西郷どんで話題!島津家ゆかりの名勝2選をご紹介


2018.02.03

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2018年の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」が始まりました。主人公、西郷隆盛(大河ドラマでは鈴木亮平さんが演じています)の故郷、薩摩(鹿児島)を舞台にしたドラマです。鹿児島には実際に撮影が行われていた場所があります。その中で今回は第一話の重要シーンの撮影にも使われた「名勝仙巌園」と「旧島津氏玉里邸庭園」をご紹介しましょう。鹿児島市内からのアクセスも良く、行きやすい場所ですのでぜひご注目ください。
国指定名勝「仙巌園附花倉御仮屋庭園」
仙巌園の正式名称は「仙巌園附花倉御仮屋庭園(せんがんえん つけたり けくらおかりやていえん)」。長くてなかなか覚えられないですよね。そのため現代では仙巌園(別名「磯庭園」)と呼ばれています。
仙巌園は万治元年、19代島津光久によって築かれた別邸。以後、島津家当主が別邸として受け継いできた場所です。錦江港や桜島を庭園の景観に取り入れており、絶景を臨めます。28代島津斉彬(大河ドラマでは渡辺謙さんが演じています)がこよなく愛していた場所だと言われています。
仙巌園内にある反射炉跡は世界文化遺産です。長崎にある「軍艦島」の登録と同じくして、史跡・建物を構成資産とする「明治日本の産業革命遺産」として2015年7月に登録されました。島津斉彬が大砲を造るために建造させた鉄をつくる施設であり、オランダの書物を頼りにして建造されたと言われています。
御殿は豪華列車として名高い「ななつ星」の食事処して使われたこともあります。2018年1月31日まで改修予定のため、現在は御殿内を見ることはできませんが、外からの姿も素晴らしいものがあります。改修後も楽しみですね。
雄大な景色を眺められる贅沢な庭園
仙巌園からは桜島が一望できます。高台に位置する「松風軒」というレストランがあり、そこからの眺めは最高。鹿児島の名物である黒豚や黒酢を使ったメニューが多く昼食もゆっくり贅沢に過ごすことができます。
入口に入ってすぐの休憩所では仙巌園の名物「両棒餅(ぢゃんぼもち)」が楽しめます。一口大のお餅で醤油味と味噌味の2種類の味が楽しめます。ふわっとやわらかい感触と甘じょっぱいたれの組み合わせが抜群。料金も6本入り310円とお手頃なのがうれしいですね。仙巌園に来たら絶対に食べたい一品です。
店内は完全セルフサービスですが、休憩処の雰囲気もとっても素敵。お茶を飲みながらほっと一息つくことができます。
【ご利用案内】
入場時間 8:30~17:30(年中無休)
住所 鹿児島市吉野町9700-1
電話番号 099-247-1551
アクセス 鹿児島中央駅より車で20分
国指定名勝「旧島津氏玉里邸庭園」
「旧島津氏玉里邸庭園」は島津家第27代当主島津斉興(なりおき)によってつくられた大名庭園。書院の上御庭と回遊式庭園の下御庭からなります。現在は茶室を備えた下御庭のみ公開されています。
書院造りの茶室では今でも年回16階の茶会が行われています。参加料として500円かかりますが、どなたでも参加できます。
池を中心に様々な景色を見せてくれる庭園ですので、周辺をぐるっとゆっくり回って楽しんでください。
【ご利用案内】
開園時間 9:00~17:00(休園日 毎週火曜日、休日の場合はよく平日・12/29~1/1)
入園料 無料
住所 鹿児島市玉里町27-20
アクセス 鹿児島中央駅から女子高校前バス停下車
電話番号 099-222-2627 

read-more
旧島津氏玉里邸庭園
place
鹿児島県鹿児島市玉里町27-20
phone
0992271962
no image
名勝 仙巌園
rating

4.0

89件の口コミ
place
鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
phone
0992471551
opening-hour
9:00-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら