宮の渡し公園

公園/緑地

東海道唯一の海路、七里の渡しの魅力を今に伝える

「七里の渡し」の石碑と、復元された熱田湊(みなと)常夜灯 「七里の渡し」の石碑と、復元された熱田湊(みなと)常夜灯

地図を見ると、今でこそ途中に国道が横切っているが、熱田神宮正門からまっすぐ延びる道の先にあるのが「七里の渡し」だ。ここ宮宿から桑名宿まで、東海道で唯一、当時の単位で七里の距離がある海路だった場所。現在は「宮の渡し公園」として、舟着場の雰囲気をそのままに、憩いの場として整備されている。公園内には1955年(昭和30)に「熱田湊常夜灯」を復元。この常夜灯はもともと、犬山城主だった成瀬家が江戸時代初期に建立したものだ。またそのすぐ隣には、熱田の人々や東海道を行き交う旅人に時刻を知らせた「時の鐘」も復元されている。こちらも同時期に尾張藩主の徳川光友の命で造られたもので、当時の鐘は神宮正門近くにある蔵福寺に保存されているという。公園内の松並木を歩きながら、当時の海側や旅籠(はたご)屋が並んでいた町側に目をやりつつ思いを馳せるのも楽しい。

東海道の旅人たちに時刻を知らせた「時の鐘」 東海道の旅人たちに時刻を知らせた「時の鐘」

公園内の松並木を散策 公園内の松並木を散策

スポット詳細

住所
愛知県名古屋市熱田区内田町

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          名古屋市南部エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました