北一硝子三号館

その他店舗

小樽の歴史的文化遺産を守りながら、小樽ガラスの魅力を伝える

漁業用の倉庫だったという建物。木骨には、エゾマツ、トドマツ、檜を使用。外壁には小樽軟石が使われている 漁業用の倉庫だったという建物。木骨には、エゾマツ、トドマツ、檜を使用。外壁には小樽軟石が使われている

小樽の貴重な文化遺産を正しく認識し、伝えていかなければと、1983年(昭和58)に誕生したのが「北一硝子三号館」。漁業用倉庫として建てられた木骨石張倉庫を改装し、ガラスショップとしてよみがえらせた。三号館内「北一ホール」では、ランプの幻想的な灯りのなかで食事を楽しめる。時間帯によってはピアノの生演奏も。このほか「洋のフロア」「和のフロア」「カントリーフロア」があり、さまざまなガラス製品の買い物が楽しめる。向かい側には「クリスタル館」があり、並びにはアウトレットも。さらに、北一硝子の酒器に合う酒を楽しんでもらいたいと、厳選された酒とワインを扱うショップも併設。ワインショップ「ヴェノテカ」では、イタリアから直輸入した厳選ワインを販売。希少なワインも含め常時100種類ほどをそろえている。酒店「地酒屋北一」では、小樽をはじめ全道の地酒やそれらに合うつまみなどを扱っている。

漁業用倉庫だったときに使われていた貨車用のレールが残されている 漁業用倉庫だったときに使われていた貨車用のレールが残されている

北一ホールの167個のランプはすべて石油ランプ。開店と同時にスタッフが一つひとつ火を灯す 北一ホールの167個のランプはすべて石油ランプ。開店と同時にスタッフが一つひとつ火を灯す

北一硝子は明治時代に石油ランプや漁業用の浮き玉を製造。カントリーフロアではそれらをインテリア用として販売 北一硝子は明治時代に石油ランプや漁業用の浮き玉を製造。カントリーフロアではそれらをインテリア用として販売

スポット詳細

住所
北海道小樽市堺町7-26
エリア
小樽エリア
電話番号
0134331993
時間
10:00-18:00(基本的な時間は8:45-18:00)
休業日
無休
料金
[入館料]無料
駐車場
あり
クレジットカード
可(VISA、JCB、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(楽天ペイ、ALIPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          小樽エリアのおすすめスポット

          北海道のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました