本土寺

寺院

千葉を代表するアジサイのスポット

5万本以上のアジサイに境内が埋め尽くされる様子は、千葉を代表する初夏の風物詩として、多くのメディアに取り上げられる。春の桜、秋の紅葉も有名で、一年を通じてさまざまな色彩と出合える美しい寺。

5月下旬-6月下旬がアジサイの見頃 5月下旬-6月下旬がアジサイの見頃

心安らぐ花の寺へ

日蓮の高弟である日朗が鎌倉時代の1277年(建治3)にお堂を開いたのが起源といわれる寺。江戸時代には多くの数多くの末寺をもつ寺として、多くの人が参拝に訪れていた。その賑わいは今日も健在で、特にアジサイの満開となる6月は、付近の道路が渋滞になるほど多くの人が訪れる。千葉随一のアジサイの名所の見物に来る人だけでなく、日蓮宗の3人の聖人を輩出した地として、日蓮直筆の国指定重要文化財「諸人御返事」「大学三郎御書」を所蔵する場所として、安産・子育てに霊験のある寺院としての参拝者も少なくない。ちなみに本土寺の「本土」とは、お釈迦様がお住まいになるところを意味しているそうで、境内を彩るさまざまな花や草木には、訪れる人に「心の安らぎ」へ導くという祈りが込められている。

高さ18mの五重塔は1991年(平成3)建築の新しい建物 高さ18mの五重塔は1991年(平成3)建築の新しい建物

「あじさい寺」へアジサイ見物

初春の梅に始まり、桜やハナショウブ、フジなど、春先から境内を彩るさまざまな花のハイライトが境内に5万本あるアジサイだ。最盛期には最寄り駅であるJR常磐線北小金の駅から人の流れができているので、迷うことなく寺まで行くことができる。駅北口を出て商店街を3分ほど歩くと並木道の参道が始まる。すでに暑い時期なので日陰を歩けるのはありがたい。そのまま参道を500mほど歩くと境内の入口、仁王門にたどり着く。江戸初期に建てられた朱塗りの門を過ぎれば、そこからは「四季花の寺」とも呼ばれる本土寺の境内。アジサイはもちろんのこと、秋の紅葉も美しい。その先に受付があり、季節によってはここで参拝料を払って入場する。まずは正面に見える本堂にお参りしよう。こちらも仁王門同様江戸初期の造立と伝えられる建物だ。

アジサイの時期には朱色の門が緑に映える アジサイの時期には朱色の門が緑に映える

広い境内を散策

最盛期には右を見ても左を見てもアジサイが咲いているので、自由に散策すればいいが、せっかくなら広い境内をぐるっと回って、美しくデザインされた庭に咲く花々を眺めてみたい。まずは本堂を正面に見て右奥へ。徳川家康の側室で、江戸初期この周辺で最大の小金城の城主となった家康の五男武田(松平)信吉の生母、秋山夫人の墓がある。この辺りには高い木々が茂っていて、木立に囲まれたアジサイを見られる。順路にしたがって竹林を抜けると視界が開け、ハナショウブが咲く池の周りに咲くアジサイが現れる。6月中頃なら、ハナショウブとアジサイの両方を楽しめる。池の周りだけでなく池のなかに造られた歩道からも花を鑑賞できる。日像聖人の生母で「母菩薩」と慕われた妙朗尊尼を祀る妙朗堂や安産・子育てのご利益があるとされる「乳出のご霊水 日像菩薩誕生水の井戸」もこの周りにある。

池のなかに造られた遊歩道をゆっくり歩いて花々を眺めたい 池のなかに造られた遊歩道をゆっくり歩いて花々を眺めたい

乳出のご霊水 日像菩薩誕生水の井戸 乳出のご霊水 日像菩薩誕生水の井戸

季節限定御朱印もいただける

花の密度がいちばん高いのが妙朗堂裏手から受付に戻る遊歩道沿い。日像上人の「日像菩薩像」が祀られた像師堂からまっすぐ延びる参道沿い、瑞鳳門を過ぎて受付に至る道沿いにみっしりとアジサイの株が植えられている。歩行者の渋滞が起こることも多いが、ここは人の流れに乗ってゆっくりの花を眺めてみたい。寺務所ではアジサイの時期限定の御朱印もいただける。アジサイだけでなく、紅葉の美しさも特筆もので、年に数回あるかどうかの雪をかぶった境内の姿も印象的。一年を通じて千葉を代表する「絵になる(映える)」寺といえるだろう。

ゆっくり花を愛でながらマイペースで歩こう ゆっくり花を愛でながらマイペースで歩こう

アジサイの時期に限定の色鮮やかな御朱印がいただける アジサイの時期に限定の色鮮やかな御朱印がいただける

スポット詳細

住所
千葉県松戸市平賀63
エリア
東葛エリア
電話番号
0473462121
時間
[開門時間]5:00-17:00(最終受付16:30)
[参拝時間(有料参拝期間)]9:00-16:30(最終受付16:00)
[寺務所受付時間]9:00-16:30
休業日
年中無休
料金
【参拝料】
[大人(中学生以上)]500円
[小人(小学生)]無料
[団体(20名以上)]400円
[障害者]300円
駐車場
あり
※境内にはなし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
不可(ペットカートに乗せての入場は可)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 最盛期はとてもきれいだと思います。
    4.0 投稿日:2020.12.03
    2020年11月26日に紅葉狩りで訪れましたが、早すぎました。あと1-2週間ぐらい後が良かったかも...。前回は、平日の朝9時に訪れ、無料駐車場にぎりぎり入れた(すぐに満車になる)ので、今回は駅の反対側にある東漸寺から歩いてきました。案の定、本土寺の(無料)駐車場は満車でした。仁王門の脇の紅葉は、色づき始め…とい状態で、500円払って境内に入るかどうか迷ったのですが、せっかくなので参拝。あまり...
  • 本土寺の師走の朝の紅葉狩り
    3.0 投稿日:2020.05.16
    紅葉シーズン12月の9時ごろに訪れました。この日は、五重塔付近の境内はすでに枯れ気味でしたが、弁天堂付近の庭園(順路の最後の部分)と、仁王門あたりが紅葉していました。仁王門は受付の外なので無料で見れます。この時期、菖蒲池(?)は何もなくて寂しい感じなのですね。
  • 本土寺
    4.0 投稿日:2020.05.09
    毎年6月頃になると「あじさい」が咲き始めて、別名、あじさい寺と呼ばれています。 観光バスで来る人もいますが、この時期は、とても混むので、その前か後の方に見学する方が良いと思います。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          東葛エリアのおすすめスポット

          千葉のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました