さかな公園

公園/緑地

「水と森のテーマパーク」で豊かな自然と触れ合う

富士山の湧水で知られる忍野村(おしのむら)にある、水と森をテーマにした公園。敷地内には「山梨県立富士湧水の里水族館」と「忍野村立森の学習館」があり、2つの施設を一度に楽しむことができる。

森のなかでさまざまな魚たちと出合える「山梨県立富士湧水の里水族館」 森のなかでさまざまな魚たちと出合える「山梨県立富士湧水の里水族館」

ユニークな展示が楽しい「森のなかの水族館」

忍野八海(おしのはっかい)や桂川など、豊かな水に恵まれた忍野村。この自然を後世に伝えるため、「水を知り、水とたわむれ、水を育む」をテーマに造られたのがさかな公園だ。そのシンボル的存在が、公園の名の由来にもなった「山梨県立富士湧水の里水族館」。日本有数の淡水魚水族館で、山梨県内の河川湖沼に生息する水生生物や養殖魚を中心に飼育展示している。

チョウザメなどが泳ぐ外の池は、館内のガラス窓からのぞくことができる チョウザメなどが泳ぐ外の池は、館内のガラス窓からのぞくことができる

最大の見どころは、館内の中央に位置する「二重回遊水槽」。大きな魚は外側、小さな魚は内側と、二重に仕切られた水槽の中を約3000匹の魚たちがゆったりと泳いでいる。大小の魚がひとつの水槽で一緒に泳いでいるように見えるのは、透明度の高い富士山の湧水ならでは。このほか、川の源流から中流までを再現した水槽や、湖底が溶岩でできた富士五湖をイメージした水槽、マミズクラゲといった風変わりな生物なども見学できる。またエサやり体験をはじめさまざまなイベントを行っており、魚たちと触れ合えるのも魅力だ。

幻の魚といわれる希少魚のイトウや大型のニジマスなどが泳ぐ「二重回遊水槽」 幻の魚といわれる希少魚のイトウや大型のニジマスなどが泳ぐ「二重回遊水槽」

「忍野村立森の学習館」で自然の恵みに触れる

水族館から公園の奥へ進むと、八角形をした木造の建物が見える。忍野村の植物や動物、文化などを紹介する体験学習施設「忍野村立森の学習館」だ。大きなガラス窓や天窓から陽の光が差し込み、木の温もりを感じられる館内は、自然に包まれているような心地良い空間。展示室には村で採取した薬草や草花、木の実などがきれいに陳列されている。なかには、松ぼっくりなどを実際に手に取って観察できるコーナーも。薬草の利用方法を学んだり、自然の造形美に感嘆したりと、子どもはもちろん大人も楽しめる。

入館無料の館内には休憩スペースもあり、誰でも気軽に利用できる 入館無料の館内には休憩スペースもあり、誰でも気軽に利用できる

また、火山としての富士山や湧水の仕組み、忍野村の暮らしと伝統行事についても紹介している。クイズ形式で展示を行うなど、楽しみながら学べる工夫も。要望に応じてスタッフが解説をしてくれたり、自然素材を使ってリースなどを作るクラフト教室も開催しているので、希望する人は問い合わせてみよう。

木の葉や実などの自然物を装飾として活用する参考にもなる 木の葉や実などの自然物を装飾として活用する参考にもなる

森に囲まれた公園で水とたわむれる

公園のすぐ脇には山中湖を源流とする桂川が流れる。園内には2つの施設を囲むように芝生広場が広がり、人工の小川や池、富士山の地下水を利用した噴水が整備されている。ローラーすべり台やザイルクライミングなどの大型遊具もあり、また夏は池で水遊びをする多くの子どもたちで賑わう。自然豊かな公園にはリスや野鳥もやってくる。あずまややベンチがあるので、四季折々の風景を眺めながらピクニックを楽しんだり、鳥のさえずりを聴きながらくつろぐのもいいだろう。

子どもたちの水遊び場所として人気の「じゃぶじゃぶ池」 子どもたちの水遊び場所として人気の「じゃぶじゃぶ池」

噴水から湧き出る水は富士山由来の地下水を利用したもの 噴水から湧き出る水は富士山由来の地下水を利用したもの

スポット詳細

住所
山梨県南都留郡忍野村忍草3098-1
電話番号
0555847261
時間
9:00-17:00
休業日
火(祝の場合は翌日)、12/28-1/1
駐車場
有(100台)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          山中湖周辺エリアのおすすめスポット

          山梨のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました