お座トロ展望列車

観光鉄道(トロッコ等)

2両編成のトロッコ+お座敷・展望列車で行く絶景の旅

鉄道ファンならずとも心が躍る、ダイナミックな渓谷美を楽しめる特別列車。お座敷席、展望席でゆったりくつろぐのも良し、窓なしのトロッコ席から風を受けて大自然を感じるのも良し。

車窓からの美しい景色がずっと続く楽しいイベント列車 車窓からの美しい景色がずっと続く楽しいイベント列車

アトラクション感覚で楽しめるイベント列車

ローカル鉄道の会津鉄道が運行する2両編成の「お座トロ展望列車」。毎年4月から11月に土・日曜を中心に不定期で運行し、会津若松駅から会津田島駅間を1時間30分余りかけて走る。壮大で会津の豊かな渓谷美が車窓から流れるように広がり、絶景を十分に楽しめるように鉄橋の上のビュースポット3か所で停車する。座席はトロッコ席(トロッコ車)、お座敷席、展望席(お座敷・展望車)の3タイプがありお好みの席を整理券購入時に選ぶ。トロッコ席には窓がない(春から秋運行時)ため、太陽や風を十分体感しながら会津の美しい景色をダイレクトに楽しめる。お座敷席は掘りごたつになっているので足を伸ばしてのんびりと。展望席は座面が高くなっているリクライニングシートでのんびりとリラックスできる。

窓のないトロッコ席ではきれいな風を感じながら 窓のないトロッコ席ではきれいな風を感じながら

列車内には売店やポストも完備

トロッコ車内には売店があり、おつまみ、お酒、ソフトドリンクを買える。会津鉄道のオリジナルグッズも販売されている。また丸型の赤い郵便ポストが車内に備え付けられ、車内で購入した絵葉書を投函することができる。郵便局が定期的に回収し、トロッコ列車乗車記念の文字も入った「田島」の消印で郵送される。切手ももちろん車内で販売している。さらに、2020年(令和2)8月から、切符スタイルの乗車証明書ももらえるようになった。日付を入れたい人は列車売店横の日付印字器で印字できるので旅の思い出にいかが。乗車には乗車券のほかに整理券(320円)が必要。運行日、運転時間はウェブサイトで事前にチェックを。

イベント列車ならではの賑やかな売店がある イベント列車ならではの賑やかな売店がある

風光明媚な景色を見せてくれるかわいい2両編成 風光明媚な景色を見せてくれるかわいい2両編成

停車する駅もそれぞれに味わいがある(湯野上温泉) 停車する駅もそれぞれに味わいがある(湯野上温泉)

沿線には見どころスポットが盛りだくさん

お座トロ展望列車が走る沿線には会津ならではの魅力的な場所が多い。千年以上の歴史をもち渓谷沿いに大きな旅館が並ぶ「芦ノ牧温泉」、茅葺屋根の駅舎がレトロでかわいらしく日帰り温泉のある宿の多い「湯野上温泉(ゆのかみおんせん)」、川底から隆起した地層が悠久の時を経て巨大な奇岩となった景勝地「塔の岪(へつり)」や、江戸時代の宿場町で茅葺き屋根の集落が今に残る山間の「大内宿」など、南会津の美しいビューポイントがめじろ押し。季節ごとにお好みの席を変えて乗車し、車窓の変化を味わうのも楽しい。

途中駅で下車してみるのも。湯野上温泉駅には足湯がある 途中駅で下車してみるのも。湯野上温泉駅には足湯がある

スポット詳細

住所
福島県会津若松市材木町1-3-20
電話番号
0242285886
時間
時刻表参照
休業日
運行日注意
料金
[トロッコ整理券]大人320円、小人160円
※上記+乗車する区間の乗車券
駐車場
あり※駅による
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
ペットの入店
可(お問い合わせください)
備考
整理券は乗車1ヶ月前から会津鉄道の有人駅・旅行代理店等で販売いたします。

【運行期間】
4月中旬-11月中旬の土日祝、GW、夏休み
(※10月中旬-11月初旬は毎日運行)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          大内宿・南会津エリアのおすすめスポット

          福島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました