聖徳記念絵画館

記念館

明治天皇の生誕から崩御までの出来事を80枚の壁画で展示

日本の初期の美術館建築として国の重要文化財に指定されている 日本の初期の美術館建築として国の重要文化財に指定されている

明治天皇、昭憲皇太后の事績を描いた壁画80点から、日本が大きく変化した明治時代を振り返ることができる。壁画はドームのある中央広間を中心として、左右に日本画40枚、洋画40枚を明治天皇の生誕から崩御まで年代順に展示。壁画は、当時の一流画家により史実に基づいて考証を経て描かれており、教科書でなじみのある『大政奉還』(邨田丹陵)や西郷隆盛と勝海舟で行われた『江戸開城談判』(結城素明)などもある。絵画館の一般公開が開始されたのは1926年(大正15)だが、当時は5点しか展示されておらず、80点の壁画すべてがそろったのは1936年(昭和11)だった。国の重要文化財にも指定されている美術館建築は外壁と階段には岡山県の花崗岩を使用、内部壁面や中央ドームの壁、床にはほぼ国産天然大理石を使用しているので合わせて見ておきたい。

縦約3m、横約2.7mの壁画を年代順に日本画、洋画に分けて展示 縦約3m、横約2.7mの壁画を年代順に日本画、洋画に分けて展示

中央の大広間はモザイクタイルや大理石と石膏彫刻が美しい 中央の大広間はモザイクタイルや大理石と石膏彫刻が美しい

教科書などで見たことのある壁画も展示されている 教科書などで見たことのある壁画も展示されている

スポット詳細

住所
東京都新宿区霞ケ丘町1-1
電話番号
0334015179
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
年中無休
料金
[施設維持協力金]500円
駐車場
あり(396台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
備考
※新型コロナウイルス対策のため、開館時間等が変更になっている場合がございます

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          渋谷・原宿・表参道エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました