大阪市立美術館

美術館

存在感のあるシンメトリーの外観が目印

昭和11年(1936)に開館した美術館で、住友家の旧本邸があった場所に建てられている。日本や中国の美術品や工芸品を中心に8500件以上もの収蔵品と社寺などの寄託品があり、国宝・重要文化財に指定されている作品も多い。常設展示では、収蔵品・寄託品からテーマに合わせた作品を紹介。美術団体による公募展や、多彩なジャンルでの特別展も随時開催している。オリジナルグッズや展覧会の図録を販売するミュージアムショップも併設。

スポット詳細

住所
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
電話番号
0667714874
時間
9:30-17:00(最終入館は16:30)
休業日
月(祝の場合は翌平日)、年末年始 (12/28-1/4)、展示替え期間
料金
[観覧料]一般300円、高・大学生200円
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※特別展、特別陳列等の料金は別途
駐車場
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1-1,000円, 1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
備考
※2022年9月26日(月)-2025年春(予定)まで、大規模改修工事により休館

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • メトロポリタン美術館展を観に行きました。
    4.0 投稿日:2022.01.28
    大阪市天王寺区にある美術館です。大阪メトロ御堂筋線や谷町線の天王寺駅、JRの天王寺駅が便利です。ほかに、近鉄の大阪阿倍野橋駅も近くにあります。メトロポリタン美術館展を観に行きましたが、大変な混雑でした。
  • メトロポリタン美術館展でフェルメール
    4.0 投稿日:2021.11.29
    メトロポリタン美術館展を観賞。日時指定なので、並ばずに入場。かつ展示室内も人が少なく、絵画をじっくり鑑賞できました。この美術館はフェルメール絵画の展覧会が多く、来年もドレスデンのフェルメールが見られます。建物が国の登録有形文化財で、建物じたいも見所が多いです。
  • 前代未聞のアホ展示
    1.0 投稿日:2021.06.24
    揚州八怪展を見に行った。上海博物館から来るはずだった作品はコロナで来ていない。中国は自作自演で早くから終息したんじゃないんかい。欧米美術館からはコロナ禍でも美術品は結構来てるのに。ガッカリ。ちなみに八怪は実際は十五怪だそう。どーでもえーけど。気を取り直して常設展へ。開館85周年だそうで期待膨らむも、いきなり衝撃を受ける。一階の展示室に入ると、空のガラスケースがズラリと並んでる...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          天王寺・新世界エリアのおすすめスポット

          大阪のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました