徳川美術館

美術館

尾張徳川家の名品を通して近世大名文化に触れる

徳川御三家の筆頭、尾張徳川家に代々受け継がれてきた大名道具など、名品の数々を収める「徳川美術館」。匠の技が施された品々が展示され、絢爛豪華な近世大名文化を肌で感じることができる。

名古屋城をモチーフにした「徳川美術館」の外観 名古屋城をモチーフにした「徳川美術館」の外観

名古屋城で代々守られてきた家宝の数々

徳川園の黒門からのぞくと、まっすぐ先に白壁で屋根が緑色の建物が目に入る。これが徳川美術館だ。昭和初期の代表的な建築方法で建てられた本館、名古屋城をモチーフにして建てられた新館に分かれている。徳川美術館は、尾張徳川家の19代当主、徳川義親(とくがわよしちか)が大名文化を後世に伝えようと1935年(昭和10)に開館した。所蔵品総数は1万件余り。「駿府御分物(すんぷおわけもの)」と呼ばれる徳川家康の遺産や、尾張藩の歴代藩主たちが大切にしてきた品々など、コレクションのジャンルは非常に多岐にわたる。このなかには国宝9件、重要文化財59件、重要美術品46件が含まれ、特に国宝「源氏物語絵巻」を所蔵していることは全国的にも有名だ。また、3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)の長女千代姫(ちよひめ)が尾張徳川家に嫁いだ際の婚礼調度類、国宝「初音(はつね)の調度」も最高峰の漆工品としてコレクションの中核をなす。徳川美術館の所蔵品の誇るべき点は、名古屋城の中で家宝として大切にされてきたため、保存状態が良いこと。この良さを来館者に存分に感じてもらえるよう、刀剣は新たな研ぎを加えず、江戸時代の研ぎのまま鑑賞できるようにしている。

70件ある国宝「初音の調度」のひとつ、「初音蒔絵短冊箱(はつねまきえたんざくばこ)」 70件ある国宝「初音の調度」のひとつ、「初音蒔絵短冊箱(はつねまきえたんざくばこ)」

展示室で名古屋城二之丸御殿を再現

常設の展示室は新館にある6つ。「名品コレクション展示室」と総称しているあたりに徳川美術館の自信が感じられる。「源氏物語絵巻」を解説する第6展示室以外は、尾張徳川家当主の公的な生活空間だった名古屋城二之丸御殿を、時代考証に基づいて部分的に復元。仮想の空間の中で展示することで、美術品がどう使われてきたかをイメージできるようになっている。常設展示は年に4回の大入れ替えを行うとともに、ほぼ毎月、季節に合わせた入れ替えを行っているので、何度足を運んでも楽しめるはずだ。まず第1展示室は「武家のシンボル―武具・刀剣―」がテーマで、1000振近くと日本有数の所蔵数を誇る刀剣などを展示。第2展示室は「大名の数寄―茶の湯―」と題し、二之丸御殿内の「猿面茶室」が復元され、茶道具などを鑑賞できるようになっている。そして第3展示室「大名の室礼―書院飾り―」では政治の場だった書院などを復元し、掛け軸や文具などが展示されている。

第1展示室に入ると、まず甲冑の展示ケースが目に飛び込んでくる 第1展示室に入ると、まず甲冑の展示ケースが目に飛び込んでくる

戦災で焼失する前は国宝にも指定されていた「猿面茶室」を再現 戦災で焼失する前は国宝にも指定されていた「猿面茶室」を再現

室町時代の将軍家で行われていた規式に従って飾りつけられた書院飾り 室町時代の将軍家で行われていた規式に従って飾りつけられた書院飾り

美術館発信のSNS情報は要チェック

第4展示室ではテーマ「武家の式楽―能―」として能舞台を復元し、装束や鼓・笛などを展示。第5展示室「大名の雅び―奥道具―」では夫人や姫たち愛用の品々を展示し、プライベートの部分が垣間見られるようになっている。この先、第7・8・9展示室は本館に位置し、企画展用となる。この本館は、1935年(昭和10)に開館した歴史ある建物で、国の登録有形文化財に指定。格調高いデザインの玄関部分は、屋内の通路からのみ見学できる。このように徳川美術館は所蔵品数はもちろん、質の高さや格式が日本随一といえるものだが、SNSでの情報発信にも力を入れているのが特徴だ。展示品の注目ポイントなどを常に発信しているので、来館前にはぜひチェックしておきたい。

大名必須の教養とされていた能。二之丸御殿内にあった能舞台を復元 大名必須の教養とされていた能。二之丸御殿内にあった能舞台を復元

天井のデザインなど、重厚な雰囲気が漂う本館の第7展示室 天井のデザインなど、重厚な雰囲気が漂う本館の第7展示室

スポット詳細

住所
愛知県名古屋市東区徳川町1017
電話番号
0529356262
時間
10:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
月(祝の場合は翌平日)
料金
[2023年3月までの入館料]一般1,400円、高大生700円、小中生500円
[2023年4月からの入館料]一般1,600円、高大生800円、小中生500円
駐車場
あり(17台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON)
※ミュージアムショップのみ利用可能
Wi-Fi
あり(tokugawa-guest-Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
備考
※電話番号:052-935-6262(開館日10:00-17:00)

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報
  • 刀剣乱舞
  • 後藤藤四郎
  • 南泉一文字
  • 物吉貞宗
  • 鯰尾藤四郎

刀剣男士のモチーフとなった刀剣・物吉貞宗や鯰尾十四郎などを所蔵。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 見ごたえあります
    4.0 投稿日:2022.05.10
    安藤広重展を観に行ってきました。市バスで行くのが便利で名駅のバスターミナルからだとメグ-ルという市内スポット巡りバスか基幹2系統で「徳川園新出来」で下車、5分くらいで着きますよ。収蔵品が多くて、特別展も含めゆっくり見ると2時間では足りないほどです。入館料にJAFなどの割引が効きました。
  • 国宝、源氏物語絵巻が徳川美術館の顔
    4.0 投稿日:2021.11.24
    公益財団法人...
  • 見応えがある名品の数々の展示
    5.0 投稿日:2021.04.28
    徳川家康公を敬愛する自分にとっては、一度は訪れたかった。大曾根駅から徒歩で。あまりにも敷地が広くて入口がわからなかった。家康公の遺品を含む名品数々の展示。保存度合いもよく見ごたえがある。過去の特別展の履歴を見ると、興味深いテーマもあり、次回は特別展の内容わ見てきたい。団体旅行で連れてこられた観光客は評価が二分されると思うが、新コロナ渦で団体客が来ない今はゆっくり鑑賞できていい。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          名古屋市東部エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました