仙巌園

庭園

島津家が愛した庭園と、雄大な桜島のコラボレーション

鹿児島市を訪れたなら一度は見ておきたい、歴代の島津家の当主に愛された別邸。桜島の絶景を拝めるだけでなく、美しい庭園や伝統工芸品を取り扱う店、猫にまつわる祠など見どころは非常に多い。

雄大な桜島を背景に、美しい庭園を望むことができる 雄大な桜島を背景に、美しい庭園を望むことができる

鹿児島中央駅から車で約20分、有料駐車場もあり

仙巌園へは、鹿児島市内から、「まち巡りバス」や民営バスが出ており、仙巌園前というバス停もある。まち巡りバスは、鹿児島中央駅を中心に鹿児島市街地の主要観光地を巡る路線バスで、約20分おきに運行している。車で移動する場合は鹿児島中央駅から約20分で到着。専用駐車場(300円/1日)もあるのでレンタカーを借りるのも手だ。磯街道を進んで行くと、目的地までスムーズに移動できる。道を進んで行くと右側にセブンイレブンが、左側には白い落ち着いた雰囲気の建物が2棟、見えてくる。1棟は磯工芸館、もう1棟はスターバックス コーヒーの店舗だ。周辺の建物に配慮した外観となっているため、通常のスターバックス コーヒーとはまったく違う雰囲気が印象的。

仙巌園のすぐ近くには尚古集成館(しょうこしゅうせいかん)がある 仙巌園のすぐ近くには尚古集成館(しょうこしゅうせいかん)がある

正面の立派な鳥居は鶴嶺神社のものだ。お参りをしていこう 正面の立派な鳥居は鶴嶺神社のものだ。お参りをしていこう

島津家19代光久が築いた自然あふれる別邸

島津家といえば、戦国時代に詳しい人は島津義久、島津義弘、島津豊久を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。一族の内紛や関ヶ原の戦いでの敗戦など、滅亡の危機に追い込まれながらもそれを乗り越えてきた島津家。仙巌園は、そんな島津家の血を引く19代光久によって、1658年(万治元)に築かれた。美しい庭園が広がる別邸としてではなく、1850年代には28代斉彬(なりあきら)によって、集成館事業(反射炉、ガラス工場といった工場群の名称を集成館と呼び、事業全体は集成館事業と呼ばれた)という政策が推進された。集成館事業については、入り口にあった「尚古集成館」で詳しく紹介されている。仙巌園内の散策が終わったら、尚古集成館でどんな事業が行われたか学んでみよう。

敷地内にはいたるところに島津家の家紋が描かれた構造物が 敷地内にはいたるところに島津家の家紋が描かれた構造物が

島津家歴代の豪華な暮らしぶりをしのばせる「御殿」

旧集成館反射炉跡や土産物店のある道を進んでいくと、「仙巌園ブランドショップ」と「御殿」が見えてくる。御殿は島津家29代忠義の頃には、一時的ではあるが本邸として使用されていた。ほかにも、国内外からの要人のための迎賓館としての役割ももっているため、内装の美しさが目をひきつける。御殿を見学するかどうかで入場料が変わってくるが、仙巌園に来たら御殿はぜひ見ておきたい。今と同じように、島津家歴代も桜島の絶景を眺めていたのだろうか。そんな風に思いを馳せてしまうほど、目に映る桜島は非常に雄大で美しい。

仙巌園ブランドショップでは薩摩切子などの展示販売も 仙巌園ブランドショップでは薩摩切子などの展示販売も

天気の良い日に見える桜島はまさに絶景のひと言 天気の良い日に見える桜島はまさに絶景のひと言

島津義弘は猫好きだった? 「猫神」を見てみよう

仙巌園ブランドショップや御殿を過ぎた奥のほうに、猫神という小さな神社がある。島津家17代の義弘は、「鬼島津」と呼ばれた戦国時代の名将のひとりだが、実は猫好きだったという説がある。慶長の役(けいちょうのえき)の際に7匹の猫を連れて行き、瞳孔の開き具合で時刻を推測したという逸話が残されている。このときに生還した2匹の猫が、猫神に祀られているようだ。猫の絵馬や猫に関するグッズがあるなど、猫好きならつい足を止めて過ごしたくなる場所となっている。

スポット詳細

住所
鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
電話番号
0992471551
時間
9:00-17:00
休業日
3月第1日曜(鹿児島マラソンのため)
料金
【入場料(尚古集成館共通)】
[大人・高校生以上]1,000円
[小中学生]500円
※御殿は別途料金が必要
駐車場
あり(100台)
※1日300円
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、その他)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、ALIPAY、payどん、wechatpay)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
可(一部通行不可の場所あり)
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 広いです。傾斜があります。
    5.0 投稿日:2022.07.10
    私は病気で足に若干の麻痺があり、杖をついています。妻と訪れましたが、事前に地図で予習していましたが、想像していた以上に広く、起伏があり、いくつかの順路を飛ばさざる得ませんでした。身体が不自由な方は要注意です。天気が少し悪かったため桜島があまりよく見えなかった事が残念でした。
  • 一通り順路に沿ってみると結構時間がかかります
    4.0 投稿日:2022.06.06
    薩摩藩主島津氏の別邸、大名庭園で、国の名勝です。園内の反射炉が世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産となっています。入場料金は仙巌園のみで1000円で、別邸込みで2000円と少し高く思われました。お土産屋さんとレストランも有料エリアにあります。世界文化遺産である説明があまり目につきませんでした。一通り順路に沿ってみると結構時間がかかります。
  • 雄大な桜島を望みながら…
    5.0 投稿日:2022.03.03
    仙巌園内の御殿手前の小高い場所に立地する和食レストランの桜華亭を訪問。桜島と錦江湾を望む窓側のテーブル席に座れる事が出来た。薩摩郷土料理御膳を注文、大きなお盆の上には薩摩揚げ・黒豚豚骨・薩摩汁・鯛のお造り等の郷土料理と黒豚の柚子香りミニ鍋、御飯・小鉢・香の物・果物。雄大な桜島と錦江湾を望みながら頂く薩摩料理、大変美味しゅうございました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          鹿児島エリアのおすすめスポット

          鹿児島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました