NAVITIME Travel

【2018年】夏といえば満開のヒマワリ!都内・ひまわりの名所4選

夏の花といえば「ひまわり」。東京都内にも、満開のヒマワリ畑が見れるおすすめのスポットがあります♪家族連れやデート、カメラを片手に名所を巡る一人旅もいいかもしれません。2018年開催予定のひまわりフェス・絶景スポットを4つセレクトしてみました!

目次

  • 「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」【7月末~8月初旬開花予定】

  • 「国営昭和記念公園」【7月末~8月初旬開花予定】

  • 「ひまわりガーデン武蔵村山」【7月中旬から8月上旬開花予定】

  • 「清瀬ひまわりフェスティバル」【8月18日(土)~8月28日(火)開催予定】

  • 「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」【7月末~8月初旬開花予定】

    都心の真ん中、世田谷区で一面のひまわり畑が見れると評判なのが「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」。東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅、または小田急線の成城学園前駅より、バスで15分弱のところに位置します。

    「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」

    「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」

    住宅街に突然現れる黄色のひまわり畑、なんとその数約2万本!こんなに立派な畑なのに、入場無料というのが驚きです。都心からのアクセスも抜群なので、晴天の日を狙ってカップルや家族で気軽に見に行けそうですね♪
    現在のところ、開花の予想は7月の末~8月の初め頃といわれていますが、天候やひまわりの状態によって変動することも。
    開花状況はHPをチェックして訪れてみてくださいね。【現在の開花状況】http://kouchan.setagaya-yasai.com/

    「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」関連記事

    青空に向かって伸びるこうちゃんちの向日葵

    青空に向かって伸びるこうちゃんちの向日葵

    こうちゃんちの野菜 in 世田谷(ひまわり畑)
    住所
    東京都世田谷区
    電話番号
    備考
    【URL】http://kouchan.setagaya-yasai.com/
  • 「国営昭和記念公園」【7月末~8月初旬開花予定】

    東京ドーム約40倍もの敷地面積を持つ「国営昭和記念公園」。季節によって様々な花々が咲く東京のオアシスですが、夏のひまわり畑も、ぜひ見ておきたい素敵な光景。

    「国営昭和記念公園」約40,000本のひまわり

    「国営昭和記念公園」約40,000本のひまわり

    4000㎡以上もある広大な畑には、大きな花輪が特徴的な「ハイブリットサンフラワー」と呼ばれる品種を中心に、一面にひまわりが咲き乱れます。開花時期はこちらも7月の終わり頃から8月の初頭と予想されています。

    まさに都会のオアシス

    まさに都会のオアシス

    大輪の花が咲く姿に元気を貰います

    大輪の花が咲く姿に元気を貰います

    ひまわりの他にも、「国営昭和記念公園」にはエリアごとに様々な植物を眺めることができ、レストランや売店なども充実。
    お子さんがいる家庭や、一日通して楽しみたい人にもおすすめの施設です。
    アクセスは、一番駅から近い方法でJR青梅線・西立川駅より公園「西立川口」まで徒歩2分。入口によって最寄り駅が異なってくるので、詳しくはHPをチェックしてみてください。
    各入口へのアクセス方法

    国営昭和記念公園
    住所
    東京都立川市緑町3173
    電話番号
    0425281751
    備考
    【URL】http://www.showakinen-koen.jp/
  • 「ひまわりガーデン武蔵村山」【7月中旬から8月上旬開花予定】

    国内最大級・約50万輪の向日葵が咲き誇る「ひまわりガーデン武蔵村山」。毎年5月に小中学生を中心とする街の人々による種まきが行われ、約2万人もの人々が満開のひまわりを一目見ようと足を運びます。
    畑の奥には見晴台が設置されており、青い空に映える黄色い絶景花畑を楽しむことが出来ます。

    地域の人に愛されて育つひまわりたち

    地域の人に愛されて育つひまわりたち

    アクセスは、多摩都市モノレールの「上北台駅」から歩いて約10分。また、100台収容可能な駐車場も用意されているので、車でゆっくり訪れるのもおすすめです。
    また、毎年ひまわり畑のフォトコンテストも行っている「ひまわりガーデン武蔵村山」。ぜひ、カメラやスマフォを持って訪れてみてくださいね。

    2017年ひまわりガーデンフォトコンテスト_最優秀賞「夏のセンターはいただき!!」師岡友紀

    2017年ひまわりガーデンフォトコンテスト_最優秀賞「夏のセンターはいただき!!」師岡友紀

    ひまわりガーデン武蔵村山
    住所
    東京都武蔵村山市緑が丘1460
    電話番号
    備考
    【URL】http://www.city.musashimurayama.lg.jp/kankou/spots/himawari/index.html
  • 「清瀬ひまわりフェスティバル」【8月18日(土)~8月28日(火)開催予定】

    最後にご紹介するのは、2008年から始まった「清瀬ひまわりフェスティバル」。毎年約2万4千㎡もの広大な農地に、約10万本のひまわりが畑を鮮やかな黄色に染めます。

    恵まれた農地に生き生きと咲くひまわり

    恵まれた農地に生き生きと咲くひまわり

    入場料は無料で、期間中は写真コンテストやダンスショーなどのイベント、近隣の畑で収穫した野菜やひまわりの切り花販売など、花畑以外にも見どころが満載♪
    2018年の開催期間は8月18日(土)~8月28日(火)9時~16時を予定しています。

    「清瀬ひまわりフェスティバル」

    「清瀬ひまわりフェスティバル」

    駐車場がないので、アクセスは公共交通機関がおすすめ。
    電車とバスを乗り継いで、下記の方法でアクセスが可能です。
    ①西武池袋線清瀬駅北口より、西武バス2番乗り場(清61系統)にて、「志木駅南口」行き「グリーンタウン清戸」バス停下車、徒歩約6分。
    ②東武東上線志木駅南口より、西武バス2番乗り場(清61系統) にて、「清瀬駅北口」行き「下宿入口」バス停下車、徒歩約3分。
    ③JR武蔵野線新座駅南口より、西武バス「新座駅南口」バス乗り場(清61系統)にて、「清瀬駅北口」行き「下宿入口」バス停下車、徒歩約3分。

    清瀬市下清戸三丁目周辺、フラワーハウスのすぐ近くにある農場で行われます。

    「清瀬ひまわりフェスティバル」会場

    「清瀬ひまわりフェスティバル」会場

    フラワーハウス
    住所
    東京都清瀬市下清戸3丁目
    電話番号
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの記事(旅行の目的別)

名所
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る