大内宿・南会津

OUCHI-JUKU / MINAMIAIZU

茅葺屋根の宿場町をゆっくり散策&温泉でのんびり

会津若松の中心地から車で1時間ほど南下したエリア。会津鉄道の走る南会津には、中心地の街歩きとは異なる五感をうるおすような魅力がある。特に30軒ほどの茅葺き屋根の民家が並ぶ大内宿は目玉。今に残る宿場町をのんびり歩きながらの集落の人々との出会いが楽しい。名物の高遠そばや地元の素朴な和菓子も、のどかな景色と一緒に味わえる。また美しい自然豊かな大川渓谷沿いの芦ノ牧温泉、心温まる素朴な宿の多い湯野上温泉、宿のおもてなしでくつろぐも良し、日帰り温泉でゆったり過ごすのも良し、お好みに合わせて選びたい。ちなみに茅葺き屋根の湯野上温泉駅には囲炉裏もあり昭和レトロがぎゅっと詰まっている。隣の塔のへつり駅から徒歩5分、奇岩の景勝地、塔のへつりでは迫りくる大自然の造形美に圧倒。またこのエリアは、不定期だが土・日曜を中心に運行する会津鉄道のお座トロ列車が楽しい。トロッコ席やお座敷席からのんびりと車窓の眺めを楽しめる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    大内宿
    タイムトリップしたような宿場町は懐かしい温もりであふれている
    下野(しもつけ)街道の両側に茅葺き屋根の家がずらりと並ぶ光景が圧巻の大内宿。江戸時代の宿場町が1981年(昭和56)、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定。宿内すべての店と施設が村人たち自身によって営まれている。
    いちばん突き当たりにある見晴台からの大内宿
  • spot 02
    三澤屋
    殿様が伝えた信州の高遠そばを長ネギ1本で上手にいただく
    信州で育ち、のちの高遠藩主でもある保科正之はそば好きで知られ、1643年(寛永20)に会津の初代藩主になると信州からそば職人を一緒に連れてきたほど。以来、大根おろしの絞り汁とそばだれを合わせて食べるそばが、広く会津に広がり「高遠そば」(たかとおそば)と呼ぶようになった。大内宿にはそば店が多く、店ごとに工夫を凝らしたそばメニューがある。この三澤屋では、十割そばに長ネギまるごと1本を添え、箸代わりと薬味代わりにして食べるなんとも大胆な高遠そばが人気。辛味好きはネギの緑の部分まで食べてしまうそう。そば以外に一品料理のほか栃餅やくるみ餅などのデザートも楽しめる。畳の座敷に囲炉裏のある店内は心が安まるあたたかい雰囲気。建物2階の窓から眺める景色は、季節の移ろいが美しく、窓枠が額縁代わりの絵のように見えて季節ごとに楽しめる。
    シンプルなそばの風味がネギの香りと絶妙に合う[写真提供:三澤屋]
  • spot 03
    南仙院本家
    家庭の味、揚げまんじゅうをそば粉でアレンジ
    大内宿のグルメといえばそばが有名だが、餅、きんつば、会津名物のしんごろうなどのおやつを食べられる店もたくさんある。もちろんどれも手作りだ。会津の家庭ではまんじゅうの天ぷらがおもに仏事のときなどによく作られているそうだが、大内宿のなかほどにある南仙院本家では、そば粉の天ぷらまんじゅうを味わえる。シンプルで揚げたてがおいしく、大内宿の人気の一品。2000年(平成12)頃からこのまんじゅうを観光客向けに販売している。そば粉を水で溶き、まんじゅうにからめて油で揚げたもので、多い日には500個以上売れるという。そば粉は店主長沼さんの畑で採れるそばから作られたもの。持ち帰りもできるが、その場ですぐに食べるのがおすすめ。衣のあっさり感と餡の甘さのバランスがちょうど良い加減でおいしく小腹が満たされる。
    そばの香りが味わい深い、温かいまんじゅう
  • spot 04
    お座トロ展望列車
    2両編成のトロッコ+お座敷・展望列車で行く絶景の旅
    鉄道ファンならずとも心が躍る、ダイナミックな渓谷美を楽しめる特別列車。お座敷席、展望席でゆったりくつろぐのも良し、窓なしのトロッコ席から風を受けて大自然を感じるのも良し。
    車窓からの美しい景色がずっと続く楽しいイベント列車
  • spot 05
    湯野上温泉駅
    丸型ポストや伝言板、レトロ感あふれる茅葺き屋根の駅舎
    会津鉄道の湯野上温泉駅は、昭和の雰囲気を愛する人にはたまらない。撮影したくなる場所が盛りだくさんだ。駅入り口横には丸型郵便ポスト、改札横には木製の昔懐かしい伝言板、ホームに出れば緑の山に向かって延びる線路と茅葺き屋根を一緒にフォーカスできる絶好のスポットも。小さい駅構舎内にはなんと囲炉裏があり、少量ながら野菜や果物も販売されている。切符販売所と観光案内所を兼ねるカウンターには葉書やキーホルダーなどの会津鉄道グッズが所狭しと並べられ、コーヒーや甘酒も注文できる。駅横には親子地蔵尊の見守る足湯「親子地蔵尊の湯」があり、のどかな景色を眺めながらリラックスできる。昔懐かしい温かさが満ちている湯野上温泉駅には、会津線のイベント列車「お座トロ展望列車」が停車するが、下車しての撮影時間はないので注意したい。
    かわいい駅舎には撮影スポットが多くて楽しい
  • spot 06
    芦ノ牧温泉
    山ふところに抱かれた渓谷美の温泉地で湯巡り、足湯巡り
    会津若松市中心地から車で約30分、千数百年の歴史をもつ山に囲まれた温泉地。『鬼滅の刃』に登場するシーンにそっくりだと話題の老舗宿(大川荘)のラウンジを見に訪れる観光客も多い。
    自然に囲まれた大川渓谷沿いに宿が並ぶ
  • spot 07
    大川荘
    美しい老舗宿のぜいたくな空間がアニメに登場して話題沸騰
    大川の渓流沿いに建つ白い館の大川荘は、芦ノ牧温泉で2番目に大きな宿だ。渓谷の大パノラマと渓流の流水音が心地良い絶景露天風呂、内湯、足湯に加え、岩塩を用いた「ピンクソルトサウナ」(男性用)や何度でも自由に利用できる「麦飯石(ばくはんせき)寝転びサウナ」(女性用)が人気。入浴のみでも利用可能だが、日帰り入浴と昼食をセットにしたプランも好評。老舗宿がもてなす素材にこだわった会席料理は彩り美しく絶品。また大川荘では館内中央の吹き抜けの空間が話題を集めている。階段の配置、赤い絨毯が敷かれた浮舞台、そして毎日の三味線演奏までがアニメ『鬼滅の刃』の劇中シーンにそっくりだという。ひと目見たいと遠路訪れるお客さんも多いそう。常に新しいことに挑戦する大川荘は、土産の開発にも力を入れている。上品な甘さで口当たりの良い「会津山塩プリン」やビーフたっぷりの「芦ノ牧温泉カレー」などオリジナル商品が人気だそう。
    絶景露天風呂の湯浴みは至福のときと最高のリラックス
  • spot 08
    塔の岪
    100万年以上かけて自然がつくった断崖のアート岩
    会津鉄道の塔のヘつり駅から徒歩5分。車なら湯野上温泉から10分ほどで到着する「塔の岪(とうのへつり)」は国の天然記念物指定の景勝地。地元の言葉で「川に沿った断崖」を意味する「へつり」が塔のようにせり出して、鷲、象、烏帽子などの形に見えることから名づけられている。これらの奇岩は、100万年以上前の凝灰岩が河底の地層の地盤隆起にともない、風雨にさらされ、やわらかい部分がへこみ、硬い部分がひさしのように張り出し、さらには縦の方向へも浸食が進んだため何層にもなって現在見られる塔状の形になったという。搭状の奇岩は全部で10塔。対岸に行くには緑色に見える大川に架かる吊り橋を渡っていく。断崖下の洞窟に祀られた虚空蔵菩薩は807年(大同2)創建と伝えられ、歴史を感じさせる。帰りには入り口横の土産ショップに立ち寄りたい。猫が好きなまたたびの木など珍しい土産物が見つかりそう。冬期は安全のため吊り橋は通行止めになる。
    奇岩の魅力は太古ロマン。時間と自然のなせる技と夢
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    見どころが点在するのでなるべく多くの地域をまわりたい場合には車が便利。ただしこのエリアの観光スポットの多くは会津鉄道の駅から歩ける距離。ほかに駅から1時間に数本ずつバスが出ておりアクセスにそれほど困らない。芦ノ牧温泉は駅からタクシーで7分。会津若松駅からバスも出ている。

  2. その2

    芦ノ牧温泉には緑のなかに遊歩道があり、塔のへつりは吊り橋を渡ったり、崖下の狭い場所を歩くので歩きやすいシューズを用意したい。

  3. その3

    お座トロ展望列車では車内でアルコールやおつまみ、ソフトドリンクなどの販売があるが、自分で持ち込むこともできる。

  4. その4

    大内宿の食事処は限られるため、昼食時は店が混雑する場合がある。目的の店がある場合は予約していくと良い。

recommend spot

関連記事

記事一覧

福島のその他のエリア

+ -
back
open

大内宿・南会津エリア