NAVITIME Travel

高知の植物園スポット一覧

  • 高知県立牧野植物園
    rating-image
    4.5
    215件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    高知県高知市五台山4200-6
    高知市五台山にある植物園。国内では貴重な総合植物園として昭和33年(1958)に開園した。園内には3000種近い植物が栽培されているほか、子どもから大人まで楽しめる企画展や植物教室など、年間を通してさまざまなイベントを開催。世界的植物学者・牧野富太郎博士の業績や魅力を紹介する展示も行っている。平成11年(1999年)には園内に牧野富太郎記念館が開館。JR「高知駅」からバスで約30分。

    とにかく広くて正門から入りまず本館がかっこよくてびっくりしました。木造でドーナツ型の建物で高知の寒蘭の展示が行われていました! 押し花標本の展示も行われていて、楽しかったです。 牧野富太郎博士の生涯がわかる記念館もあり同じような木造の建物でとてもかっこよかったです。押し花標本の貼ってある照明が美しかった… そのあとは広大な敷地に生息している植物を眺めながら温室を目指しました。 春に行けば桜が満開で...

  • 北川村「モネの庭」マルモッタン
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    高知県安芸郡北川村野友甲1100
    印象派の巨匠クロード・モネが愛したフランス・ジヴェルニーの庭を再現して造られた庭園で、高知県安芸郡北川村にある。広大な園内には、約10万本の植物を植栽。四季の花々が咲き乱れる「花の庭」やモネの代表作「睡蓮」の風景に出逢える「水の庭」、モネが地中海旅行中に描いた絵画をテーマにした「光の庭」があり、季節ごとに異なる風景が楽しめる。毎年6月頃からは、モネが最期まで開花させられなかったという「青い睡蓮」が見ごろ。展望台やレストラン、ショップも併設している。

    モネの庭を鑑賞したあと、ランチをいただきました。店頭のカラフルなメニュー写真をみて期待していたのですが、野菜の彩りが乏しく、チンゲンサイとゴボウ?の天ぷら?という謎の取り合わせでした。テラス席でいただいたので景色がご馳走でした。

  • ゆとりすとパークおおとよ
    遊ぶ/趣味
    高知県長岡郡大豊町中村大王4037-25
    標高750m、広大な風景の中でシチュエーションごとの楽しみ方で過ごしてみては。園内には高知初上陸のバイク型のそり「ポッカール」で遊んだり、売店では絵付け皿などを作るクラフト教室(材料費500円-)があり楽しめる。コテージ1棟1泊1万2000円+(大人1000円×人数分)+(小学生500円×人数分)。キャンプ場1区画1泊2000円+(大人500円×人数分)+(小学生250円×人数分)。
  • 内原野公園
    遊ぶ/趣味
    高知県安芸市川北乙
    藩政時代に整備された遊園で、五藤氏の別邸だった延寿亭も立つ。花の名所として名高く、春から初夏にかけて桜やツツジ、ショウブなどが次々に咲き誇る。なかでも約1万5000本あるツツジは見事で、その開花に合わせて3月下旬-5月上旬までつつじ祭りを開催。日曜を中心に抹茶接待などの催しが行われ、大勢の人で賑わう。期間中は弁天池でボート遊び30分300円-もできる。
  • 中越家のしだれ桜
    旅行/観光
    高知県吾川郡仁淀川町別枝
    藩政時代、庄屋の中越家が佐川領主をもてなすために植樹した。枝張り直径14mの巨木で、満開時の美しさは壮絶。見頃は4月上旬-中旬。
  • 足摺亜熱帯自然植物園
    遊ぶ/趣味
    高知県土佐清水市足摺岬足摺山1349

高知の主要エリア

around-area-map

四万十川や仁淀川、物部川、安田川など多くの川が流れている高知県。 カヌーやラフティング・釣りなど観光名所としても有名で、水辺利用率は常に全国トップクラスを誇ります。 高知龍馬空港を利用すれば国内各地からのアクセスも良好で、羽田空港から約1時間半、関西の伊丹空港から約45分です。 高知県はミュージアムが多く、特にアンパンマンの作者であるやなせたかしの故郷に建つ「香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館」はファミリーに人気の観光スポットです。 また「海洋堂かっぱ館」には、カッパのフィギュアを競う四万十川カッパ造形大賞の全応募作品を収蔵されており、四万十川の河童伝説を楽しむことができます。 高知と言えばカツオの一本釣りが有名で、名物ももちろんカツオです。それ以外にも香南ニラ塩焼きそば、シャモ鍋、四万十ポーク丼などたくさんのご当地グルメを堪能できます。

高知の写真集

目的から探す