鹿児島

KAGOSHIMA

明治維新の偉人ゆかりの地。雄大な庭園など史跡が豊富なエリア

江戸時代に島津氏の城下町として栄え、明治維新の立役者である西郷隆盛や大久保利通のほか、黒田清隆・松方正義といった歴代総理大臣など多くの偉人を輩出した鹿児島。「西郷隆盛終焉の地」や明治維新について学べる「維新ふるさと館」、1863年(文久3)の薩英戦争時に配備された砲台の跡地「祇園之洲砲台跡」など、幕末に関連するスポットが多く存在する。そのほかの見どころも豊富で、約350年前に築かれた島津家の別邸「仙巌園」はぜひ訪れたい場所のひとつ。桜島や錦江湾を庭の一部のに見立てた大名庭園は、篤姫も魅了したというダイナミックさで、思わず時間を忘れて見入ってしまう。また、南西諸島の海の生物を約500種3万点展示する「いおワールドかごしま水族館」や、「日本の都市公園100選」のひとつに選ばれた「鹿児島県立吉野公園」など見どころ満載だ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    鹿児島中央駅
    グルメ、お土産、なんでもそろう鹿児島の玄関口
    鹿児島市を代表する駅で、地元では「中央駅」と呼ばれ愛されている。新幹線に接続する特急列車や観光列車など多数の列車が始発・終着とするターミナル駅には、複合商業施設「アミュプラザ鹿児島」が併設され、買い物やグルメを楽しめる。
    新幹線で鹿児島市を訪れると降り立つことになる駅
  • spot 02
    QJIKI・玖子貴
    素材ごとに異なる味と食感がやみつきに
    魚のすり身に酒と調味料を加えて揚げたものがさつま揚げだ。沖縄県が琉球王国だった頃、「かまぼこ」に「揚げる」という調理方法が加わったことがさつま揚げの由来だと伝えられている。鹿児島県では「つき揚げ」とも呼ばれており、ふだんの酒のつまみやお正月のご馳走などさまざまな場面で食される地元の名物。街には多くのさつま揚げ専門店が立ち並ぶ。そのうちのひとつがQJIKI・玖子貴だ。日本テレビの人気番組『嵐にしやがれ』でも紹介され話題になったほど。QJIKI・玖子貴のさつま揚げはその種類が豊富で、特にやきもろこしは、2010(平成22)年に農林水大臣賞、2014(平成26)年には鹿児島県水産品評会鹿児島県知事賞を受賞した。QJIKI・玖子貴ではすべての商品を店内で調理、揚げたてを提供している。素材によって異なる味や食感を楽しめるさつま揚げ、鹿児島県を訪れたらはずすことのできない逸品だ。
    やきもろこしのさつま揚げ
  • spot 03
    アミュラン
    最大高は約91m! 大観覧車から市内を一望
    JR九州鹿児島中央駅にある複合商業施設・アミュプラザ鹿児島。駅ビルの要素とファッションビルの要素を合わせもった鹿児島市の中心的存在だ。そんなアミュプラザ鹿児島のシンボルがアミュランという名前の観覧車。建物の上にあるというビジュアルもさることながら、直径60m、最大高約91mを誇る大観覧車だ。観覧車上からは鹿児島県のシンボルである桜島や鹿児島市街地を一望することができる。観覧車には床や天井、ベンチシートなどが透明な「シースルーゴンドラ」も2つ設置されており、スリルを味わいたい人におすすめ。また、夜間はイルミネーションが点灯し、観覧車が色鮮やかに映し出される。LEDライトが描くさまざまな色や模様はシーズンに合わせて変化するので、ぜひ写真に収めておきたい。まさに乗って良し、見て良しのスポットだ。
    アミュプラザ鹿児島のシンボルである観覧車アミュラン
  • spot 04
    仙巌園
    島津家が愛した庭園と、雄大な桜島のコラボレーション
    鹿児島市を訪れたなら一度は見ておきたい、歴代の島津家の当主に愛された別邸。桜島の絶景を拝めるだけでなく、美しい庭園や伝統工芸品を取り扱う店、猫にまつわる祠など見どころは非常に多い。
    雄大な桜島を背景に、美しい庭園を望むことができる
  • spot 05
    いおワールドかごしま水族館
    南西諸島の生き物500種3万点を展示する水族館
    日本でも数少ないジンベエザメの展示がされており、外にある「イルカ水路」からはなんと無料でイルカがトレーニングをしている姿や、遊んでいる姿を見ることができる。かわいらしい海洋生物たちに癒やされに出かけてみよう。
    すぐ隣には桜島。思わず立ち止まってしまう光景
  • spot 06
    西郷隆盛像
    抜群のリーダーシップと政治力を誇った幕末のヒーロー
    江戸城無血開城や明治新政府樹立など、明治維新に最大の功績を残した「西郷どん」。そんな西郷隆盛の銅像があるのが、鹿児島市内の「城山」だ。県内最大の繁華街・天文館から徒歩圏内にあり、多くの観光客が訪れる。
    鹿児島観光の定番スポットとなっている
  • spot 07
    城山展望所
    昼も夜も楽しめる標高107mの絶景スポット
    車でも行きやすく、鹿児島市民からも散歩コースや夜景スポットとして人気の城山展望所。天気の良い日を狙い、自然が多い遊歩道を散歩したり、展望所から見える桜島の姿を写真に収めたりするために出かけてみよう。
    地元の人にも人気の絶景スポット
  • spot 08
    照國神社
    県下最多の参拝者数を誇る鹿児島の総氏神
    幕末に活躍した明治維新の立役者のひとり、島津斉彬(なりあきら)を御祭神とする神社。西南戦争や第二次世界大戦の戦災で焼失を繰り返したが、そのたびに復興造営。現在は鉄筋コンクリートの端正なたたずまいを見せている。7月の六月灯には参道に夜店が並び参拝客で賑わう。
    城山を背景にした鉄筋コンクリート造りの拝殿
  • spot 09
    平川動物公園
    足湯や桜島に遊園地! さまざまな楽しみ方のできる動物公園
    JR五位野駅から20分ほど歩くと、錦江湾にほど近い平川動物公園に到着する。1000点を超える動物たちを観察できるだけでなく、小さな遊園地が併設されていたり、足湯があったりとユニークな楽しみ方のできる、学んで遊べる動物園だ。
    虹を模したポップな色のゲート。ここでまずは写真を一枚
  • spot 10
    維新ふるさと館
    幕末から明治維新にかけての薩摩の歴史を知る
    250年以上続いた江戸幕府を終わらせ、近代日本の礎を築いたといわれる明治維新。その中心となったのが、西郷隆盛や大久保利通、長州藩の木戸孝允(たかよし)などだ。西郷と大久保の生誕の地である薩摩で、その歴史と志士たちの思いを感じよう。
    西郷隆盛や大久保利通の生誕の地で歴史を感じよう
  • spot 11
    歴史ロード「維新ふるさとの道」
    歩きながら明治維新や鹿児島の歴史を学べる歴史の道
    散歩しながら、明治維新を牽引した大久保利通や西郷隆盛といった薩摩藩出身の偉人たちの足跡をたどることのできる歴史ロード「維新ふるさとの道」。約6分の道のりに、近代日本の歴史がギュッと詰まっている。
    歴史ロード「維新ふるさとの道」の入り口(高麗橋側)
  • spot 12
    天文館通り
    江戸時代の天文観測所に起源をもつ鹿児島有数の中心繁華街
    複数の商店街で形成された鹿児島一の中心繁華街。天文館・天街(てんまち)の愛称で古くから地元の人々に愛されている。昭和初期に路面電車が開通して以来、今日にいたるまで、昼夜問わず人で賑わう鹿児島最大の繁華街だ。
    歴史ある老舗や若者に人気の店が連なる天文館本通りの入り口
  • spot 13
    天文館むじゃき本店
    フルーツ盛りだくさんの鹿児島のご当地スイーツ
    鹿児島県のご当地スイーツ「白熊」は、現在では南九州の夏の風物詩としても知られている。山盛りのかき氷にフルーツなどをトッピングし、その上に甘い練乳をたっぷりとかけてあるのが特徴だ。氷の味やフルーツの種類は店により異なっており、夏に鹿児島県を訪れたら、さまざまなお店で食べ比べをしてほしい。そんなご当地スイーツ「白熊」をこの世に生み出したのが、「天文館むじゃき」だ。戦後間もない1947年(昭和22)、創業者久保武氏によって考案され、1949年(昭和24)に販売を開始した。発売当初は、蜜かけのようなシンプルなかき氷だったが、改良を重ねて独特のさっぱりとしたミルク味に仕上げた。また、彩りを加えるために、チェリーやレーズンなどをトッピング。現在の「白熊」のベースとなった。ちなみに「白熊」という名前は、かき氷を上から見るとフルーツの配置が動物の白熊に似ていることに由来している。「天文館むじゃき本店」では、毎年6月に白熊誕生祭を開催しており、創業当時の味を再現して提供している。
    山盛りのかき氷とフルーツがトッピングされた「白熊」
  • spot 14
    鹿児島ラーメン豚とろ天文館本店
    豚骨ベースのスープにストレート麺が特徴
    豚骨をベースにした半濁スープにストレート麺、具には揚げネギやキクラゲなどの野菜を組み合わせるのが鹿児島ラーメンだ。これを基本として各店舗がアレンジを加え、その個性を競い合っている。もうひとつ、来店した際にお茶と大根の酢漬けやたくあんが出てきて、その漬物を食べながら注文の品を待つスタイルも鹿児島ラーメンの特徴。そんな鹿児島ラーメンを味わえる人気店のひとつが鹿児島ラーメン豚とろ天文館本店だ。希少部位である豚とろをぜいたくに使った自家製豚とろチャーシューが人気。また、鹿児島豚をじっくりと炊いたスープをベースとした濃厚なスープは、麺とチャーシューとの相性も抜群で、至福の一杯とも呼ばれている。
    とろけるチャーシューと濃厚スープの「豚とろラーメン」650円
  • spot 15
    づけ丼屋桜勘
    鹿児島で食べるべきカンパチをおいしくお手軽に食べられる店
    顔の正面に漢字の八の字に見える線があることから「勘八」と名のついたアジ科の大形魚がカンパチだ。鹿児島県はカンパチの生産量日本一を誇り、産地ごとにブランド化が進められ、ゴールデンウィークにはカンパチのつかみ取りなどを体験できる「垂水かんぱち祭り」も開催されている。どの店でもご当地カンパチをお得に味わうことができるので、鹿児島県を訪れたら食べておきたい。そんなカンパチを手軽に楽しめる店が、鹿児島中央駅を降りてすぐのづけ丼屋桜勘鹿児島店。味噌汁とたくあんが付いたいち押しメニューの「かんぱち漬け丼」は、プリプリのカンパチと漬けダレの相性が抜群。そのほか、新鮮な魚介類を使用した定食も種類豊富なのもうれしいポイントだ。
    鹿児島県を訪問したら一度は食べておきたい「かんぱち漬け丼」600円
  • spot 16
    黒かつ亭 中央駅本店
    鹿児島を訪れたら一度は味わいたいジューシーな黒豚とんかつ
    鹿児島県の肉といえば、黒豚だ。一時は、成長が早く育てやすい白豚の生産を増やそうという動きもあったが、量より質を信じた生産者の努力により「かごしま黒豚」が誕生。現在は世界的にも有名なブランドとなっている。歯切れが良くやわらかでジューシーな黒豚は、さっぱりとしているのが特徴で、白豚に比べてうまみ成分は約4倍といわれている。そんな鹿児島県産の黒豚を気軽に楽しめる店が、黒豚専門店の「黒かつ亭」だ。なかでも名物の黒豚とんかつにはリピーターが多く、ランチタイムもディナータイムも賑わいを見せている。財布にやさしいリーズナブルな価格にもかかわらず、黒豚の質もそのままに、パン粉・油・米・ソースとすべてにこだわった黒かつ亭の黒豚とんかつははずせない逸品だ。
    甘みのある黒豚上ロースを使用した「上ロースかつ定食」1890円
  • spot 17
    桜島フェリー
    鹿児島と桜島の新たな魅力を発見できる市営フェリー
    桜島は活火山でありながら気軽に観光できる人気スポット。その桜島と鹿児島市街とを結んでいるのが、桜島フェリーだ。船旅を通じて、霧島錦江湾国立公園の海域公園や桜島錦江湾ジオパークなどを観光できる。
    日本国内で唯一の24時間運航を実施
  • spot 18
    湯之平展望所
    湯之平展望所で勇壮な桜島を間近に楽しむ
    桜島火山の山肌や大正溶岩原、鹿児島湾を望める展望所。島内一の景勝地で、桜島の主要な見どころを周遊するバス「サクラジマアイランドビュー」の停留所もある。周遊バスを利用すると、桜島西部の主要観光スポットを効率良く観光できる。
    地球のエネルギーを感じられる場所
  • spot 19
    「桜島」溶岩なぎさ公園足湯
    桜島の絶景を眺めつつ天然温泉の足湯でリラックス
    「桜島」溶岩なぎさ公園の敷地内には全長約100mの日本最大級の足湯がある。泉質は塩化物泉で、天然温泉かけ流し。雄大な山並みと錦江湾や市街地を眺めながら、桜島の魅力を存分に堪能できるスポットだ。
    足湯に浸かりながら雄大な桜島を一望できる
  • spot 20
    桜島ビジターセンター
    ここを拠点に桜島観光に出かけよう
    桜島の玄関口・桜島港フェリーターミナルから徒歩約10分のところにある「火山のミニ博物館」。桜島の歴史や自然についてわかりやすく展示し、さまざまな情報を提供しており、桜島を旅するなら最初に訪れておきたいスポットだ。
    桜島の大噴火を大迫力の映像と音響で体感
  • spot 21
    旅の駅桜島 桜島物産館
    名物料理とお土産選びを楽しめる大型ドライブイン
    鹿児島県最大級のドライブイン。1階は売店で、多種多様な商品を販売。特に目をひくのが屋久杉で作られた工芸品の数々で、その造形は見ているだけでも楽しい。また、さすが焼酎王国だけあって、お酒のラインナップが豊富。鹿児島の地酒を100種類以上も扱っており、飲兵衛にはたまらない。そのほか、さつま揚げや薩摩切子といった定番商品も充実していてお土産選びには困らない。2階は外の景色を眺めながら、桜島の名物料理を楽しめる展望レストラン。スペアリブの軟骨部分を焼酎や黒砂糖でじっくりと煮込んだ「とんこつ煮」が看板メニューで、よく味のしみたトロトロした食感はまさに絶品。西郷隆盛の好物ともいわれるので、桜島を訪れたなら一度はここで食べておきたい。さらに物産館の外には展望台があり、桜島の絶景を一望できる。さまざまな楽しみのある魅力的なスポットなので、桜島観光の際にはぜひ足を運んでみてはいかが。
    多くのサービスを提供している旅の駅桜島
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    市内の観光には観光地循環バス「カゴシマシティビュー」が便利。市電、市バス、カゴシマシティビューの一日乗車券(大人600円、小学生以下の小人300円)も積極的に利用したい。そのほか、レンタサイクル「鹿児島市コミュニティサイクルかごりん」も検討してみよう。

  2. その2

    維新ふるさと館は、歩きながら明治維新を学べる「維新ふるさとの道」沿いにあるので、散策もあわせて楽しもう。

  3. その3

    仙巌園では島津家に伝わる伝統行事や日本文化を体験できるイベントを頻繁に開催している。訪問前にイベント情報をチェックしておこう。

  4. その4

    いおワールドかごしま水族館では、水槽や魚の解説をしてくれるガイドツアーや水族館の裏側を見学できるバックヤードツアーを開催している。事前に開催日時を確認しておこう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

鹿児島のその他のエリア

+ -
back
open

鹿児島エリア