関連する記事

関連する観光コース

- 沖縄 PHOTO ALBUM -

banner_photo

ナゴパイナップルパーク

パイナップル畑や亜熱帯植物を楽しもう

名護市内の高台にあるパイナップルのテーマパーク。自動で動くカート「パイナップル号」に乗って、亜熱帯の植物や一面のパイナップル畑を見学できる。パーク内にはパイナップル工場もあり、パイナップルに関する色々な資料を展示できるほか、パインのカッティング工程が見学できる。また試飲や試食ができるショッピングコーナーもあり、お土産を購入することも可能。

place

沖縄県名護市為又1195 (北部・名護・恩納エリア)

phone 0980533659

ナゴパイナップルパークの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/05/19 生涯1度だけでいいッ!
今回、子供との家族旅行で行かせていただきましたが..... ただのパイナップル好きには良いのでしょうが、1000円の入園料にしてはつまらないです。入園と同時にカートに乗ってパイナップルと南国植物を見学.... ここまでは良いが、ここからがなんもなし。園内数ヶ所に売店(お土産屋)があるだけでした。ある場所では従業員同士の井戸端会議で[いらっしゃいませ][こんにちは]など皆無。私たちの姿を見ても井戸端...
投稿日:2021/01/10 メロディが癖になる
パパパパパパパパパイナップ〜ル♪
というメロディーが無性に聴きたくなって10年ぶりに訪問しました。

冬のパイナップル畑は葉っぱだけで面白くないという人もいると思いますが、個人的にはメロディが聴きたかっただけなので十分です。恐竜は迷走感が感じられます。

ここで売ってるパイナップルカステラは空港やお土産屋で売ってる物より断然美味しいです。
パイナップルの食べ放題は採算の問題から何年も前にやめてしま...
投稿日:2021/01/04 沖縄県民ですがヘビロテしています
5歳と2歳の子どもが大好きなテーマパークです。昨年10月より毎月2回は行っています。パイナップルトレインの待ち時間から子どもたちは興奮し始めています。自動運転の電気自動車のコースが刷新されたり恐竜音楽団の写真スポットができたりしていて飽きません。工事中のところもあり次に何ができるのか楽しみです。沖縄にパインが入ってきた経緯の展示をゆっくり読みたいのですがいつも子どもが先に行ってしまいしっかり読めて...

おすすめ記事

詳細情報

住所
沖縄県名護市為又1195 [地図]
エリア
北部・名護・恩納エリア
電話番号
0980533659
時間
9:00-18:00(最終入園受付17:30)
休業日
年中無休(台風等の悪天候時には臨時休業あり)
料金
【入園料】
[大人(16歳以上)]1,000円
[小人(4-15歳)]600円
[3歳以下]無料
駐車場
あり(200台)
※パイナップルトレインは不定期運行
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(WAON)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          沖縄 の主要エリア

          around-area-map

          沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。