アーティゾン美術館

美術館

貴重なコレクション展と最新テクノロジーで楽しめる都市型美術館

かつては「ブリヂストン美術館」の名で60年以上親しまれた美術館。印象派を中心としたコレクションから古美術、日本近代洋画、現代美術まで2800点以上にものぼる作品を所蔵し、IT技術を導入した最新の展示方法にも注目してみたい。

石垣のパターンを取り入れた外部円柱は美術館のシンボルのひとつ 石垣のパターンを取り入れた外部円柱は美術館のシンボルのひとつ

展示面積は旧美術館の約2倍。6フロアにわたり展開する都市型美術館

前身である「ブリヂストン美術館」は、株式会社ブリヂストンの創業者・石橋正二郎が1952年(昭和27)、自身のコレクションを公開する美術館として開館。モネ、ルノワール、セザンヌら印象派の主要画家をはじめ、20世紀美術の巨匠ピカソやマティス、日本近代美術に名を残す藤田嗣治、黒田清輝など、膨大かつ貴重なコレクションで知られる。2020年(令和2)1月、そのDNAを受け継ぎ新たに開館した「アーティゾン美術館」は、23階建て高層ビルの1-6階に位置する都市型美術館。展示面積は旧美術館の約2倍に拡張された。3つのフロアを使ったさまざまな展覧会が開催できるうえ、作品の魅力を最大限に引き出す照明や、来館者が快適に過ごせる鑑賞環境が整えられている。展示作品以外の所蔵品情報を検索できるインフォルーム、展覧会とのコラボメニューを味わえるミュージアムカフェ、オリジナルグッズが豊富なミュージアムショップも充実。時間をかけてじっくり楽しみたい美術館だ。

ガラス張りの吹き抜けから自然光が差し込む1階エントランスと、奥がミュージアムカフェ ガラス張りの吹き抜けから自然光が差し込む1階エントランスと、奥がミュージアムカフェ

約3か月ごとに変わる展示でコレクションを堪能する

フロア構成は、1-3階がミュージアムカフェとショップを含むフリーゾーンで、展示室は4-6階。約3か月に1回、展示替えが行われる。コレクションを中心としたさまざまな展覧会が行われており、「ジャム・セッション」という、コレクションとアーティストの作品のセッションによって生み出される新たな視点による展覧会も、年に1回開催されている。多様な展示に対応できる自由度の高い展示室になっているため、訪れるたびに新鮮な感動を味わえるに違いない。4階から5階まである吹き抜けは、ガラス張りの開放的な空間。展示室とつながった4、5階のビューデッキでは、鑑賞の合間に外の景色を眺めながらくつろぐのがおすすめだ。

吹き抜けから4階展示室を見下ろせる5階の展示室(石橋財団コレクション選「印象派-画家たちの友情物語」2021年10月2日[土]-2022年1月10日[月]展示風景) 吹き抜けから4階展示室を見下ろせる5階の展示室(石橋財団コレクション選「印象派-画家たちの友情物語」2021年10月2日[土]-2022年1月10日[月]展示風景)

屏風などの古美術品鑑賞に理想的な、横幅15mの高透過ガラス製展示ケースがある4階展示室(石橋財団コレクション選 2021年10月2日[土]-2022年1月10日[月]展示風景) 屏風などの古美術品鑑賞に理想的な、横幅15mの高透過ガラス製展示ケースがある4階展示室(石橋財団コレクション選 2021年10月2日[土]-2022年1月10日[月]展示風景)

旧美術館の雰囲気を残した展示スペース(石橋財団コレクション選「特集コーナー展示 挿絵本にみる20世紀フランスとワイン」2021年10月2日[土]-2022年1月10日[月]展示風景) 旧美術館の雰囲気を残した展示スペース(石橋財団コレクション選「特集コーナー展示 挿絵本にみる20世紀フランスとワイン」2021年10月2日[土]-2022年1月10日[月]展示風景)

データと最先端テクノロジーで美術館の新しい楽しみ方を提案

データとデジタル・テクノロジーを組み合わせた鑑賞方法を体験できることも、この美術館の特徴。眺めるだけでなくぜひ触ってみたいのが、4、5階に設置された「デジタル・コレクション・ウォール」。デジタルコンテンツのアーティスト集団・チームラボが制作したもので、大画面に流れるたくさんの画面から気になるものをタッチすると、その作品の詳細情報が映し出される仕掛けがおもしろい。公開期間が限られる所蔵品も、ここでは自由に鑑賞できるというわけだ。また、2階のミュージアムショップでは、オリジナル商品を中心にステーショナリーからファッション、インテリアグッズなどを販売。1階のミュージアムカフェでは、カフェタイムにはドリンクとスイーツ、軽食を、展覧会開催中の金曜日のディナータイムには3種類のコース料理を用意している。入館はウェブサイトから日時指定の予約制。入館後は時間制限なく鑑賞できるので、たっぷり時間を取って訪れたい。

絵画だけでなく立体作品も大画面上で鑑賞できるデジタル・コレクション・ウォール 絵画だけでなく立体作品も大画面上で鑑賞できるデジタル・コレクション・ウォール

ミュージアムショップで人気のオリジナルカードセット(2200円) ミュージアムショップで人気のオリジナルカードセット(2200円)

スポット詳細

住所
東京都中央区京橋1-7-2
電話番号
05055418600

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          日本橋・銀座エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました