NAVITIME Travel

冒険の旅に出かけよう!探検気分を味わえる日本各地の洞窟17選

ひとことで「洞窟」と言っても、日本各地には個性豊かな洞窟がたくさんあります。自然にできたものから、人の手が入ったもの、大きさも長さもそれぞれ違っていてびっくり!ドキドキの冒険気分も味わえる個性豊かな日本の洞窟をご紹介します。

天然記念物指定の洞窟や鍾乳洞などをはじめとする、日本国内の洞窟まとめ
  • 桃太郎もやってきた?!「鬼ヶ島大洞窟」

    桃太郎伝説がある香川県女木島の鬼ヶ島大洞窟。長さは約400m。紀元前100年頃に人の手で作られたとも言われ、亀の甲天井では岩の割れ目と凝灰岩の層をくりぬいたノミの跡が見られます。洞窟内にはおとぎ話そのままな鬼の置物に鬼の大広間や居間、鬼の宝物もあり、洞窟の最後には鬼大将の部屋も。洞窟を進めば気分はすっかり桃太郎!

    「鬼ヶ島大洞窟」こんな鬼のオブジェが!

    「鬼ヶ島大洞窟」こんな鬼のオブジェが!

    鬼ケ島大洞窟
    住所
    香川県高松市女木町2633
    電話番号
    0878409055
    備考
    【URL】http://www.onigasima.jp/index.html
  • キラキラと輝く鍾乳洞・沖永良部島「昇竜洞」

    沖永良部島にある昇竜洞は、全長3,500mもある大規模な鍾乳洞です。方解石という小さな結晶が含まれる壁面がキラキラ輝く美しさが見所。天上から垂れ下がる鍾乳石やクリームのようなフローストーンは全国でも最大級。叩くと長さや幅などの違いで音叉のような澄んだ音を出す鍾乳石は大変珍しく「音楽堂」と名付けられているなど多彩な見どころがあります。

    なかなかお目にかかれない!「昇竜洞」の鍾乳石

    なかなかお目にかかれない!「昇竜洞」の鍾乳石

    昇竜洞
    住所
    鹿児島県大島郡知名町住吉字吉野平川1520
    電話番号
    備考
    【URL】http://www.town.china.lg.jp/modules/sangyou/index.php?content_id=6
  • 東京都内にある関東最大の「日原鍾乳洞」

    奥多摩の自然豊かな中に日原鍾乳洞はあります。秩父古生層の石灰岩が地下水で溶かされてできた自然洞窟でスケールは関東一!ぐるりと一回りするのに約40分かかるほど。巨大なカエルを思わせるガマ岩や荘厳な雰囲気の白衣観音など、幻想的な景観はまるで別世界。自然の音を奏でる水琴窟は、鍾乳洞を作り上げる音のよう。

    東京だと思えない!「日原鍾乳洞」で冒険体験

    東京だと思えない!「日原鍾乳洞」で冒険体験

    日原鍾乳洞
    住所
    東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
    電話番号
    0428838491
    備考
    【URL】http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html
  • 海岸の絶壁に荒波が掘りぬいた「三段壁洞窟」

    三段壁洞窟は海賊の舟隠し場だったと伝わる洞窟です。三段壁洞窟のある三段壁は高さ60mの柱状の大岩壁。そこに波の浸食でできた海蝕洞は地底36mに広がっています。波の模様が美しく現われている天上岩盤は必見の価値あり!潮吹き岩ではくじらが潮を吹いているように岩から海水が吹き上がる珍しい光景が見られます。

    神秘的な「三段壁洞窟」

    神秘的な「三段壁洞窟」

    三段壁洞窟
    住所
    和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
    電話番号
    0739424495
    備考
    【URL】http://sandanbeki.com/
  • 地底の川を沢登りする「千仏鍾乳洞」

    まさに探検している感を味わえる北九州にある千仏鍾乳洞。長い間、平尾台のカルスト台地に降った雨水でつくられたものです。天井から下がる鍾乳石は日本一。全長は不明ですが1200mまで入れ往復40分ほど。480mから先は地下の小川の中をジャブジャブ歩いて探検気分!見所のひとつ「初音乳」は天井からのびる鍾乳石を間近で楽しめます。

    「千仏鍾乳洞」

    「千仏鍾乳洞」

    千仏鍾乳洞
    住所
    福岡県北九州市小倉南区平尾台3-2-1
    電話番号
    0934510368
    備考
    【URL】http://www.senbutsu-cave.com/index.html
  • 吸い込まれるような地底湖をたたえる「龍泉洞」

    日本三大鍾乳洞の一つ、岩手県の龍泉洞。奥底まで透き通る地底湖が一番の見所で洞窟内の地底湖はすべて水中がライトアップされています。どこまでもコバルトブルーに澄んだ水はとても幻想的!観光コースの最終地第三地底湖は水深98mもあり、覗き込むと引き込まれそうな感覚に。思わずカメラなどを落とさないように。

    「龍泉洞」

    「龍泉洞」

    龍泉洞
    住所
    岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
    電話番号
    0194222566
    備考
    【URL】http://www.iwate-ryusendo.jp/top.php
  • 鍾乳洞の岩肌を登る冒険コースが楽しめる「秋芳洞」

    秋吉台の南側のふもとにある東洋屈指の大鍾乳洞。高さ20m幅8mで長さは8,700m、見学できる長さは約1000mです。洞内には鍾乳石や石筍、石灰華などがたくさんあり、百枚皿、巌窟王や黄金柱の姿は見事!
    青天井付近から岩肌を登っていくコースもあり、鍾乳石の間をすり抜けることも!ドキドキのプチ探検を楽しんで!

    「秋芳洞」圧巻の百枚皿!

    「秋芳洞」圧巻の百枚皿!

    秋芳洞
    住所
    山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
    電話番号
    備考
    【URL】http://akiyoshido.karusuto.com/
  • 幻想美とファンタジー!鍾乳石の多さは東洋イチ「あぶくま洞」

    福島県田村市にある「あぶくま洞」。
    全長600mの洞内には、数多くの鍾乳石が!種類も数も東洋一とも言われるほど。
    公開部分最上層である、高さ29mの「滝根御殿」は最大のみどころスポット。圧巻の鍾乳石群に感動すること間違いなし!
    丸太の梯子や飛び石を渡る「冒険コース」は一見の価値アリ。

    「あぶくま洞」

    「あぶくま洞」

    あぶくま洞
    住所
    福島県田村市滝根町菅谷字東釜山1番地
    電話番号
    0247782125
    備考
    【URL】http://abukumado.com/

    更新日:2018/12/10

  • 洞窟探検とアウトドアが楽しめる「質志鍾乳洞」

    「質志鍾乳洞」は、京都府唯一の鍾乳洞。
    全長52.5mの高低差が大きい竪穴型で、曲がりくねった路の洞内は洞窟探検気分を盛り上げます!
    垂直な梯子を使って上り下りすることが多く、スリリングな洞窟です。

    「質志鍾乳洞」

    「質志鍾乳洞」

    質志鐘乳洞公園
    住所
    京都府船井郡京丹波町質志
    電話番号
    0771861725
    備考
    【URL】https://www.town.kyotamba.kyoto.jp/0000000297.html
  • 20万年もの時が作り上げた自然美「石垣島鍾乳洞」

    20万年もの時をかけて自然が生んだ、石垣島最大の鍾乳洞。
    全長3.2kmのうち、約660mが公開されています。
    美しい鍾乳石らは、まるで神々の彫刻のような、神秘的な美しさ。
    鍾乳洞イルミネーションはとってもファンタジック!トトロの鍾乳石はフォトスポットとしても人気です。
    遥か昔、海底であったこちらでは、シャコ貝などの化石も見ることができます。

    「石垣島鍾乳洞」

    「石垣島鍾乳洞」

    「長寿の湖」

    「長寿の湖」

    石垣島鍾乳洞
    住所
    沖縄県石垣市石垣1666
    電話番号
    0980831550
    備考
    【URL】http://www.ishigaki-cave.com/
  • 竜宮城を思わせる神秘の美しさ「面不動鍾乳洞」

    奈良県・洞川温泉の近くにあるこちら。
    ライトアップが各所に施されており、ファンタジックな光彩と珍しい形の鍾乳石を楽しむことができます。
    山の中腹にあるので、眺めも抜群。上りは急な傾斜のため、丸太モノレールで向かうのがおすすめ。

    「面不動鍾乳洞」

    「面不動鍾乳洞」

    面不動鍾乳洞
    住所
    奈良県吉野郡天川村洞川678-89
    電話番号
  • 2億5千万年前の石灰岩地帯に形成!東海地方最大級「竜ヶ岩洞」

    静岡県浜松市にある、全長1,000mを超える東海地方最大級の鍾乳洞。
    見学ポイントも約50か所と見どころ満載。
    落差約30mを誇る、日本国内でも最大級の地底滝「黄金の大滝」は圧巻!
    各所ライトアップもされており、幻想的な空間です。
    狭めの細長い路が続く洞内は、まるでロールプレイングゲームのダンジョンのよう。

    「竜ヶ岩洞」

    「竜ヶ岩洞」

    竜ヶ岩洞
    住所
    静岡県浜松市北区引佐町田畑193
    電話番号
    0535430108
    備考
    【URL】http://www.doukutu.co.jp/
  • 夏でも溶けない氷柱や音の反響しない内部…不思議発見!天然記念物①「富岳風穴」

    青木ヶ原樹海の雄大な自然に囲まれた「富岳風穴」は国の天然記念物にも指定されている、歴史的にも価値がある横穴型洞窟です。
    横穴型は、お子さんやご年配の方も歩きやすいのでファミリーで訪れる洞窟としてもおすすめ。
    内部は、洞窟ならではの音の反響がなくびっくり!
    これは壁の玄武岩質が音を吸収するからなんだとか。他にも、夏でも溶けない氷柱や溶岩棚など好奇心そそられるみどころが盛りだくさんです。

    「富岳氷穴の氷柱」

    「富岳氷穴の氷柱」

    富岳風穴
    住所
    山梨県南都留郡富士河口湖町西湖青木ケ原2068-1
    電話番号
    0555852300
    備考
    【URL】http://www.mtfuji-cave.com/contents/wind_cave/
  • ワクワクドキドキのアドベンチャーワールド!天然記念物②「鳴沢氷穴」

    青木ヶ原樹海の東の入口に位置する「鳴沢氷穴」。先に紹介した「富岳風穴」と並んで、富士山麓を代表する溶岩洞窟のひとつで天然記念物指定のスポット。
    竪穴環状形で、内部を一周することができるので天然のアドベンチャー・アトラクションのよう!
    天井からしみ出した水滴が落ちて凍るを繰り返して出来上がった氷柱は見どころ。まさに自然の芸術です。

    「鳴沢氷穴の氷柱」

    「鳴沢氷穴の氷柱」

    鳴沢氷穴
    住所
    山梨県南都留郡鳴沢村8533
    電話番号
    0555852301
    備考
    【URL】http://www.mtfuji-cave.com/contents/wind_cave/
  • 日本海の荒波が作った「巌門洞窟」

    景勝地・能登金剛を代表する巌門は、日本海に突き出した岸壁に荒波で侵食されてできた幅6m、高さ15m、奥行き60mの巨大な洞門です。老松の生い茂る巌門洞窟の入口と洞門はつながっており、石造りの階段で薄暗い洞窟に降りて行くのはちょっぴりわくわく!
    洞窟を通り抜けると巨大な巌門と日本海の雄大な景色に声を上げるのも忘れてしまうほどです。

    「巌門洞窟」

    「巌門洞窟」

    「巌門洞窟」の入口。冒険のはじまりを予感させます。

    「巌門洞窟」の入口。冒険のはじまりを予感させます。photo By Kentaro Ohno from flickr

    巌門
    住所
    石川県羽咋郡志賀町富来牛下巌門
    電話番号
    備考
    【URL】http://shikakankounavi.jp/sea_03_ganmon.html
  • 霊験あらたかな弘法大師ゆかりの「岩屋山洞窟」

    地元で「岩屋さん」と呼ばれ親しまれている佐渡市岩屋山洞窟。ここは霊場としても霊験あらたか。鬱蒼と生い茂る木立に囲まれ、昼なお暗き石畳の参道を登った先にある洞窟の入り口は少し不気味で、灯のない洞窟の中は真っ暗。ですが洞窟内には、壁面に弘法大師作と言われる磨崖仏が刻まれており、独特の雰囲気と信仰の深さに驚くことでしょう。

    画像は「岩屋山洞窟」の神社。雰囲気たっぷり!

    画像は「岩屋山洞窟」の神社。雰囲気たっぷり!photo By asobi tsuchiya from flickr

    岩屋洞窟
    住所
    新潟県佐渡市宿根木
    電話番号
    備考
    【URL】https://www.visitsado.com/spot/detail0118/
  • 神話の舞台となった伊平屋島「クマヤ洞窟」

    沖縄県伊平屋島にあるクマヤ洞窟は「天の岩戸伝説」の最南端地。入り口の狭い岩の裂け目から身をよじらせて中へ。岩に開いた穴から差し込む光だけの洞内は奥行き44m、高さは6~15mで入り口からは想像できない広さにびっくり!
    天照大神の神話に想いを馳せれば、緑や紫を帯びた硬いチャート岩もどこか神秘的に見えてきます。

    「クマヤ洞窟」の幻想的な光景。

    「クマヤ洞窟」の幻想的な光景。photo By Tetsuji Sakakibara from flickr

    クマヤ洞窟
    住所
    沖縄県島尻郡伊平屋村田名
    電話番号
    0980462001
    備考
    【URL】http://www.churashima.net/shima/iheya/l_20011112_1/index.html
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事