赤福本店

甘味処

300年続く「つくりたて」の名物餅を、由緒ある建物でいただく

店名が金色の文字で書かれた看板が目印。伊勢神宮の参拝時間に合わせ、朝5時から開店 店名が金色の文字で書かれた看板が目印。伊勢神宮の参拝時間に合わせ、朝5時から開店

おかげ横丁のなかでもひときわ風格と歴史を感じさせるのが赤福本店。1707年(宝永4)の創業以来、伊勢神宮の参拝客に愛され続けてきた茶屋で、300年以上にわたり作り続けられる赤福餅は、言わずと知れた伊勢名物だ。現在の店は1877年(明治10)に建てられ、伊勢の伝統様式である広い間口や切妻屋根の造りが特徴。のれんをくぐると湯気が立ち上る朱塗りのかまどが迎えてくれ、手作業で独特の形状の餅を作る職人の姿も。「つくりたて」の赤福餅はなんともやわらかく、なめらかで上品な甘さの餡が絶品だ。和の風情が漂う座敷や縁側で、地元三重県産の番茶とともにゆったりと味わえば、旅の疲れも癒やされていくだろう。夏期のみの赤福氷、冬期のみの赤福ぜんざい、元日を除く毎月1日のみ販売する月替わりの餅菓子といった限定の味も評判だ。赤福餅は、もちろん持ち帰りもOK。2個入りの小箱もあり、3、6、12、18個入りの詰め合わせもできるので、土産用にも忘れずに購入したい。

お召し上がり「盆」(230円)。赤福餅2個に、香ばしく焙じた三重県産伊勢茶が付いた定番メニューで、箸で食べるのは餅が食事代わりだった頃の名残だとか お召し上がり「盆」(230円)。赤福餅2個に、香ばしく焙じた三重県産伊勢茶が付いた定番メニューで、箸で食べるのは餅が食事代わりだった頃の名残だとか

畳敷きの広い座敷のほか、清流で知られる五十鈴川に面した縁側も人気 畳敷きの広い座敷のほか、清流で知られる五十鈴川に面した縁側も人気

隣接する「五十鈴茶屋本店」で購入できる、おかげ犬サブレ(6枚入り840円)もおすすめ 隣接する「五十鈴茶屋本店」で購入できる、おかげ犬サブレ(6枚入り840円)もおすすめ

スポット詳細

住所
三重県伊勢市宇治中之切町26
エリア
伊勢エリア
電話番号
0596227000
時間
5:00-17:00(繁忙期時間変更あり)
休業日
無休
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners Club、その他)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、楽天Edy、その他)
Wi-Fi
あり(フリーWi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
外の縁台でのお召し上がりは可
備考
※電話番号は総合案内へ繋がります。

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 変わらず美味しい
    5.0 投稿日:2022.04.26
    赤福は伊勢観光のハイライトのひとつといってもいい。名所には必ず名物があり、どれもが美味しい。一時期の不祥事から立ち上がって今でも美味しいデザートを提供している。
  • いつも長蛇の列
    3.0 投稿日:2022.04.11
    お伊勢といえば赤福。2個とお茶のセットで250円。この小さなこしあん餅が100円は高いと思うが、その場に行くと気にならず、あの本店内の畳の上や板の間に腰かけてお茶で一服できる瞬間を味わいたいと思ってしまう。今回も10分弱の滞在だったけど、畳の間から見た縁側と植込みの印影とその向こうの川の光景が印象に残っている。いい瞬間をありがとう。
  • 伊勢神宮に行けば必ず立ち寄ります
    5.0 投稿日:2021.08.07
    伊勢方面に行けば必ず買って帰るのが赤福です。伊勢神宮に行けば必ず立ち寄るのは赤福本店です。味は長年変わらない美味しさにひかれてしまうからです。本店の五十鈴川の見えるテラス席で食べる赤福は格別です。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          伊勢エリアのおすすめスポット

          三重のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました