    アメリカンな街並みで、プチ海外旅行気分を楽しもう!
    「米軍ハウス」と呼ばれるアメリカン古民家をはじめ、白い平屋の家々が立ち並ぶ住宅街。レストランやカフェ、雑貨屋など個性豊かな店が数多くあり、まるで外国にいるような雰囲気で街歩きを楽しめる。
    星条旗が掲げられたジョンソンタウンの入り口。看板もフォトジェニック
  • spot 02
    ところざわサクラタウン
    KADOKAWAによる日本最大級のポップカルチャー発信拠点
    KADOKAWAと所沢市が共同で進める「COOL JAPAN FOREST構想」の拠点施設。「角川武蔵野ミュージアム」のほか、イベントホール、ホテル、レストランやショップなどが集まる新感覚のエンタメタウンとして注目されている。
    2020年(令和2)11月にグランドオープンした「クールジャパン」の拠点
  • spot 03
    角川武蔵野ミュージアム
    クールジャパンの拠点「ところざわサクラタウン」のランドマーク
    図書・美術・博物のジャンルを超えてあらゆる知を再編成した、世界でも類を見ないユニークな文化複合施設。ギャラリーやミュージアムではさまざまな企画展示が行われ、訪れる度に新たな発見がある。
    KADOKAWAの出版物をはじめ個人文庫など約3万冊が配架された「本棚劇場」
  • spot 04
    トトロの森
    市民によって守られる自然豊かな里山を歩く
    映画『となりのトトロ』の舞台のモデルのひとつになったといわれる狭山丘陵。その一部がナショナルトラスト活動を行う「トトロのふるさと基金」によって守られている。武蔵野の自然と里山の風景が残る「トトロのふるさと」を歩いてみよう。
    「スタジオジブリ」の宮崎駿監督も呼びかけ人のひとりとなって始まった「トトロの森」
  • spot 05
    西武園ゆうえんち
    新しいけど懐かしい「昭和の熱気」を遊び尽くす!
    1950年(昭和25)の開業以来多くの人に愛されてきた老舗の遊園地が、大規模リニューアルを終え、2021年(令和3)5月にグランドオープン。懐かしさあふれる園内で、笑いあり、スリルあり、絶叫ありの非日常を体験しよう!
    リニューアルされた西武園ゆうえんち。まるで昭和の世界に迷い込んだよう
  • spot 06
    狭山湖
    富士山の眺望やバードウォッチングを楽しめる貯水池
    埼玉県と東京都にまたがる狭山丘陵を利用して造られた人造湖で、正式名称は「山口貯水池」という。水辺の風景とともに、春の桜、秋の紅葉、またバードウォッチングなど、狭山丘陵の豊かな自然を満喫できる。
    東京都の水がめとして造られたアースダム形式の貯水池。堤頂は遊歩道になっている
  • spot 07
    トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
    人と自然が一体になれる、好奇心を刺激する豊かな空間
    北欧の童話作家、トーベ・ヤンソンの名を冠した公園。自然に囲まれた園内には不思議な建物や楽しい仕掛けがたくさんあり、子どもはもちろん、大人も童心に帰って楽しめる。
    遊歩道上に設置されたカメラマークから撮影すると、きれいな写真が撮れる
  • spot 08
    ムーミンバレーパーク
    ムーミンと仲間たちに会える、小さな北欧へプチトリップ!
    母国フィンランド以外では世界初となる、北欧童話ムーミンの世界を体感できるテーマパーク。隣接する無料エリアの「メッツァビレッジ」では、湖を眺めながら北欧グルメやショッピングを楽しめる。
    ムーミンの物語を追体験できるパーク。北欧にいるような心地良い時間を過ごそう
  • spot 09
    吉見百穴
    岩山に200以上もの穴が掘られた不思議な風景
    埼玉県比企郡(ひきぐん)吉見町(よしみまち)にある、古墳時代に造られた横穴墓群。歴史的価値の高い史跡として、また春は桜、秋は紅葉の名所として、地域の人々に親しまれている。
    1923年(大正12)に国の史跡に指定されている吉見百穴
  • spot 10
    小川町和紙体験学習センター
    ユネスコ無形文化遺産に登録された和紙作りを体験する
    約1300年の歴史をもつ和紙の産地として知られる小川町。なかでも国産のコウゾだけを使用し、伝統的な手法で作られる「細川紙(ほそかわし)」は、ユネスコの無形文化遺産に登録されている。
    かつて埼玉県製紙工業試験場として使われていたレトロな建物
  • spot 11
    嵐山渓谷
    秋の紅葉が鮮やかな、埼玉県を代表する景勝地のひとつ
    岩畳をぬって流れる清流と、周囲の緑が織りなす美しい自然に恵まれた嵐山渓谷。秩父の長瀞にたとえて「新長瀞」と呼ばれたこともある。11月下旬から12月上旬にかけては燃えるような紅葉が渓谷を彩る。
    渓谷では「岩畳」と呼ばれる結晶片岩が見られ、独特の景観を生み出している
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    各地に見どころが点在しているため、スポットを選んで訪れよう。電車でアクセスできるところもあるが、車があったほうが移動しやすい。

  2. その2

    狭山丘陵の中央には狭山湖、東側には「西武園ゆうえんち」があり、「トトロの森」と合わせて訪れることができる。

  3. その3

    所沢、入間、飯能へは池袋駅から西武池袋線でアクセスしよう。同一線上にあるので、1日で複数のスポットをまわることも可能。

  4. その4

    吉見町、小川町、嵐山町は車での訪問がおすすめ。小川町と嵐山町は隣接しており、車で20分ほど。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

埼玉のその他のエリア

+ -
back
open

西部エリア