秋芳洞

洞窟

日本最大級の鍾乳洞で自然の造形美を楽しむ

山口県美祢(みね)市に位置する秋吉台の地下100mには、数多くの洞窟が広がっており、その代表格が特別天然記念物の秋芳洞だ。中に入ると、四季を通じて気温17℃。夏は涼しく、冬は暖かな環境で迫力ある奇岩の造形美を楽しめる。山口を訪れたらはずせない観光地だ。

洞窟の入り口は幽玄の世界 洞窟の入り口は幽玄の世界

巨大な洞窟で自然の造形美に感動する

日本最大級の鍾乳洞・秋芳洞は、秋吉台国定公園の南麓にある。正面入り口「秋芳洞案内所」から入り、杉木立のなかを進むと、清流に架かる屋根付きのボードウォークがあり、その先が洞窟の入り口となる。洞内に設定された観光コースは約1kmだが、洞窟の総延長は10.7kmを超え、国内第2位を誇る。長いだけでなく、最大幅約80m、高さの最大は約35mという巨大な空間だ。洞内は明るくライトアップされており、岩石の姿形をはっきりと眺められる。その造形は一様ではなく、洞内を進んでいくにつれて、バリエーション豊かな景色を楽しむことができる。それらを眺めていると、約1kmの道のりが意外と短く感じられるかもしれない。

土産店の立ち並ぶ先に正面入り口「秋芳洞案内所」がある 土産店の立ち並ぶ先に正面入り口「秋芳洞案内所」がある

1952年(昭和27)、国の特別天然記念物に指定された。秋芳洞案内所の先に碑が立っている 1952年(昭和27)、国の特別天然記念物に指定された。秋芳洞案内所の先に碑が立っている

洞内の各所に必見スポットが点在

洞内に入ると最初はゆるやかな上りが続き、やがて鍾乳石が棚田のように広がる「百枚皿」に至る。水に溶けた石灰の成分が皿のような形に固まった石灰華段丘で、実際は500枚以上が連なる。車いすの人は介助者同伴でここまで来ることが可能。その先は数段の階段を上ったり、下ったりしながら、「千町田」へ。畝のようなやわらかな曲線が特徴で、百枚皿とはまた異なる眺めを楽しめる。

たくさんの皿を並べたように見えることから名づけられた「百枚皿」 たくさんの皿を並べたように見えることから名づけられた「百枚皿」

霧に包まれた幻想的な「千町田」。奥に見えるのは細長い鍾乳石が天井から下がる「傘づくし」 霧に包まれた幻想的な「千町田」。奥に見えるのは細長い鍾乳石が天井から下がる「傘づくし」

階段を一気に上ると、長さ200m、幅95m、高さ35mの洞内で最も広い空間「千畳敷」にたどり着く。少し先には「黄金柱」と呼ばれる、高さ約15m、幅約4mの巨大な鍾乳石の柱がそびえ、洞内を代表する見どころとなっている。さらに進むと再びゆるやかなこう配になり、「巌窟王」「くらげの滝のぼり」「五月雨御殿」など、それぞれ特徴ある鍾乳石の見どころが続く。「3億年のタイムトンネル」の先が、出口の「黒谷案内所」だ。トンネルの壁面には秋吉台の変化や人類の進化が描かれている。鍾乳洞が経てきた悠久の時に思いを馳せながら出口に向かおう。

岩壁を伝って流れる水の石灰分が付着してできた「黄金柱」は、秋芳洞のハイライト 岩壁を伝って流れる水の石灰分が付着してできた「黄金柱」は、秋芳洞のハイライト

再入場も可能。3つの出入り口を活用しよう

秋芳洞の出入り口は全部で3か所。正面入り口の「秋芳洞案内所」、出口の「黒谷案内所」、そしてエレベーター入り口の「秋吉台案内所」だ。黒谷案内所から入り、秋芳洞案内所に出るという逆ルートをたどることもできる。また、秋吉台案内所からエレベーターで地下に降りると、千畳敷の近くに行くことができる。いずれの出入り口にも、秋芳洞循環バスのバス停があり移動しやすい。バスは秋芳洞案内所の近くにある秋吉台観光交流センター(バスセンター)を起点に約15分で循環するが、運行間隔は1時間に1、2本なので、事前に時刻表を調べておくといいだろう。また、秋吉台かるすとタクシーで移動するという選択肢もある。なお、秋芳洞はチケットを提示すれば再入場が可能。エレベーターでいったん鍾乳洞を出て、徒歩5分の場所にあるカルスト展望台を見学してから、再び入場するのもいい。

「3億年のタイムトンネル」の壁面には秋吉台の移り変わりや人類の進化を表す絵が描かれている 「3億年のタイムトンネル」の壁面には秋吉台の移り変わりや人類の進化を表す絵が描かれている

スポット詳細

住所
山口県美祢市秋芳町秋吉
電話番号
0837620305
時間
[12-2月]8:30-16:30
[3-11月]8:30-17:30
休業日
無休
料金
【入洞料】
[大人]1,300円
[中学生]1,050円
[小学生]700円
駐車場
あり(570台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、au WALLET、PayPay、LINE Pay、メルPAY、d払い、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
【夜】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
可(秋芳洞正面入口から300メートル可)
乳幼児の入店
ペットの入店
可(抱っこ、またはバッグに入れられる場合は可)
雨の日でも楽しめる
はい(通路冠水時は部分的、全入洞不可の可能性あり)
備考
※黒谷入口 ・エレベーター入口からの入洞は16:30まで。

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          美弥市(秋吉台)・宇部市エリアのおすすめスポット

          山口のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました