北海道立近代美術館

美術館

充実のコレクションを誇る、北海道における美術文化の拠点

北海道のアートの殿堂として、さまざまな展示企画やイベント、教育プログラムなどを行っている「北海道立近代美術館」。札幌の中心部にありながら緑に囲まれた美術館は、市民にとって憩いの場にもなっている。

左右両方から敷地に入ることができる。こちらは正面向かって左側入り口 左右両方から敷地に入ることができる。こちらは正面向かって左側入り口

まるで公園のような敷地内に建つ美術館

「地域性と国際性を合わせ持つ総合的近代美術館」という構想のもと、1977年(昭和52)に開館した北海道立近代美術館。地元では「近美(きんび)」と呼ばれ、幅広い層に親しまれている。アクセスの良い場所にあり、地下鉄東西線西18丁目駅から徒歩約5分。すぐ近くには道立三岸好太郎美術館もある。近美の敷地は車通りの多い北1条通りに面しているが、緑豊かな前庭や木立に囲まれているので、敷地内に足を踏み入れると車の音などは気にならない。この前庭には彫刻や立体作品も展示されている。

休憩のできる2階ロビーの窓からは前庭を見渡せる 休憩のできる2階ロビーの窓からは前庭を見渡せる

魅力的なコレクションの数々

道内屈指のアート施設である近美には、5000点以上のコレクションがある。「北海道の美術」「日本近代の美術」「エコール・ド・パリ」「ガラス工芸」「現代の美術」の5つの柱に基づいて収集した収蔵品は、質の高さも含めて充実している。このほか、江戸後期の浮世絵など、私財を投じて集められた美術コレクションで、近美に寄贈されたものもある。展示室Aでは、バラエティに富んだこれらのコレクションをさまざまな切り口や角度からテーマに沿って展示している。また、展示室Bでは1~2か月ごとに多彩な特別展が行われている。

展示室A。中央の白い螺旋階段の形は、近美のロゴマークにもなっている 展示室A。中央の白い螺旋階段の形は、近美のロゴマークにもなっている

買い物も楽しいミュージアム・ショップ

館内には、ミュージアム・ショップやカフェもある。1階にあるミュージアム・ショップは、一般社団法人北海道美術館協力会「アルテピア」が運営しており、図録や収蔵品のポストカードなどのほか、アーティストが手がけたガラス作品や陶芸品、アイヌ刺繍や関連グッズなども並ぶ。アイテム数が多く、まるでアートグッズのセレクトショップのような雰囲気だ。また、2階のカフェ「KINBI nicojica」では、バリスタがいれるコーヒーやスイーツ、軽食を味わえる。

ミュージアム・ショップには、センスある雑貨やポストカードが並ぶ ミュージアム・ショップには、センスある雑貨やポストカードが並ぶ

近美のコレクションにある浮世絵をプリントしたドリップバッグはお土産におすすめ 近美のコレクションにある浮世絵をプリントしたドリップバッグはお土産におすすめ

スポット詳細

住所
北海道札幌市中央区北1条西17
電話番号
0116446882
時間
9:30-17:00(最終入場16:30)
[夜間開館(7-9月の金)]9:30-19:30(最終入場19:00)
休業日
月(祝の場合は翌日)、展示替え期間等
料金
[常設展]大人510円、高大生250円
※特別展は別途
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 「馬」を見に行く
    4.0 投稿日:2020.10.21
    過日放送のNHK-TV「日曜美術館」が面白く、ちょうど札幌に来ているとのことで、期待もして見に行った。神田日勝作品の魅力はともかくも、段ボールのパロディ作品みたいな作品も展示してあった。変わった美術館である。常設展示作品にはほとんど興味はないが、次は諸橋大二郎展らしい。変わっているのは北海道民もなのだろうか。
  • ディマシオ美術館コレクション
    4.0 投稿日:2020.09.04
    2020年8月に行きました。ディマシオ美術館コレクションの特別展をやってました。他にも山川草木、なんちゃってカエル名画展というのもやっていて、見どころがたくさんあって良かったです。
  • 街に溶け込む美術館。外は子供たちの遊び場へ。
    4.0 投稿日:2019.12.30
    2019/7/28まで開催されていた、「拝啓、藤田嗣治様」ーフランク・シャーマンと藤田、戦後の交友をめぐってーを見に行ってきました。あくまでもレビューは、北海道近代美術館として。[高評価したい点]・外は芝生が青々としており(冬は除いて)、幼稚園児たちの遊び場となっている。・この美術館は1977年に開館しており、43年目の現在でも街に溶け込む建物。[低評価したい点]・なし

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          札幌中心部(札幌駅周辺~大通り)エリアのおすすめスポット

          北海道のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました