小田原城天守閣

城/城址

難攻不落としても知られる名城

上杉謙信や武田信玄の攻撃を防ぎ、難攻不落の名城としてその名を全国にとどろかせた小田原城。明治期に入り解体されたが、本丸と二の丸を中心に城址公園として整備され、1960年(昭和35)には天守閣が江戸期の姿に復興。かつての美しい姿がよみがえり、城下町として栄えた小田原のシンボルとして人々に親しまれている。

本丸の広場から見た小田原城の天守閣 本丸の広場から見た小田原城の天守閣

15世紀中頃に築かれたとされる城

小田原城の起源は、駿河の大森氏が小田原進出の際に築いたとされる城。これを前身として、1500年頃に初代の早雲が支配下として以降、戦国大名の北条氏が関東支配の拠点として徐々に整備していった。上杉謙信や武田信玄の攻撃を防いだ城としてその名を全国にとどろかせ、日本最大の中世城郭に発展。天下統一を目前にした豊臣秀吉が攻めてきた際には、総延長9kmにも及ぶ総構をめぐらせた。しかし秀吉は石垣山一夜城を本陣として小田原城を包囲し、北条氏は約3か月の籠城の末に降伏した。その後、徳川家康の家臣、大久保氏が入城。次の稲葉氏の時代に現在みられるような近世城郭として生まれ変わった。

お堀の外から見た隅櫓(すみやぐら)と天守閣 お堀の外から見た隅櫓(すみやぐら)と天守閣

いざ、博物館として生まれ変わった天守閣へ

城址公園のさまざまな歴史スポットを巡って、最後にたどり着くのが天守閣。1960年(昭和35)に総工費8000万円をかけて復興された小田原のシンボルだ。江戸時代に造られた模型や引き図をもとに外観が復元されており、現在そびえる天守閣の姿は江戸時代のものということになる。内部は甲冑や刀剣、絵図、古文書などが展示され、5代にわたる小田原北条氏を中心として、小田原城や歴代城主の歴史を伝える充実の展示が見られる。5階に分けて展示され、最上階の展望デッキからは小田原のパノラマを楽しむことができる。

2階の北条氏歴代の城主をテーマとした展示 2階の北条氏歴代の城主をテーマとした展示

天守閣を登りながら小田原の歴史を学ぶ

1階のテーマは江戸時代。江戸の西を守る城としての役割や歴代の城主たちの足跡を紹介している。2階は戦国時代で、小田原北条氏についての展示だ。3階は小田原ゆかりの美術工芸品や発掘調査について、4階は明治から現在にいたるまでの歴史を紹介している。5階では江戸時代の天守に祀られていたとされる摩利支天像の安置空間が再現されている。そこから外に出ると展望デッキだ。

最上階に展示されている天守模型 最上階に展示されている天守模型

展示はとてもわかりやすく、小田原の歴史を深く学ぶことができる 展示はとてもわかりやすく、小田原の歴史を深く学ぶことができる

展望スポットから小田原の街並みを望む

遠望デッキは標高60m。相模湾を一望でき、良く晴れた日には伊豆大島や房総半島までも見渡すことができる。ちなみに小田原市では条例を定め、小田原駅周辺地域では天守閣より高い建物の建設を規制している。小田原はこの小田原城を中心として栄えたまち。その周囲にはさまざまな史跡や江戸時代から続く老舗などが点在しており、歴史を感じるまち歩きを楽しむことができる。これらは「街かど博物館」と名づけられ、それらを巡るガイドマップが観光案内所で手に入る。

展望デッキ東側から見る相模湾 展望デッキ東側から見る相模湾

スポット詳細

住所
神奈川県小田原市城内6-1
電話番号
0465223818
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
※繁忙期は時間延長あり
休業日
12月第2水、年末年始(12/31-1/1)
料金
[一般]510円
[小・中学生]200円
駐車場
なし
※バス駐車場・障がい者駐車場あり
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、WAON、楽天Edy、PayPay、LINE Pay、メルPAY、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
あり(スカイリンク)
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分以上

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          小田原・箱根エリアのおすすめスポット

          神奈川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました