関連する記事

関連する観光コース

- 高知 PHOTO ALBUM -

banner_photo

道の駅 633美の里

高知県中央部と愛媛県を結ぶ国道194号線沿いにある高知市から愛媛県境のちょうど中間点に位置する道の駅で、 四国から本州を結ぶしまなみ海道を渡るドライバーの休憩スポットとしても知られている。 周辺は、一級河川「仁淀川(によどがわ)」の本流支流の美しい風景が見られるエリアとして近年「仁淀ブルー」と呼ばれるようになり、SNS人気で多くの人々が観光に訪れる。登山や紅葉見物の他、二輪のツーリングスポットとしても絶大な人気を誇る。道の駅としては比較的コンパクトにまとまった施設であるが、施設の中心である物産館ではほかの地域や店では作られなくなったような「昔ながらの手作り品」が盛んに出荷されており、山奥ならではの「本物の素材で勝負」の直売の場となっている。 また、館内飲食コーナーでは、「食事処はちきんや」と、「森の小さなお菓子屋さん」の2店舗があり、いつでもアツアツの食事と各種手作りのスイーツが楽しめる。

place

高知県吾川郡いの町上八川甲1160-2 (高知・南国エリア)

phone 0888505300

道の駅 633美の里の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/05/04 にこ淵の帰りに立ち寄り
車は多かった。
土産物を見ましたが普通かな。。
という印象。
にこ淵にいく前に、こちらでトイレを済ませて向かうのをお勧めします。
投稿日:2021/05/02 にこ淵の手前にある道の駅
にこ淵の手前にある道の駅。仁淀川の支流が流れており、仁淀ブルーを見ることができる。道の駅としては、小規模の普通の田舎の道の駅。
投稿日:2020/09/17 ムササビ
最初633の意味がわかりませんでしたが、この辺りは自然が残っていて、ムササビがいるのだと思います。売店には季節の野菜やぶどうなどの果物が置いてあり、なかなかよい感じ。仁淀川に沿って、相応に長いドライブになるので、貴重な休憩場所だと思います。

おすすめ記事

詳細情報

住所
高知県吾川郡いの町上八川甲1160-2 [地図]
エリア
高知・南国エリア
電話番号
0888505300
時間
9:00-18:00
[飲食コーナー]9:00-17:00
※飲食コーナーは新型コロナウイルスの影響により、10:00-16:00に短縮中
休業日
12/31-1/3
駐車場
あり(普通車25台、大型車5台、身障者用2台、電気自動車充電区画1台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          高知 の主要エリア

          around-area-map

          四万十川や仁淀川、物部川、安田川など多くの川が流れている高知県。 カヌーやラフティング・釣りなど観光名所としても有名で、水辺利用率は常に全国トップクラスを誇ります。 高知龍馬空港を利用すれば国内各地からのアクセスも良好で、羽田空港から約1時間半、関西の伊丹空港から約45分です。 高知県はミュージアムが多く、特にアンパンマンの作者であるやなせたかしの故郷に建つ「香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館」はファミリーに人気の観光スポットです。 また「海洋堂かっぱ館」には、カッパのフィギュアを競う四万十川カッパ造形大賞の全応募作品を収蔵されており、四万十川の河童伝説を楽しむことができます。 高知と言えばカツオの一本釣りが有名で、名物ももちろんカツオです。それ以外にも香南ニラ塩焼きそば、シャモ鍋、四万十ポーク丼などたくさんのご当地グルメを堪能できます。