高山陣屋

歴史的建造物

幕府の代官所跡として主要建物が唯一現存

「国指定史跡」であり、高山観光のはずせないスポットに挙げられる「高山陣屋」。江戸幕府が飛騨国を直接支配するために設置した役所であり、主要建物が現存する国内で唯一の代官所である。居住用スペースも陣屋内にあるため、江戸時代の暮らしぶりを垣間見ることができるだろう。

敷地内にあるいくつかの建造物は復元された建物だが、表門は1832年(天保3)に造られた形のまま 敷地内にあるいくつかの建造物は復元された建物だが、表門は1832年(天保3)に造られた形のまま

おごそかな雰囲気が漂う、飛騨の行政をつかさどる中心地

入り口にある立派な表門。その前に立つと、江戸時代から昭和の時代まで飛騨の行政を執り行う中心地だったことが伝わる風格に身が引き締まる。「高山陣屋」は1692年(元禄5)、江戸幕府が飛騨を直轄領としたことで幕府がみずからの手で役所を設置したことがルーツともいえる。幕府から飛騨へやってきた代官、郡代が執務を行った場所であり、幕末、全国に約60あった代官、郡代所において主要建物が現存しているのは国内で高山陣屋が唯一である。また、明治時代以降も飛騨の行政機関として建物が使われ続け、1969年(昭和44)まで、岐阜県の地方事務所として用いられた。その後、江戸時代の姿へと復元整備をして1974年(昭和49)から一般公開され、1996年(平成8)まで三次の整備事業を経て現在にいたっている。まさに飛騨地域の政治の中心地だったのだ。

御役所の玄関に掛かる葵の御紋が徳川幕府の役所であることを示している 御役所の玄関に掛かる葵の御紋が徳川幕府の役所であることを示している

建物内部を見学し、当時の光景に思いを馳せる

「高山陣屋」の敷地内には役人の「執務空間」、そして代官、郡代とその家族が生活する「居住空間」、年貢米を収める「米蔵」がある。表門から進み、玄関を抜けて数歩歩けば見えてくるのが御役所。書院造りの大広間は3部屋合わせると49畳敷きとなり、陣屋内で最大の広さがある部屋。ここで人が大勢集まって行事を執り行っていたそうで、多くの人がここに集っていた光景を想像するのもおもしろい。縁側の向こうには日本庭園が見られ、昔ながらのホッとするような空間が広がる。

年始など、大勢が集う年中行事において一堂に会した大広間。縁側からは秋の紅葉、冬には雪化粧をした庭園が見えることも 年始など、大勢が集う年中行事において一堂に会した大広間。縁側からは秋の紅葉、冬には雪化粧をした庭園が見えることも

印象的な空間が広がる「御白州」

中庭に面した明るさのある部屋から一転して印象を残すのが「御白州(おしらす)」という場所。犯罪人の取り調べや判決の言い渡しを行った場所であり、江戸時代の法廷の役割を果たした空間である。拷問に用いる道具も展示されており、厳しい取り調べの様子が想像されるが、実際の拷問はこの場所ではなく一之町にあった牢屋で行われたそうだ。

御白州では、自白(じはく)を促すための拷問に使う道具も展示 御白州では、自白(じはく)を促すための拷問に使う道具も展示

時季によって異なるイベントも要チェック

陣屋内の屋根を葺(ふ)く「榑へぎ(くれへぎ)」の実演見学もタイミングが合えば見られる(要事前電話で問い合わせ)。また、高山陣屋の公式サイトでは、高山陣屋を上空から撮影した映像や建物内部を実際に歩いているような感覚で閲覧できるVR映像も公開されている。現地での見学の前にチェックしてみてはいかがだろうか。

スポット詳細

住所
岐阜県高山市八軒町1-5
エリア
高山エリア
電話番号
0577320643
時間
[3/1-10/31]8:45-17:00
[11/1-2/28]8:45-16:30
休業日
12/29-1/3
料金
[入場料]440円、高校生以下無料
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners Club、MUFG、DC、UFJ、NICOS)
電子マネー/スマートフォン決済
可(QUICPay、WAON、Apple Pay、Google Pay、LINE Pay、メルPAY、ALIPAY、FamiPay、ゆうちょPay、atone、pring、K+、WeChat Pay)
Wi-Fi
あり(JINYA_Free_Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 高山を治めました
    4.0 投稿日:2021.10.31
    幕府の直轄地で有った高山を治めるために設置した、いわゆる代官所です。当時使用されていた部屋も残っており、こんなところで仕事をしたんだなと思ってしまいます。当時使われていた蔵には高山の資料が展示されています。
  • 陣屋が知れる
    4.0 投稿日:2021.10.07
    陣屋というものが、文面上での説明では理解しきれないが、ここにそのままの形で残っている為、入園して良かったと思う。。私もこの手のものは学生の頃はあっさりと見学していたが、コロナ禍でも折角修学旅行か社会見学で来れた北陸方面(方言から)からの学生さんは、しれっと資料も目を通さず歩いていたのは、勿体ない。随所に見られる釘隠しに、真向兎を起用しているのも見どころ。それを予習していて友人に説明している学生も居...
  • 唯一現存する代官所
    4.0 投稿日:2021.09.05
    高山駅から徒歩10分ほど。入場料440円。江戸幕府が飛騨を直轄領として管理するために設置し政務を行った場所。全国に唯一現存する郡代・代官所で国指定史跡。現存する江戸時代の建物は全体の約半分で、表門、玄関とその周囲にある部屋(御役所、大広間等)、御蔵など。それ以外は昭和から平成にかけて復元されたもの。御蔵には飛騨の歴史・文化に関する資料が数多く展示されている。見学時間は建物だけを見るなら30分...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          岐阜のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました