関連する記事

関連する観光コース

- 岐阜 PHOTO ALBUM -

banner_photo

奥美濃の山並が一望できる天空の城

日本最古の木造再建城である「郡上八幡城」。永禄2年(1559)に遠藤盛数が砦を築いたのが始まりで、寛文7年(1667)に幕府から城郭として認められた。現在の天守は昭和8年(1933)に、当時の大垣城を参考に再建されたもの。朝靄の中に浮かぶ姿は幻想的で、「天空の城」とも呼ばれる美しい城であり、木造4層5階の天守閣は郡上市重要文化財に指定されている。

place

岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659 (郡上・美濃・関エリア)

phone 0575671819

郡上八幡城の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/04/28 日本最古の木造模擬城
木造模擬だけど中は鉄筋と違って昔の城の雰囲気がでていていい。

山内一豊の妻千代が初代藩主の遠藤盛和の娘という説を正当化しようという意識が強くでてる郡上八幡であった。

その後、街の中を歩いたが風情があり時が止まっている感じ。しかし、観光客がほとんどいなくて少し寂しい。
投稿日:2020/12/05 天守炎上には少し遅かったです。
バスツアーで行きました。街を見下ろす山の上にあります。
大垣城を真似て作られた木造建築とのことです。
天守閣に入り歩くと床がギシギシ言います。
天守閣からの眺めは街や遠くの山々も見えてとても綺麗でした。
城下の広葉樹が紅葉して、まるで城が燃えているように見えるので、天守炎上というそうです。今回は葉がすでに落ちていて観ることができませんでした。
眼下の街は川がキラキラしていてきれいでした。
投稿日:2020/11/30 木造再建天守
郡上八幡城は日本最古の木造再建天守で再建80周年を迎えています。木造ですので時代を感じることができます。

おすすめ記事

詳細情報

住所
岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659 [地図]
エリア
郡上・美濃・関エリア
電話番号
0575671819
時間
9:00-17:00(最終入城16:45)
[夏季(6-8月)]8:00-18:00(最終入城17:45)
[冬季(11-2月)]9:00-16:30(最終入城16:15)
休業日
12/20-1/10(左記以外でも天候等により臨時休館あり)
料金
【郡上八幡城の入場料】
[大人(高校生以上)]320円
[小人(小中学生)]150円
[障がい者手帳提示3級以上]無料

【郡上八幡博覧館との共通券】
[大人(高校生以上)]650円
[小人(小中学生)]350円
※増税による変動あり
駐車場
あり(25台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(外国語パンフレットあり)
滞在目安時間
0-30分
乳幼児の入店
ペットの入店
屋外は可、有料部分(天守エリア)は不可
備考
※電話番号は郡上八幡産業振興公社のものです。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          岐阜 の主要エリア

          around-area-map

          日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。