芬陀院(雪舟寺)

寺院

水墨画家・雪舟が作庭し、重森三玲が復元した鶴亀の庭

雪舟が東福寺を訪ねたときは、芬陀院で寝起きをしていたという 雪舟が東福寺を訪ねたときは、芬陀院で寝起きをしていたという

東福寺の伽藍への入り口となっている日下門を出て西へ進むと、すぐに左手に入り口が見えてくるのが芬陀院だ。元亨年間(1321-1324年)、一條内経(いちじょううちねつ)が定山祖禅(じょうざんそぜん)を招いて創建し、以来、一條家の菩提寺となった。室町時代には水墨画の大家である雪舟が逗留していたことから「雪舟寺」とも呼ばれており、「鶴島」「亀島」の石組を配した方丈庭園の南庭は、雪舟が作庭したと伝わっている。江戸時代中期の火災などにより一部荒廃したが、1939年(昭和14)に作庭家・重森三玲によって復元された。1969年(昭和44)には、茶道に造詣の深かった一條昭良(あきよし)の三百年忌を記念して、図南亭(となんてい)が再建され、露地庭園には昭良遺愛の勾玉(まがたま)の手水鉢と、崩家形燈籠(くずやがたとうろう)も残されているので、見逃さないようにしたい。

二重に石が組まれ、力強さを感じる亀島。鶴島は折り鶴をイメージした石組となっている 二重に石が組まれ、力強さを感じる亀島。鶴島は折り鶴をイメージした石組となっている

手水鉢と石燈籠。勾玉(まがたま)の形をした手水鉢は珍しい 手水鉢と石燈籠。勾玉(まがたま)の形をした手水鉢は珍しい

茶室・図南亭の丸窓からは、方丈の東庭を眺めることができる 茶室・図南亭の丸窓からは、方丈の東庭を眺めることができる

スポット詳細

住所
京都府京都市東山区本町15-803
電話番号
0755411761
時間
[4月-11月]9:00-17:00
[12月-3月]9:00-16:00
休業日
無休(法事中は拝観不可)
料金
[大人(高校生以上)]300円
[中学生・小人]200円
[6歳以下]無料
駐車場
あり
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          伏見稲荷周辺エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました