旧豊田佐助邸

歴史的建造物

佐吉を支えた弟の佐助、トヨタグループ源流の一端がここに

白いタイル張りの洋館と和館からなる旧豊田佐助邸 白いタイル張りの洋館と和館からなる旧豊田佐助邸

豊田佐助とは、自動織機を発明しトヨタグループの創始者となった豊田佐吉(とよださきち)の弟だ。実業家として佐吉を支え、のちに豊田紡織社長を務めている。実は佐吉を筆頭に、その長男でトヨタ自動車創業者の喜一郎(きいちろう)、佐吉の娘婿の利三郎(りさぶろう)、そして佐助と、皆が現在の文化のみちエリアに住んでいた。そのうち佐助邸だけが残り、一般に公開されている。すぐそばの「文化のみち橦木館」と同様、洋館と和館で構成されたたたずまいで、大正時代に建築されていることから当時流行の造りだったことが想像できる。洋館は白いタイル張りの外観。その玄関を入った左には応接室があり、当時と同じシャンデリアなどが残されている。豊田家一族の説明パネルも置かれ、現在のトヨタグループにどのような人たちが関わってきたかがよくわかる。洋館の奥には和室が広がり、田の字型の部屋割りで周りがぐるりと廊下で囲まれている。この広い座敷に親族が集まり、トヨタグループの礎を築く話し合いが行われたかもしれないと思うと、たいへん興味深い。

応接室に置かれた豊田家一族の説明パネル 応接室に置かれた豊田家一族の説明パネル

周囲を廊下で囲まれた1階の和室 周囲を廊下で囲まれた1階の和室

スポット詳細

住所
愛知県名古屋市東区主税町3-8
電話番号
0522222314
時間
10:00-15:30
休業日
月(祝の場合は翌平日)、年末年始(12/29-1/3)
料金
[入館料]無料
駐車場
なし
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分
備考
052-222-2314(公益財団法人名古屋まちづくり公社)

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

※ナビタイム調べ

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          名古屋市東部エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました