河井寛次郎記念館

記念館

暮らしに根付いた美を追及した陶工の住まい

表札の文字は友人・棟方志功の筆によるもの 表札の文字は友人・棟方志功の筆によるもの

大正から昭和にかけて、陶芸家、詩人、造形作家、インテリアデザイナーなど、多様な顔を持つ芸術家として活躍した河井寛次郎(1890-1966年)。1937年(昭和12)にみずからが設計して建てた工房兼自宅が記念館として公開され、生前の暮らしの面影を伝えている。京都の町中にある瀟洒な町家のしつらえとは異なる野太く、素朴な雰囲気で、椅子やタンス、照明など自身がデザインしたという家具たちは、味わいがあるなかにも美が感じられるものばかり。「暮しが仕事、仕事が暮し」そんな言葉を残し、暮らすことをシンプルに楽しんでいたというのも納得だ。時を刻む柱時計のコチコチという音さえも心地良く、大きな懐に抱かれているような安心を感じられる空間では時間を忘れてゆっくりと過ごすことができる。庭にあるかつて共同で使われたという登り窯を見ると、ここが陶芸の町だったことがよくわかるだろう。

山里の古民家のような風情を感じる囲炉裏 山里の古民家のような風情を感じる囲炉裏

すみずみに太陽の光が差し込む明るい室内 すみずみに太陽の光が差し込む明るい室内

数々の作品を生み出した登り窯は圧巻 数々の作品を生み出した登り窯は圧巻

スポット詳細

住所
京都府京都市東山区五条坂鐘鋳町569
電話番号
0755613585
時間
10:00-17:00(入館受付16:30まで)
休業日
月(祝日は開館.翌日休館、夏期、冬期休館あり)
料金
【入館料】
[大人]900円
[高校生・大学生]500円
[小・中学生]300円
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
あり(1口)
喫煙
英語メニュー
あり(パンフレット(英語、フランス語)のみ)
滞在目安時間
30-60分
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 河井寛次郎好き必見
    5.0 投稿日:2020.04.02
    河井寛次郎の作品に触れたり、生活を感じれる場所です。何よりも建物が品良く洒落ています。置いてある生活用品も寛次郎さんの作品展だそうで、さわったり、座ったり、体感できるところが素晴らしい。使用されていた登り窯もありますが、神聖な雰囲気がしました。さほど大きくない建物ですが、時間を忘れて滞在できます。運が良ければエキちゃんに出会えます。
  • おちつく。
    5.0 投稿日:2020.02.16
    すばらしい。京都で一番好きな所になりました。一人旅には特にお勧めです。ここだけで京都に来てよかったと思わせてくれます。関西に住んでいたら絶対年間パスポート3000円買います。三十三間堂、の次の次のバス停の馬町からすぐです。通り道にステキな珈琲店もあります!
  • 京都でいちばん好きな場所
    5.0 投稿日:2020.01.29
    館内のそこここに河井寛次郎さんの息遣いが感じられるとても落ち着ける場所です。裏庭にある登り窯も必見です。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          清水寺周辺エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました