旧万世橋駅

歴史的建造物

赤レンガのレトロな高架橋は明治時代の鉄道駅

明治時代に開業し、一時はターミナル駅として栄えたものの、のちに使われなくなったことから「幻の駅」と呼ばれる「旧万世橋駅」。歴史を感じさせる建物のなかは、当時の遺構とともに華やかな商業施設が共存する不思議な空間だ。

万世橋から望む「旧万世橋駅」。内部はレトロな雰囲気を生かした商業施設になっている 万世橋から望む「旧万世橋駅」。内部はレトロな雰囲気を生かした商業施設になっている

大正時代にターミナル駅として繁栄した万世橋駅

「万世橋駅」は国鉄時代の1912年(明治45)に開業した中央線の駅。現在のJR神田駅と御茶ノ水駅の中間に位置する。設計は、「日本銀行本店本館」や、1914年(明治47)に竣工した中央停車場(東京駅)を手がけた建築家・辰野金吾。路面電車の乗換駅でもあったことから、当時の駅周辺は東京でも1、2を争う賑わいを見せていたという。その繁栄に陰りが見え始めたのは、中央線が東京駅まで延長されたことによる。さらに1923年(大正12)の関東大震災で焼失し、近くに神田駅や秋葉原駅も開業していたことから、再建後も徐々に利用価値が薄れてしまったのだとか。1935年(昭和10)には「鉄道博物館」(のちの交通博物館)が併設されたものの駅の規模は縮小し、第二次世界大戦中の1943年(昭和18)、乗降客減少にともない休止となった。「交通博物館」に名称を変えたのちは、2006年(平成18)まで開館していたことは鉄道ファンならご存じのことだろう。現在は旧万世橋駅の建物とホームの一部が残され、内部は商業施設になっている。

名前の由来になった万世橋はすぐ目の前 名前の由来になった万世橋はすぐ目の前

100年前にタイムスリップした気分を味わう

万世橋駅開業時の姿をほぼそのままとどめているのが、「1912階段」だ。その名のとおり1912年に作られたもので、鉄道博物館開館後はホームから博物館に直接入館できる通路として使われていたという。花崗岩を掘り出した重厚感のある造りで、壁面には東京駅にも見られる高級なタイルの施工がされているのが特徴だ。もう1か所残る階段は、鉄道博物館が設置されるにあたり、新たに作られた「1935階段」。万世橋駅が休止されるまで、ここが駅ホームへ出入りする階段として利用されていたという。両方を見比べてみると、それぞれの時代の建築物の特徴がわかり興味深い。いずれの階段も駅の休止後は使われてなく、建物内の商業施設「マーチエキュート神田万世橋」が2015年(平成27)、開業したことに合わせ70年ぶりに一般公開された(1935階段は2008年(平成20年)に一度、限定公開されている)。施設内には、交通の要衝として栄えた明治から大正時代の駅周辺のジオラマ模型が展示され、当時の賑わいが伝わってくる。

1935年に設置された「1935階段」はコンクリート製 1935年に設置された「1935階段」はコンクリート製

プラットホームから行きかう電車を眺める

旧プラットホームを利用した展望スペース「2013プラットホーム」も必見。忠実に再現された駅名標が設置され、両脇を中央線の電車が行きかう様子をガラス越しに眺めることができる。ハーブや季節の草花が植えられたプランター脇にベンチが置かれた休憩スペースもあり、かつての鉄道駅の遺構と現在の電車、新旧の景色が交錯する空間で過ごす時間は不思議な感覚だ。展望スペースの反対側にあるガラス張りのレストランでは、目の前に迫る電車を眺めながら食事やお酒を楽しめるとあり、鉄道好きに人気のスポット。解放感を味わえる昼間は家族連れに、周辺の建物がライトアップされる夜はロマンティックな雰囲気に一変し、カップルも多く訪れている。

両脇を中央線が行きかう「2013プラットホーム」 両脇を中央線が行きかう「2013プラットホーム」

建設当時の雰囲気を残すオープンデッキから神田川を眺められる 建設当時の雰囲気を残すオープンデッキから神田川を眺められる

スポット詳細

住所
東京都千代田区神田須田町1-25-4 マーチエキュート神田万世橋内
電話番号
0353340623

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          秋葉原・神田・御茶ノ水・水道橋・飯田橋エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました