NAVITIME Travel

乗鞍岳

北アルプスの南端に位置する、23の峰と7つの湖と8つの平野がある「乗鞍岳」。主峰は標高3026mの「剣ヶ峰」。標高2700mの「畳平」まではルートが2つあり、長野県側の乗鞍高原から県道乗鞍線山頂から登るルートと、岐阜県平湯から乗鞍スカイラインで入るルートがある。2つのルートともシャトルバス利用可。「畳平」付近には高山植物のお花畑が広がっており、きれいな花を眺めながら登山を楽しむことができる。秋は紅葉のスポットとしても人気の場所。「畳平」から山頂までは約1時間30分ほど。山頂はアルプスの山々が一望でき圧巻の眺めだ。

place

岐阜県高山市丹生川町岩井谷

おすすめ記事

詳細情報

住所

岐阜県高山市丹生川町岩井谷 [地図]

コース1
雲上コース
畳平をスタートして剣ヶ峰に向かい、肩ノ小屋口バス停に下るルート。見所は勿論、乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰。山頂から御嶽、槍・穂高連峰・白山が見られ、360度のパノラマは一見の価値あり。ここまで行かないと見られない、高山植物・季節外れの雪・360度の山並みや雲海、本当の天空を味わえる。バスの移動では急激に標高が変化するため、高山病に注意。剣ヶ峰-肩ノ小屋バス停間は岩場で落石が起きやすい。
コース2
天空のパワースポットコース
肩ノ小屋口バス停から位ヶ原山荘前バス停までを下るルート。歩き始めて最初のうちは足元の岩場に注意。乗鞍岳の開山者の石碑「宝徳霊神祭祀場」を見て、谷間から山波を見て、コウノリサマ祭祀場からの展望を見て、と、力が湧いてくるコース。2つ目の登山道を下り見晴らしのよいところに出ると、突然視界が広がり、槍・穂高連峰が見える。天候によっては午前10時頃まで車道や位ヶ原山荘付近で幻想的な山波や雲海が見えることも。
コース3
冷泉とこもれびコース
位ヶ原山荘前バス停から冷泉小屋、名もない滝、こもれびの路を抜けて摩利支天バス停へ向かうルート。見所は、昔冷泉を沸かし入浴すると病気が治るとされ、冷泉を祀る薬師如来も安置されている冷泉。常時あるわけでなく、雨が降らないと見られない名もない滝も貴重な景色。7月下旬まで登山道に雪が残っていたり、雪解け水や雨水で川になっていることもあるので、その際は車道を歩こう。熊鈴等の携帯を忘れずに。
コース4
森林浴コース
昔人の作った石仏、自然が創りだした偶然の造形三本滝を楽しみながら、摩利支天バス停から三本滝バス停までを歩くプラン。車道と別ルートになるため、コースから外れて遭難しないように注意。足元の木の根にもまた注意が必要。鈴蘭地区と三本滝の分岐を過ぎた橋への下りは滑りやすく歩きにくいため注意する。「三本滝」長野県の名勝で、日本の滝百選の一つ。三筋の滝が集まり豪快な水しぶきを上げていて圧倒する。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          岐阜 の主要エリア

          around-area-map

          日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

          関連する記事

          関連する観光コース

          岐阜の写真集