春花園BONSAI美術館

美術館

展覧会で入賞した盆栽を鑑賞できる美術館

数々の受賞歴を持つ盆栽作家小林國雄が800坪の土地に10億の私財を投じて創設した数寄屋造りの盆栽美術館。錦鯉が悠然と泳ぐ池と、千鉢を超える盆栽の名品が四季ごとの変化に合わせ室内の床の間へ飾られる調和の美は圧巻。盆栽の有料体験教室も開催しており、外国人が多く訪れる都内有数の観光スポットである。

スポット詳細

住所
東京都江戸川区新堀1-29-16
エリア
葛西エリア
電話番号
0336708622
時間
10:00-17:00
休業日
月(祝日振替)、盆、正月休み
料金
[入館料]1,000円
駐車場
あり(10台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(事務所周辺のみ:shunkaen-bonsai-museum)
※pass:kuniokobayashi
コンセント口
あり
喫煙
平均予算
【昼】1-1,000円, 10,000円以上
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
可(要介護者)
乳幼児の入店
ペットの入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 若い方には退屈かもしれませんが、海外の方には受けるかも
    5.0 投稿日:2019.02.28
    先日、海外の方からの要請で「盆栽」を見たいとの事でしたので、ガイドを兼ねてお連れしました。数奇屋造りの日本家屋の展示室には、興味があったらしく、丹念に見学され、質問もされていました。入場料が800円でしたが、お茶とお菓子が付き、時間の経過を忘れさせてくれます。日本人よりも、海外からの方が多く、ヨーロッパでは有名な盆栽の研究家の方や、本を書いている方などがお見えになっていました。園主の小林先生は海...
  • 外国人に人気の近所の観光スポット
    4.0 投稿日:2018.11.25
    江戸川区に住んでいながら最近まで知らなかった観光スポット。聞けば来場者の8割は外国人の観光客とのこと。しかも、数千万円する盆栽を中国やアラブのセレブが買っていくらしい。なかには成田空港から観光バスで乗り付けてごっそり買って行く人も…樹齢数百年の盆栽が沢山あるのは驚きだが、それらが海外に売られていくと聞くと、かつて北斎の浮世絵や古伊万里が海外に売られていくことに通じているのかなぁなんて考え...
  • 私たちは盆栽の経験をしました
    5.0 投稿日:2018.04.07
    盆栽の経験は、盆栽の木を作る方法についての1時間の レッスンです。私たちの場合、すでに手の加えられた数年物の小さな松の木が与えられました。盆栽体験者は私達3人いて、3人の職人が付いてくれたので、1人に1人ずつ指導してもらえました。彼らは、この木を見る方法、適切に枝を結ぶテクニック、そして枝を所望の形にする方法を教えてくれました。レッスンの後、我々はガイドの1人と...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          葛西エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました