萌黄の館

歴史的建造物

細部まで趣向を凝らした、やわらかく気品あるグリーンの洋館

実は館の本当の正面は反対側 実は館の本当の正面は反対側

「風見鶏の館」を背にすると、右手に淡いグリーンのかわいらしい洋館が顔をのぞかせている。1903年(明治36)にアメリカ総領事ハンター・シャープ氏の邸宅として建築された「萌黄の館」は、下見板張りと呼ばれる横に長い板材を張った外壁と、形の異なる2つのベイ・ウインドー(張り出し窓)が特徴的。その名のとおり、萌黄色(淡いグリーン)の外壁に包まれていて、どこかやわらかい雰囲気をもつ異人館だ。館内に入ると広がる玄関ホールは、アラベスク風の装飾が施された直線的な階段がパッと目をひく。さらに2階の各部屋に設けられた暖炉は、部屋ごとに模様が異なるマントルピースのタイル装飾が美しく、よく見ると壁の色とコーディネートされている。またベランダからは、神戸の美しい街並みを見渡せるが、昔の窓ガラスは、向こう側が歪んで見える。ところどころ現代のガラスもあるので、見比べてみるのも楽しい。

室内の壁も萌黄色でやさしい雰囲気 室内の壁も萌黄色でやさしい雰囲気

部屋ごとに色も模様も異なる暖炉のタイル 部屋ごとに色も模様も異なる暖炉のタイル

窓の装飾もかわいく人気の写真スポット 窓の装飾もかわいく人気の写真スポット

スポット詳細

住所
兵庫県神戸市中央区北野町3-10-11
電話番号
0788555221
時間
9:30-18:00
休業日
2月第3水とその翌日
料金
[入館料]400円
※高校生以下、65歳以上の神戸市民、障害者手帳の交付を受けている方等は無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          神戸市中心部エリアのおすすめスポット

          兵庫のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました