NAVITIME Travel

福島の植物園スポット一覧

  • 猪苗代ハーブ園
    遊ぶ/趣味
    福島県耶麻郡猪苗代町 川桁リステルパーク(ホテルリステル猪苗代内)
    耶麻郡猪苗代町川桁、「ホテル リステル猪苗代」隣接の「リステルパーク」内にあるハーブ園。10万平方メートルに及ぶ敷地内で約500種類のハーブを栽培。4月下旬から11月下旬にかけて開園し、季節ごとに様々なハーブや花々を観賞できるほか、菜の花やラベンダーなどの花摘み体験ができる。ショップやカフェも併設し、「菜の花まつり」などのイベントも開催。園内に点在する十二支の巨木彫刻も見どころ。
  • いわき市フラワーセンター
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市平四ツ波字石森116
    JR東日本「いわき駅」から車で20分の所にある植物園。約26万平米の広大な敷地内に植えられた、多種多様な草花が楽しめる。特にいわき市でも最大級の展示温室では、サボテンやハイビスカス等の普段目にすることができない熱帯植物などが鑑賞できるのが特徴。他にもツバキ、梅、あじさい、福島県の「郷土の花」として知られるシャクナゲがそれぞれのエリアで季節ごとに花を咲かせている。また園内には、「こどもの広場」や季節ごとに展示会や講習会が開催されている「フラワーライフ館」もある。
  • 花と歴史の郷 蛇の鼻
    遊ぶ/趣味
    福島県本宮市本宮字蛇ノ鼻38
    本宮市字蛇ノ鼻にある庭園。園内には樹齢約300年を超える大藤棚をはじめ、バラやチューリップ、アジサイなどの様々な草木が植栽されており、四季折々に咲く花々を観賞できる。展望台やウォーキングコース、レストランなども整備されているほか、有形文化財にも登録されている明治建築の「蛇の鼻御殿」が保存されている。「フジ祭」や「もみじ祭」など季節のイベントも開催。
  • 大桑原つつじ園
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県須賀川市大桑原
    福島県須賀川市にある観光植物園。約一万坪の園内には、大小約1万株のつつじが咲き誇る。2つの丘に広がるつつじの風景は人気を集めている。また、つつじのほかにも、しゃくなげ・ふじ・あやめ・しゃくやくといった花も楽しむことができる。つつじの開花時期は有料入園となるが、基本は入園料無料となっている。

    白河と須賀川へ小旅行した時に立ち寄りました。友人と相談して一番色々な花を見られる5月を選んだのですが正解でした。人がたくさん来ていましたが色とりどりのつつじが咲いていてうっとりしました。

  • 白河フラワーワールド
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県白河市南湖59
    福島県白河市の「南湖公園」に隣接している有料の植物園。毎年4月から6月にかけて開園しており、「チューリップ」や「ジャーマンアイリス」など、様々な種類の花を見ることができる。地元の人々だけでなく、花を鑑賞するために遠方からも多くの人々が訪れている。

    一番の見世物チューリップがまだ少し早いのですがその分低価格で入園できました。那須フラワーワールドの姉妹店ですので、レイアウトや品種は秀逸でした。訪問時は隣接する南湖公園の桜が見ごろで背景に恵まれました。シルバーにとってはちょうどいい広さで傾斜もなく歩きやすいです。

  • 翠楽苑
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県白河市五郎窪山45-1
    白河藩主、松平定信の精神を受け継いだ池泉回遊式日本庭園。茶室「松楽亭」では、日本庭園を眺めながら月替わりの生菓子と抹茶が楽しめる。10月下旬-11月上旬には、幻想的な紅葉ライトアップも開催している。

    南湖公園の奥まった場所にひっそりとたたずむ素敵な日本庭園。急に気温が下がったこともあり見学者は我々だけで、ゆっくりと最後の紅葉を楽しんできました。そんなに広いスペースではありませんが、庭中が綺麗にお手入れされており、かつて大名がここで四季折々を楽しんで来たんだなぁと思いを馳せました。見学料理にプラスでお茶と季節の和菓子が頂けるようです。

  • やすらぎの郷会津村
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県会津若松市河東町浅山字堂ケ入7
    平和への願いを込めた、高さ57mの会津慈母観音像を中心につくられた施設。6万坪の庭園には四季折々の花が咲き、釈迦如来をまつる三重の塔、巨大釈迦涅槃像、曲がり家などが見られる。會津藩校日新館から徒歩10分。所要1時間。

    鶴ヶ城、飯盛山など、会津若松の主要観光スポットからは離れた場所にあります。歴史の街にあって、ここを訪れる旅行者は多くありません。高速道路から見える大観音像を間近で見たい人は行ってみるといいでしょう。

  • ミニ尾瀬公園
    遊ぶ/趣味
    福島県南会津郡檜枝岐村左通124-6
    檜枝岐川沿いの8万平方mの敷地に高層湿原エリア、高山草原エリア、高山礫地など、尾瀬の自然が再現され、尾瀬に咲く草花が観賞できる。「夏の思い出」の詩・譜碑も立てられている。管理棟には、自然保護運動の草分けとなった武田久吉博士のメモリアルホールや、山岳写真家白籏氏の尾瀬写真美術館、福島県の書人・丹治思郷氏の「尾瀬書美術館」も。
  • 須賀川牡丹園
    遊ぶ/趣味
    福島県須賀川市牡丹園80-1
    須賀川牡丹園は、明和3年(1766)、この地で薬種商を営んでいた伊藤祐隣倫が、牡丹の根を薬用にするため、苗木を摂津国山本村(現在の兵庫県宝塚市)から持ち帰り栽培したのが始まりで、発祥から約250年の歴史を誇る。牡丹の見頃は5月上旬-中旬。約3万坪の敷地内には290種7000株の牡丹が咲き誇る。
  • 雲嶺庵(ほまれ酒造)
    お買い物
    福島県喜多方市松山町村松常盤町2706
    「清酒・会津ほまれ」を醸造する、大正7年(1918)創業のほまれ酒造内にある蔵元直営店。平成27年(2015)の世界的なワイン品評会であるIWCのSAKE部門において最高位のチャンピオン・サケを受賞し、世界一の称号を得た蔵。また、平成28年(2016)の伊勢志摩サミットにおいては、安倍首相から各国首脳へのおみやげ品として採用されて純米大吟醸を造った酒蔵でもある。1300坪もの広大な原生林を利用した日本庭園を眺めながら、常時10種類以上の日本酒、焼酎、リキュール等が楽しめる。
  • 白露庭
    遊ぶ/趣味
    福島県会津若松市追手町6-6
    会津藩家老だった内藤介右衛門の屋敷跡。現在その場所には裁判所が建ち、内藤邸の名庭だった白露庭だけが当時の面影をとどめている。庭園の年代、作者などは明らかではないが、江戸時代遠州流の流れをくんだ由緒ある名園で、戊辰戦争の降伏式は庭園の前で行われた。
  • ハートランドはらまちあやめ園
    遊ぶ/趣味
    福島県南相馬市原町区高倉
  • 双葉ばら園
    グルメ/お酒
    福島県双葉郡双葉町大字山田字手子塚170
  • 裏磐梯野草園
    遊ぶ/趣味
    福島県耶麻郡北塩原村桧原簗部沢山1091-86

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す