小樽三角市場

市場

JR小樽駅から徒歩2分、朝から多くの人で賑わう市場

小樽には、昔ながらの市場がたくさんある。「小樽三角市場」もそのひとつだ。朝8時から夕方の17時まで、年中無休(店舗による)で開いており、観光客や地元の人たちでいつも賑わっている。

JR小樽駅側の階段を上がったところの入り口} JR小樽駅側の階段を上がったところの入り口

細い通路にズラリと並ぶ店

JR小樽駅からすぐのところにある「小樽三角市場」。駅を出ると左手に看板があるのですぐにわかる。看板横の階段を上ると、脇に石川啄木の歌碑が立っていて、歌集『一握の砂』に収められている歌が記されている。すぐ目の前には、のぼりがはためく三角市場の細い入り口。人の出入りが多く、賑やかな雰囲気が伝わってくる。横幅2mほどの細めの通路は、ゆっくりと下り坂になっていて、両側には海産物の店をはじめ、青果店や日用品の店が並んでいる。

小樽市内には3つの啄木の歌碑があり、これは3番目に建てられたもの} 小樽市内には3つの啄木の歌碑があり、これは3番目に建てられたもの

ゆるやかな坂になっている市場の中の通路} ゆるやかな坂になっている市場の中の通路

70年以上の歴史を誇る市場

三角市場の始まりは、1948年(昭和23)頃といわれている。小樽駅前で、7~8軒の露店商が並んで店を出したのがきっかけ。その後も多くの出店者が相次ぎ、近郊の石狩、後志(しりべし)地方からはもちろん、上川(かみかわ)や日高地方からも買い出しにやってくる客たちが集まったことで、朝市として発展した。1957年(昭和32)には、そこに店を出していた30軒ほどの露店商で任意組合を設立し、今の市場を建設した。5年後に小樽駅前市場共同組合が誕生、現在まで三角市場の運営を行っている。

国道5号側の入り口から入った市場の様子} 国道5号側の入り口から入った市場の様子

店の人とのやり取りも楽しい

そもそも、なぜ「三角市場」という名前なのか。それは、上から見た際、ここの土地と屋根が三角の形をしているから。全長200mほどの細い通路の両側には16の店舗が並んでいる。一軒ずつのぞきながら、気さくな店の人たちとの掛け合いも楽しい。スーパーではできない、市場ならではの値引き交渉に挑戦してみるのもいいかもしれない。カニやホタテ、メロンなど、地方発送にも対応してくれるので、お土産に購入するのもおすすめ。また、市場内には朝7時からやっている食事処も6軒入っており、旬の魚介を使った丼や定食などを味わえる。

店先の生け簀にはカニやホタテ、牡蠣など、北海道の海の幸がそろう} 店先の生け簀にはカニやホタテ、牡蠣など、北海道の海の幸がそろう

スポット詳細

住所
北海道小樽市稲穂3-10-16 map map 地図
エリア
小樽エリア
電話番号
0134232446
時間
6:00-17:00
[お食事処]7:00-17:00
※お店ごとに異なります。
休業日
年中無休

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 小さいながら活気のある市場
    4.0 投稿日 : 2024.04.11
    市場としては小規模で駅側から階段上から下っていくような構造になっている店の数は決して多くはないのだが、扱っている商品は鮮度がよさそうに見えた。札幌の場外や二条市場に比べれば値段もやや安めなのかもしれない。店が経営する食堂もどこも行列ができていて結構待たねばならないようだ。
  • ここで食べることをオススメします
    5.0 投稿日 : 2023.11.20
    小樽駅降りたらすぐ!左右に水槽があり、カニやイカその他新鮮な海鮮の数々。その場で調理してくれるところもあるので(大体、奥にテーブルと椅子がある)試してみては。ズワイガニを、刺身、茹で、焼きと三種類で頂きましたがそれも甘みがあり美味しかったです。あと、乾燥ホタテを購入しましたが500円程おまけを言って値引きもしてくれました。
  • 食事をする
    5.0 投稿日 : 2023.05.10
    ここの市場内にある食堂は、全ての店が美味しいのですが、特に武田商店が美味しいです。帰りの水産物のお土産も良い品ぞろえです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました