今熊野観音寺(観音寺)

寺院

東山の静寂なる空間で「頭の観音様」に願いを伝える

十一面観音を本尊とする泉涌寺の山内寺院。西国三十三所観音霊場の第15番札所として、年間を通じて多くの参拝者が訪れる。平安時代末期の後白河法皇にちなむ頭痛平癒のご利益でも信仰される。新緑や紅葉も美しい。

1712年(正徳2)に再建された本堂と、山上に建つ平安様式の多宝塔 1712年(正徳2)に再建された本堂と、山上に建つ平安様式の多宝塔

ご利益を願って多くの巡拝者が足を運ぶ

泉涌寺の総門をくぐり、大門に至る参道を歩いていく途中、東へ向かう分かれ道が現れる。この道を進んだ先には、渓谷に朱色の「鳥居橋」が架かり、周囲の木々の緑とのコントラストに思わず足を止めてしまうに違いない。その先に位置するのが後白河法皇から「新那智山(しんなちさん)」の号を賜ったという今熊野観音寺だ。「西国三十三所観音霊場」第15番札所をはじめ、「ぼけ封じ・近畿十楽観音霊場」第1番札所、「洛陽三十三所観音霊場」第19番札所、「京都泉山七福神」えびす神、「神仏霊場会」122番と多数の札所になっていることもあり、日々、多数の巡礼者が参拝に訪れている。

今熊野観音寺と泉涌寺の間の谷を流れる今熊野川に架かる鳥居橋 今熊野観音寺と泉涌寺の間の谷を流れる今熊野川に架かる鳥居橋

弘法大師が熊野権現と出合ったと伝わる場所に建つ本堂 弘法大師が熊野権現と出合ったと伝わる場所に建つ本堂

弘法大師が創建した由緒ある寺院

創建は寺伝によると、弘法大師(空海)が熊野権現の化身という老翁から授かった一寸八分の観音像を体内仏とし、みずからが刻んだ十一面観音菩薩をこの地に安置したことに始まるという。本堂に祀られる本尊は秘仏で、その姿を直接拝むことはできないが、同じ姿をした御前立が立たれているので静かにお参りをしよう。本堂前には弘法大師が錫杖をもって岩根を打ったところから湧き出した「五智水(ごちすい)」を井戸水として組み上げる「五智(ごち)の井」があり、こんこんと湧く清水が弘法大師のエピソードを今に伝えている。

子どもを護りはぐくんでくれる「子護弘法大師」。やさしい表情が印象的だ 子どもを護りはぐくんでくれる「子護弘法大師」。やさしい表情が印象的だ

心や体の「ぼけ」を取り除いてくれる観音様

続いて本堂の東側に建つ「大師堂」を参拝しよう。こちらは「東山大師(ひがしやまだいし)」と呼ばれ、弘法大師を信仰する人びとの参拝が絶えない。そんな大師堂の前に凛とした姿でたたずむのが「ぼけ封じ観音」だ。平安時代末期、後白河法皇が長年わずらっていた頭痛の平癒を本尊に祈願したところ、ある夜、枕元に観音様が現れて病める頭に光明を差しかけると、持病の頭痛がたちまち回復したことから、持病治癒や健康長寿、特に頭の健康を叶えてくれる観音様として信仰されている。授与所に用意されている「枕宝布(カバー)」は、観音様が枕元に立たれたことにちなむもので、学問成就やぼけ封じの祈祷がされている。

「ぼけ封じ近畿十楽観音霊場」の第1番札所。ご朱印は本堂の納経所で授与される 「ぼけ封じ近畿十楽観音霊場」の第1番札所。ご朱印は本堂の納経所で授与される

今熊野観音寺の風景が描かれた美しい絵馬。願い事を記して奉納しよう 今熊野観音寺の風景が描かれた美しい絵馬。願い事を記して奉納しよう

自然に包まれて身も心も洗われる

境内は東山のふもとに位置していることから、すがすがしい空気に包まれ心地良い。一帯を覆うカエデの木々は初夏の新緑から始まり、秋の紅葉にいたるまで季節ごとに自然の美しさを感じさせてくれる。泉涌寺はもちろん、東福寺や三十三間堂・智積院からも徒歩圏内。歴史ある名刹でありながら、森林浴を兼ねてゆっくりと訪れたくなる癒やしの雰囲気に満ちあふれた寺院だ。

本堂へと続く階段。自然からのパワーをたっぷりと受け取ろう 本堂へと続く階段。自然からのパワーをたっぷりと受け取ろう

スポット詳細

住所
京都府京都市東山区泉涌寺山内町32
電話番号
0755615511
時間
8:00-17:00
休業日
無休
料金
[拝観料]無料
駐車場
あり(数台に限る)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          伏見稲荷周辺エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました