関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

長崎孔子廟中国歴代博物館

日中友好と文化交流の促進を目指して、昭和58年(1983)に建てられた博物館。展示品は2-3年ごとに入れ替わり、中国各地の博物館が所蔵する貴重な品が常時展示されている。隣接する孔子廟は、明治26年(1893)に清国政府と在日華僑が協力して建立したもので、日本でも珍しい本格的中国様式の霊廟である。路面電車「大浦天主堂下」電停から徒歩3分。

place

長崎県長崎市大浦町10-36 (長崎・諫早・大村エリア)

phone 0958244022

孔子廟・中国歴代博物館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/03/18 中国感がたっぷりの孔子廟が見たかったです。
オランダ坂を登って、東山手甲十三番館などの古い洋館を見ながら進んでいくと、東山手の洋風建築群を過ぎた下り坂の途中に、孔子廟がありました。
中国感たっぷりの孔子廟と中国歴代博物館を見るのを楽しみにしていましたが、私たちが訪れた2019年10月は工事中で閉鎖されていました。ほぼすっぽりと工事用の幕に覆われていましたが、わずかに鮮やかなオレンジ色中国的な屋根などが見えるだけでした。
投稿日:2020/03/08 中国を感じさせる建物
路面電車の「大浦天主堂」電停から徒歩3分。大浦天主堂やグラバー園とは線路を挟んだ反対側の住宅街にある。入場料は660円。
1893年に清国政府と在日華僑が協力して建立したとのことだが古さは感じない。適宜改修を行っているのであろう。最初の門(儀門)をくぐると両脇に72賢人石像が立ち並んでいる。正面には大成殿があり、その内部には孔子座像が安置されている。大成殿の裏側には「中国歴代博物館」があり、長崎孔...
投稿日:2020/03/03 中国建築が美しい孔子廟
長崎孔子廟は、いつもは有料なようですが、長崎ランタンフェスティバルの期間は、無料で中に入ることができました。博物館はこの孔子廟の一番奥にありますが、孔子廟の中国建築はとても見ごたえがあります。ずらっと並ぶ賢人の石像も、面白い光景でした。

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県長崎市大浦町10-36 [地図]
エリア
長崎・諫早・大村エリア
電話番号
0958244022
時間
9:30-18:00(最終入館17:30)
休業日
無休
料金
【入館料】
[大人]660円
[高校生]440円
[小中学生]330円
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(PayPay、ALIPAY)
Wi-Fi
あり
喫煙
可(喫煙スペースあり)
平均予算
【昼】1-1,000円
【夜】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。