NAVITIME Travel

「伊勢神宮」の正しい参拝ルート&隠れパワースポットをご紹介!

伊勢神宮には内宮と外宮とに分かれていますが、距離が離れていることもあってかどちらか一方だけを参拝する方もいらっしゃるようです。これは「片参り」と呼ばれ、よくないこととする説もあります。
そこで今回は意外と知らない参拝方法や順序をはじめ、外宮・内宮、別宮、隠れパワースポットまで、それぞれの情報をご紹介します!

「伊勢神宮」の正しい参拝ルート&隠れパワースポットをご紹介!
  • これだけは知っておきたい!伊勢神宮

    伊勢神宮は、正宮・別宮・摂社・末社・所管社の125宮社の総称です。125と聞くとちょっと及び腰になってしまうかもしれませんが、全部をまわる必要はありません。
    伊勢神宮の中心は天照大御神を祀った「内宮」と豊受大御神を祀った「外宮」。順序を守って回れば神様に失礼にはあたりません。
    時間に余裕のある方は、内宮・外宮の御正宮に次いで核の高いお宮である「別宮」も参拝してみましょう。こちらは地元の方にも人気の高いパワースポットです。

  • 参拝は外宮→内宮の順番を守りましょう

    「外宮先祭」という言葉があり、参拝に限らず行事ごとに関しても外宮から行うことが習わしとなっています。さらに参拝はまず御正宮にてお参りをし、その後に別宮を回るのが正式な順序。
    つまり、外宮の御正宮→(外宮の別宮→)内宮の御正宮→(内宮の別宮)という順番で回るのが正式、ということです。

  • 伊勢神宮の参拝方法

    神域に入るときは外宮、内宮ともに橋を渡ります。
    外宮の橋は火除橋、内宮の橋は宇治橋と言い、外宮の参道は左側通行、内宮の参道は右側通行という決まりがあるので注意してください。
    どちらも橋の前に札がかかっているのでそれを見て確認しましょう。橋の真ん中は神様の通る道なので踏んではいけません。
    鳥居の前まで来たら立ち止まって一礼を。御正宮にお参りする前には手水舎で手と口を清めましょう。
    参拝するときは、二拝(最敬礼を二度行う)次に二拍手(手を二度打つ)次に一拝(最敬礼を一度行う)が作法です。

    伊勢神宮の橋

    伊勢神宮の橋

  • 御正宮の前に賽銭箱はありません

    伊勢神宮ではもう一つ「紙幣禁断」という言葉があり、長い間、天皇陛下以外のお供えは許されていませんでした。
    そのため現在も外宮・内宮ともに賽銭箱はありません。所々白い敷布の上にお賽銭が落ちているのを見かけますが、それはお金と地面とが接触して神域が穢れるのを防ぐための処置なんです。
    また、御正宮は日々の感謝を伝えるところであり、願い事のためのお賽銭などは今もNGとされています。
    個人的なお願いごとがしたい場合は「第一の別宮」に行くのが作法です。内宮の第一の別宮は「荒祭宮」、外宮の第一の別宮は「多賀宮」。どちらも御正宮から程近い場所にあるので、ぜひ訪れてみてください。

    荒祭宮

    荒祭宮photo By Tranpan23 from flickr

    多賀宮

    多賀宮photo By Nao Iizuka from flickr

  • おみくじもありません

    伊勢神宮に参ること自体が吉日という考え。
    またお参りに来た人々が公平であり、そして参拝は日々の感謝をすることである。
    ということから伊勢神宮にはおみくじもありません。私欲に支配されず、綺麗な心でお参りをすることを心がけたいですね。

  • 外宮のパワースポット情報

    外宮の御正宮を参ったら、次は外宮の別宮、もしくは内宮に向かうわけですが、ここでおすすめスポットをご紹介。
    まずは20年に1度の式年遷宮の際には必ずここでお払いをするという「三石」。手をかざし、お力をいただきましょう。
    もう一つは横から見ると亀が顔を覗かせているように見える「亀石」です。
    この石は、三重県下最大の横穴式古墳「高倉山古墳」の入口の石だったと伝えられている貴重なもの。
    見落としがちですが、ぜひ寄ってみてください。「亀石」の上を渡って直進すると、外宮の第一別宮「多賀宮」へ登る階段が現れます。

    三石

    三石

  • 内宮のパワースポット情報

    続いて内宮のパワースポット。まずは神楽殿と五丈殿の間にある、何気ない場所をロープで囲っているだけに見える「四至神(みやのめぐりのかみ)」。神宮境内を守る神様です。
    そしてもうひとつが木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祭神する「子安神社」。縁結びや安産にご利益があるとされています。

    「子安神社」photo By Tranpan23 from flickr

  • おすすめ別宮・月讀宮

    内宮に10箇所、外宮に4箇所ある別宮。どこを回ればいいのか分からない方のためにとっておきの別宮をご紹介します。内宮の別宮・月讀宮です。
    近鉄五十鈴川駅から徒歩約10分のところにあるこの別宮は内宮の主神・天照大御神の弟神にあたる月讀尊が祀られています。
    農耕、漁業の神として崇められていますが、地元の方の中には「月讀宮を参ったら長年患っていた病気が治った」という方もいるとのこと!
    東から西へ、四つの宮が鎮座していますが、参拝には順序があります。
    (2) 月讀尊荒御魂を祀った月讀荒御魂宮
    (1) 月讀尊を祀った月讀宮
    (3) 伊弉諾尊を祀った伊佐奈岐宮
    (4) 伊弉冉尊を祭った伊佐奈弥宮
    (1)から(4)へと順で参拝しましょう。お力をいただけるはずです。

  • 「おかげ横丁」で地域のグルメをいただきましょう

    内宮鳥居前のすぐ横にある「おかげ横丁」では、お土産や食べ歩き用グルメのお店などが勢揃い。おかげ参りブームが起こった江戸から明治期の伊勢路の建築物を再現しており、レトロで趣のある町並みを楽しむことができます。赤福や伊勢うどん、豚捨などのお伊勢さんならではのお店もたくさんあるので、お参りの際にはぜひ立ち寄ってみてください。

    おかげ横丁

    おかげ横丁

  • アクセス情報・参拝所要時間

    JR利用の場合…「JR伊勢市駅」下車。外宮まで徒歩5分。内宮までバスで約10~15分。
    近鉄利用の場合…「伊勢市駅」あるいは「宇治山田駅」下車。「宇治山田駅」から外宮までバスで6分。内宮まで約15~20分。
    外宮~内宮間の移動はバスで15分程度。
    参拝時間は、外宮は30~40分程度、内宮は1時間程度が目安です。ご正宮のみお参りならその半分程度とお考えください。

    【関連記事】伊勢神宮への詳しいアクセス情報が知りたい方はこちらをチェック

    伊勢市内を走る三重交通バス

    伊勢市内を走る三重交通バス

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事