東京ステーションギャラリー

美術館

東京駅の建築の歴史も体感できる美術館

駅舎創建時の構造レンガを利用した展示室の壁 駅舎創建時の構造レンガを利用した展示室の壁

1988年(昭和63)、東京駅丸の内駅舎内に開館、2012年(平成24)復原工事を経て駅舎と同日に再開した美術館。「駅を単なる通過点ではなく、香り高い文化の場として提供する」というコンセプトのもと、知られざる作家に焦点を当てたり、鉄道・建築・デザインをテーマにしたりと、意欲的な企画展を開催している。もうひとつの大きな特徴は、重要文化財に指定された駅舎の中にあり、創建時の構造レンガを見学できること。八角塔を利用した階段沿いに続くレンガ壁には、東京大空襲の火災によって焼けた木レンガ(漆喰壁に内装材をクギで固定するためのもの)も残されており、駅舎がたどってきた歴史に触れることができる。見学後はミュージアムショップ「トレニアート」へ。レンガ壁をモチーフにしたマグカップ(1650円)や、東京駅丸の内駅舎をモチーフにデザインされたクリアファイル(458円)など、ここだけのオリジナルアイテムがいっぱい。

北ドームを見下ろす回廊では、復原工事中に発見された貴重な建材を展示している 北ドームを見下ろす回廊では、復原工事中に発見された貴重な建材を展示している

らせん階段に沿ったレンガ壁には歴史の痕跡が残る らせん階段に沿ったレンガ壁には歴史の痕跡が残る

旧ギャラリーのエントランスから移設したシャンデリア 旧ギャラリーのエントランスから移設したシャンデリア

スポット詳細

住所
東京都千代田区丸の内1-9-1
電話番号
0332122485
時間
10:00-18:00
[金]10:00-20:00
※入館は閉館30分前まで
休業日
月(祝の場合は翌平日)、年末年始、展示替期間
料金
企画展により異なる
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO)
Wi-Fi
あり(TokyoStationGallery)
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 「薄雪」は清方のベストワン
    3.0 投稿日:2021.06.20
    鏑木清方13点を含む総数80点にのぼる福富太郎コレクション展に出かけた。作品の多くが美人画でそれらの大部分は初めて目にする作品だった。今回の目玉作品「薄雪」は清方が挿絵作家から抜け出すべく「金鈴社」を立ち上げその第1回展に出品された意欲作だ。清方本人すらその所在を知らなかったというこの作品を所蔵していた福富に、病床の清方は妻の代筆で礼状を出しそれが会場に展示されていた。清方収集家で名を馳せた福富で...
  • 大津絵展を開催中です。
    4.0 投稿日:2020.11.01
    東京駅丸の内口にある美術館です。現在は、「もうひとつの江戸絵画 大津絵」を開催中です。入場券は、予め、ローソンチケットで購入するようになっています。東京駅駅舎の当初デザインや建造経緯が分かる展示コーナーもあります。
  • バウハウス展
    4.0 投稿日:2020.10.03
    東京駅が完全リニューアルしてから、久しぶりに訪問しました。時間予約制ということで、連休中でしたが、かなりゆったり見ることができました。何しろ駅ナカなのでロケーションはいいし、静かですし、規模もそんなに広くないので疲れないですし。ミュージアムショップはJRらしい絵柄のグッズもありましたが、個人的にはもう少し企画展のアイテムも欲しかったです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          皇居・丸の内エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました