難波橋(ライオン橋)

ライオン像が鎮座する、洋風な雰囲気を醸し出す名橋

難波橋のシンボル・ライオンの石像が鎮座する 難波橋のシンボル・ライオンの石像が鎮座する

中之島公園のすぐ近く、堺筋に架けられた難波橋のシンボルとなるのが、橋の四隅に設置されたライオンの石像。この石像から「ライオン橋」の愛称でも親しまれる大阪を代表する名橋だ。かつて「難波の三大橋」と呼ばれていたのが、難波橋と天神橋、天満橋。そのなかでも最も古いのがこの難波橋で、奈良時代に行基が架けたという伝承も残る。江戸時代は堺筋の西側の筋に架けられていた木製の反り橋で、そこからは周辺の橋や遠くの山々を眺めることができたとか。花火見物や夕涼みの一等桟敷になるなど、行楽地として賑わったとも伝わっている。そして、1912年(明治45/大正元)に現在の場所に移され、1915年(大正4)に近代的な銅製の橋として再生。その際、ヨーロッパの橋にならってライオンの石像を設置した。現在の橋は1975年(昭和50)に新たに架け替えられたものだが、デザインは当時の意匠をそのまま継承し、今もその壮麗な姿で人々を魅了している。

ライオンの石像は左右ペアで阿吽(あうん)になる。こちらは吽形(うんぎょう)像 ライオンの石像は左右ペアで阿吽(あうん)になる。こちらは吽形(うんぎょう)像

欄干には市章である「みおつくし」をデザイン 欄干には市章である「みおつくし」をデザイン

スポット詳細

住所
大阪府大阪市北区中之島・北浜
電話番号
0666156818

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          中之島エリアのおすすめスポット

          大阪のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました