松江市郊外・安来

MATSUE CITY SUBURBS / YASUGI

神社ごとに異なるご利益が楽しみなパワースポットの密集エリア

神話の里・出雲の隣に位置する松江市郊外。「古事記」や「日本書紀」などさまざまな神話の舞台として記され、縁結びをはじめとしたご利益にあやかれるスポットがたくさんある。ヤマタノオロチ退治で有名な素戔嗚尊(すさのおのみこと)が、妻の稲田姫命(いなだひめのみこと)と新婚生活を始めたとされる「八重垣神社」は、良縁を願う女性が集まるお社。神秘的な池に占い用紙を浮かべる、独特の祈願方法も人気となっている。山間のひっそりとした場所にありながら、出雲大社と並ぶ格式の高さを誇るのが「熊野大社」。一方、海岸沿いの景勝地にも、「美穂神社」「佐太神社」といった、由緒ある神様を祀った神社がある。また、鳥取県との県境に近い安来市は、ドジョウ掬い踊りの「安来節」と、たたら製鉄で有名な街。アメリカの庭園雑誌で18年連続日本一に選ばれている名園「足立美術館」、山陰屈指の名刹「清水寺」などの名所が点在している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    八重垣神社
    神秘の水をたたえた「鏡の池」に占い用紙を浮かべる縁占いが人気
    ヤマタノオロチ退治で名高い素盞嗚尊(すさのおのみこと)とその妻・稲田姫命(いなたひめのみこと)が結婚した場所として伝わる。奥の院の森にある「鏡の池」に浮かべた占い用紙に硬貨を載せてご縁を占う「縁占い」をぜひ試してみたい。
    社務所で授かった占い用紙を池に浮かべ、硬貨をそっと載せて占う「縁占い」
  • spot 02
    熊野大社
    出雲大社と並ぶ格式ある古社は、火の発祥の神様
    火の発祥の神社として、古くから出雲大社と並び信仰を集める。大国主命(おおくにぬしのみこと)の祖先である素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀り、縁結び、厄除け、商売繁盛などのご利益があるとされている。
    大きな注連縄(しめなわ)からも、格式の高さが伝わってくる
  • spot 03
    足立美術館
    日本一に選ばれた日本庭園と名画鑑賞に何度も訪れたい美術館
    アメリカの日本庭園専門誌のランキングで「18年連続日本一」に選ばれた名園。横山大観、上村松園らの日本画、北大路魯山人の陶芸など、日本有数のコレクションも合わせて鑑賞できるとあり、国内はもとより世界中からも鑑賞に訪れている。
    伝統的な手法に基づいて作庭された枯山水庭は足立美術館の主庭
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    このエリアは、鉄道やバスなど公共交通機関の本数が少ないので、車の利用がスムーズ。遠方からの場合、現地でレンタカーを借りるのがおすすめ。松江市郊外へは、山陰道松江玉造IC、安来市へは安来ICを利用する。

  2. その2

    冬場は積雪に見舞われることがある。車の場合、雪用タイヤの装備は万全に。特に米子道、松江道は雪が深いエリアを走るため注意が必要。

  3. その3

    「足立美術館」は年間を通してバスツアー客が多く訪れる場所。混雑を回避するには、開館時間の9時より早めに到着するといい。来場者数によっては、オープン前から入館できる場合もある。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

島根のその他のエリア

+ -
back
open

松江市郊外・安来エリア